Alex Rodriguez auto card Gallery 2007年11月更新

  • 2007 Topps Alex Rodriguez Road to 500 Autographs
    ライフワークとも言えるAlexRodriguez選手のAutoカードのコレクションです。 本ブログにて紹介してきたカードをUPしていきます。

日本人プレイヤーGallery 2007年12月更新

  • 2007 Bowman RC AU #219c
    手元にある日本人プレイヤーのカードを紹介します。 とりあえずこのブログで紹介したカードから順に並べていきますがその後は不定期に更新するのでご覧下さい。

JD Drew Card Gallery(不定期に更新します)2007年11月更新

  • 2000 Fleer Focus Fresh Ink
    JDドリューに関してはレギュラーカードからフルコンプを目指しています。 とは言っても最近レギュラーカードにもリストアップされない事が多いので残念です。

任務完了Ⅰ 2000 Topps HD

  • 2000 Topps HD Cal Ripken Jr
    2枚でコンプリのこのシリーズですが、ジーターが1:859、リプケンが1:4386と高オッズのカードです。

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

おすすめのリンク

開封結果

2007年12月25日 (火)

抽選会でGetだぜ!!

前回はディーラー様の福パックからGetしたカードを紹介しましたが本日はショップ様主催の抽選会にてGetしたカードを紹介します。

いつもは運がよく抽選会では当たる確率が高いのですが、この日は全然当たる気配がないまま中盤へ。

ここで初めて名前を呼ばれGetしたカードを紹介します。

では早速いつもの奴を

本日紹介するカードは・・・・

















これだぁ~!!





















ドーン!!






















Img711_2




















オレステス・デストラーデ選手のAutoカードです。

Autoカードって言ってもカードにサインがあるわけでなくケースにサインしてます。

しかも上部にもサインが書かれており極めてレアな一品だと思います。

2003年の1月に書かれたサインにも関わらず、当時在籍していたライオンズとその背番号も書かれているのがプラスポイントで、彼のライオンズに対する愛着が伺えます。

ここで、そんな彼の経歴(特に日本での)を簡潔に説明します。

’90年代に西武で活躍したカリブの怪人で、このカードを見ると当時ジャイアンツ・ファンだった私には苦い思い出が蘇ります。

それは’90年の日本シリーズで西武が4連勝した際の彼の活躍は凄まじかったです。

そんな憎らしい存在でしたが’92年終了時にメジャーに復帰すると聞いて日本プロ野球界の為にも頑張って欲しいと思ってました。

ところが’93年は20本塁打、87打点とまずまずでしたが’94年は絶不調で途中解雇されました。

そして’95年に指名打者を補強すべくシーズン途中に西武に入団するも全盛期の様な力は発揮できずに退団しました。

その後は往年のスターが勇姿を見せていたマスターズリーグで活躍してました。

また2005年には東北楽天から打撃コーチのオファーを受けたが断ったようです。

で、現在はスポーツ専門局ESPNの解説を務めているようです。

日本に関わりの深い選手だっただけに、このカードを見るとノストラジックに浸れて当時を思い出すので大切にしたいと思ってます。

この後、もっと素晴らしいカードも抽選で当たったので紹介したいのですがまたの機会に・・・

2007年12月22日 (土)

あんまり書いてない選手7!?

もうお馴染み??になったシリーズですが、またまたやっちゃいます。

早いもので今回で第7弾!!

で、今回紹介する選手のカードはパックから出現する初のAutoカードだと思います。

100%言い切れませんが・・・

では早速Autoの部分をどうぞ!!


Img708









左下の部分が捲(めく)れているのが残念ですが、ほぼフルネームで書かれているので気に入っています。

これが最大のヒントです。

また私がずっと以前から欲しいと思っていた選手のAutoカードです。

これだけでは難しいのでヒントを

1、本職は一塁手ですがチーム事情により外野を守っています。

2、サウスポーを苦手とします。

3、野球一家に育ちました。

以上です。

こいつだ!!

とわかった方はコメントにて解答をお願い致します。


2007年11月25日 (日)

開封結果 2006 Topps Co-Signers編

本日は両国でカードショーがありました。

気心の知れた仲間達と野球談義に花が咲き有意義な一日でした。

また2階のショップでは数ブランドのカードがディスカウントさており、色々迷いましたが2006 Topps Co-Signersを1ボックスを持ち帰りました。

この年のこのブランドは1ボックスに2枚のAutoカード及び1枚のDual Autoカードが保障されており、運がよければDualカッツやA-Rod絡みのAutoカードをGetできます。

それでは早速いきます。

まずはインサート

Autoカードが出現しないパックからシリアル入りカードが各々1枚出てきて計9枚Getしました。

内訳は150枚限定カードが3枚、125枚限定カードが2枚、115枚カードが1枚、75枚限定カードが2枚、50枚限定カードが1枚でした。

画像紹介は割愛させて頂きその中の1枚だけ紹介します。

Img687


















2006 Topps Co-Sigenrs Changing Faces Silver Gold

イチロー選手、ベルトレイ選手のインサート・カードで50枚限定カードです。

何はともあれイチロー選手のカードが引けたのは嬉しいですね!!

たとえそれがクソ・インサートだとしても・・・・

続いてはAuto部門で、まずはこれです。

Img688









2006 Topps Co-signers Autograph (RC)

一瞬ピンストライプのユニフォームが見えたのでギョっとしたのですが横型のAutoだと言う事実に気がつきガックリしたカードです。

で肝心の選手ですがDarell Rasner投手で成績は4月、5月、6試合に先発として登板し1勝3敗、防御率4.01でした。

実際にピッチングを見たことがないので???な選手ですがヤンキース所属って事で期待したいと思います。

続いてはこれです。

Img689









Topps Co-Signers Autograph (RC)

序盤戦でホームランを連発したレンジャースの若き二塁手です。

結果的にはホームラン20本でシーズンを終了(打率.263、打点61)しましたが今後期待できる選手だと思います。

また未所有のAutoカードだったのでマイコレ確定です。

次はラストでDual部門です。

それでは早速いきますよぉ~






















私が・・・・

































引いたカードは


































これだぁ~!!








































Img690









2006 Topps Co-signers Dual Autographs

こんなに引っ張ってこれかよ!!なんてクレームが出そうな一品でFrancisco Liriano選手及びErvin Santana選手のAutoカードでした。

今シーズンは2人ともチームに貢献できなかった不吉な組み合わせのカードです。

サンタナ投手はコンスタントに先発しましたが7勝14敗、防御率5.76と散々でした。

一方のリリアーノ投手はご存知のように故障により登板なしでした。

安売りで購入したボックスだったので”まぁこんなもんだろ”と納得できる結果でしたが、通常の価格で購入していたら目も当てられない結果でした。

明日はカードショーの第2弾、某ディーラーさんの福パックから引き当てたカードに関して紹介したいと思ってます。

それでは

2007年10月19日 (金)

踏みとどまった!!

ア・リーグの優勝決定戦、インディアンズの3勝1敗で迎え、後がなくなったレッドソックスですがエース、ベケット投手の快投で快勝し2勝3敗としました。

今年のベケットは安定感抜群で頼りになるピッチャーですね!!

改めて実感しました。

そして打者でのヒーローはやっぱり2番ながらホームランを含む3打点をあげたヨーキリス選手だったと思います。

そんな事で本日はこんなカードを紹介します。

それではどうぞ!!

















Img660

















2004 Playoff Prestage Autographs

ショート・プリントで100枚限定のカードです。

価値的には・・・・・ですが

それにしても2番として立派な働きをしている思います。

選球眼がよくて出塁率が高いのが強みですよね!!

これでボストンにとっては2勝3敗!!

一日休んで地元に帰っての第6戦はシリング投手のピッチングに全てを託す事になると思います。

なんたって相手はカルモナ投手ですから・・・・

どんな形でもいいのでボストンには頑張って欲しいです。

そして第7戦を戦い、今度こそ大チャンの素晴らしいピッチングが見たいものです。

まぁどちらが勝ちあがろうともワールド・シリーズは奇跡のチーム、ロッキーズを応援する事に決まってますが!!

2007年8月27日 (月)

07 Bowman Chrome 開封結果 Vol.2

昨日に続いてボウマン・クロームの開封結果をご報告します。

私が知っている数少ない選手のAutoカードが引けるかが勝敗の分かれ目です。

では早速1枚目のカードを

Img625

















#219 Hideki Okajima

昨日の箱からは松坂選手、でもって今回の箱からは岡島選手のカードが引けました。

しかもまだあります。

続いては・・・・







このカードです!












Img626

















#210 Daisuke Matsuzaka Refractor

なななんと松坂選手のリフラクターです。

これにはニンマリしました。

キラキラ輝くレフラクター・・・・美しすぎます。

続いてはリフラクター部門です。

それではどうぞ!

Img627













松坂選手のリフで運を使い果たしたか、全て赤でした。

メンツは#109 Mike Mussina,#132 Adam Dunn, #175 Albert Pujols, #155 Jake Westbrook
でした。

次なるカードはビックリマンことX-Fractor部門で、これでした。

Img628
















BC118 Burke Badenhop

知らない選手ですが数年後にメジャーで投げている姿を期待したいです。

続いてはこのカードです。

Img629
















#193 Oswaldo Navarro

ゴールドリフ50枚限定が出ました。

まだまだありますよぉ~

次はこれだぁ~

Img630
















#214 Mitch Maier

又してもゴールドリフでこちらも50枚限定でした。

箱からゴールドリフが2枚・・・・

しかも両方とも緑でした。

これが日本人選手なら・・・・なんて欲張ってもダメですよね!

そして最後に控えるのがAutoカードです。

最初に書いたように私が知っている選手のAutoだったら勝ちと言うことにしたいと思います。

それでは・・・・・









どうぞ!




















Img631

















BC224 Chris Perez

リフAutoで500枚限定でした・・・・

ガーン! 負けました。

で、ウェブで調べたら

AA(Springfield Cardinals)で2勝0敗27セーブ、防御率2.43

AAA(Memphis Redbirds )で0勝1敗6セーブ、防御率5.40

でした。

どうやらセットアッパーもしくはクローザー候補のピッチャーですね!

AAではなかなかの成績ですがAAAでは苦戦しているようです。

彼がメジャーで活躍できる事を祈りつつ大事にアルバムに入れておきます。

今年のボウマン・クロームはチェンバレン投手の活躍で、その価値を上げたような
気がしました。

彼のAuto引きたかったなぁ~

2007年8月26日 (日)

07 Bowman Chrome 開封結果

本日は月に1回開催される恒例のカードショーでした。

で、こちらも毎年恒例のボウマン・クロームを2Box購入しました。

今年はBoxで購入してもAutoカードが出ない地雷系Boxが存在するようで、ハラハラドキドキの開封結果になりましたが・・・・

とりあえず私が購入した2BoxはAutoカードが入ってました。

では早速結果の方にいきたいと思います。

まずは・・・・

Img619


















#210

やっぱり松坂選手のカードって嬉しいですね!

続いてはリフラクターカードの面々です。

Img620














#220 Josh Fields,#192 Ryan Braun,#2 Justin Verlander, #76 Nick Swisher

の4枚です。

ここはサクサクといきまして・・・

続いてはビックリマンことX-Fractor部門で250枚限定カードです。

Img621


















#BC-139 Steve Singleton

ツインズ傘下に所属しているようで成績を見ると、なかなかです。

しかもポジションがショートです。

なんか期待できそうな選手です。

続いては・・・・これだぁ~


Img622

















#150 Joe Mauer

ブルーリフラクターで150枚限定です。

言わずと知れたマウワー選手ですが・・・まぁまぁ

ルーキー系の選手だったら良かったのに

気を取り直して続いてはこれです。






Img623

















#BC168 Brendan Katin

ゴールドリフラクターで50枚限定カードです。

平凡な成績の外野手のようです。

ブルー1枚、ゴールド1枚は当たりだったのでしょうかね?

まぁAutoカードの引きが勝負のブランドなので、ここまでは前哨戦ですね。

いよいよメインイベントです。

それではいきます。







引いた













Autoカードは・・・・










これだぁ~
















Img624

















BC240 Greg Reynolds

個人的に好きなビックリマンのAutoカードで嬉しいです。

選手もなかなか良さそうです。

レベルが低いですがまぁ納得できる結果でした。

もう1Boxありますのでこの結果は明日にでもご報告致します。

2007年7月29日 (日)

邪道な開封結果!?

本日は月1恒例のカードショーが両国で開催されました。

いつもより早起きして、まずは選挙へ!

予め決めていた候補者の名前を書き、いざ両国へ

他愛もない話をしつつも有意義な時間でした。

本当はここでボックスを持ち帰って開封結果なんて流れなのですが・・・・

なんせ食指をそそられるボックスがなく空手でのご帰還と相成りました。

ウルトラは1ボックスに5パックでオートは1枚、1パックが¥2600くらいで高級版に様変わりしてますし、トリスターからリリースされたMulti World Greatest Card Chaseなる古パックの盛り合わせなんかは、ある人が

『こんなの売っちゃダメだよ~』

なんて発言しており、一気に購買意欲がなくなりました。

またアレン&ジンターの発売初日でしたが入荷が夕方になるようで、入荷を待つ事なく退散したので、どんな結果だったか気になるところです。

現時点でR&Bのホームページを見てもアップされてないのでアップされたら拝見したいと思います。

そんな事で本日は邪道ではありますが、優良ディーラーさんから購入した福パックの開封結果をご報告致します。

このパックは1パック¥1000、1万円分購入して1パックオマケで11パック購入しました。

1パック、1Autoのようで11枚のAutoとオマケで2枚のスーベニア・カードをGetしました。

そんな面子の中で私が独断で選んだBest3を紹介します。

まずは第3位!







ジャ~ン!















Img601









2007 Upper Deck Premier Emerging Stars Autographs Dual

今シーズン大活躍しているモノー選手とゴンザレス選手のDualオート、50枚限定です。

ベケット誌を見ると・・・・

安っ!

パックの値段を鑑(かんが)みても釣り合わないような気がします。

続いては第2位です。

それは・・・・











これだぁ~!












Img602









2005 Timeless Treasures HOF Materials Signatures Jersey

ベケット誌では25枚限定と書いてますがシリアル・ナンバーは05/34となってます。

ライアンAutoは福パックでは3枚目となかなかの引きです。

ただライアンのシールAutoは枠内にこじんまりと収まってしまうので元来縦長に書く直書きのAutoと比べると見劣りしますね!

それでは最後に1位を発表します。

そのカードとは・・・・・









これだぁ~!













ドーン!


















Img603









2006 SP Legendary Cuts A Piece in History Cuts

Joe Sewell選手のレジャンダリー・カッツです。

彼はインディアンズ、ヤンキースで活躍した内野手で77年には殿堂入りしました。

実働14年1903試合に出場して2226安打を放ってます。

通算本塁打は驚きの49本!

ただ三振が少なく、年間で一桁しか三振していない年が何年もありました。

典型的なコンタクト・ヒッターだったようです。

これが福パックから引いた2枚目のカッツとなりました。

その他のAutoは’07SPxのルーキーAutoや'05Donruss Signatureのモノが多かったです。

ルーキーやヤング・スターのAutoが殆どだったので、これからが楽しみです。

本日は福パックと言う邪道な開封結果を紹介しましたが、またパックなりボックスを購入した暁にはここで紹介していきます。

2007年7月16日 (月)

キャー!またもや撃沈してもうた

台風も過ぎ去り連休最後はゴロゴロタイムだなぁ~なんて思っていたのですが、友人のK氏から誘いがあり、急遽両国に集合する事になりました。


そうなれば何も買わずには帰れる筈もなく、最初に手に取ったBoxが・・・・














これだぁ~




















Img592










2007 Just Autographs

マイナーリーグの選手を集めたシリーズの代表格で、比較的安価なBoxですが1パック1Autoカードって言うのが魅力的なBoxです。

そのぶんベケットでもロープライスしかつきません!

まぁ1Box12パックなので1枚でも2枚でも私の知っている選手のAutoカードが引ければ御の字でした。

ところが・・・・

唯一、引けたStar Autoはこれでした。











いきますよぉ~!



















ジャ~ン!


























Img593
















07 Just Stars White Edition

マット・ハリソン選手の100枚限定カードでした。

マット・ハリソン?聞いたことのない選手のAutoカードで、潔く撃沈でした。

その他のノーマルAutoカードもダブリ2枚を含み誰だ!とツッコミたくなる選手のカードばかりでした。

将来的に誰でもいいから一人くらい活躍する選手がいる事を期待して温めておきたいと思います。

これだけでは納得出来ずに追加で07Finest、新発売の07Topps Chromeを2パック購入しましが・・・・

こちらも良いとこ無しで撃沈しました。

箱開けのセンスのなさは相変わらずのようで、自己嫌悪に陥りそうです。

しかも、両国を後にし飯を食べたので食後の散歩を兼ねて浅草まで歩く事にしました。

無事に浅草寺に到着しお参りを済ませK氏の提案でおみくじを引くことにしました。

K氏は99番を引き当て見事大吉、お正月にここでおみくじを引き凶だったそうで、リベンジ成功で満面の笑みでした。

私はと言うと・・・・

17番を引き当て”凶”

やっぱりなぁ~って結果で、”何をしてもうまくいかないよ!”なんて内容の事が書いてあってダメを押されたような気がしました。

先におみくじを引いてれば・・・・

なんて思ってしまいました。

後の祭りなんですが・・・

そんな私を尻目に大吉のK氏はゴッド・ハンドを炸裂させて素晴らしいカードを引いてました。

2007年7月 3日 (火)

6月の月間MVP

6月の月間MVPが発表されました。

ナ・リーグ野手部門はソリアーノ選手!

2日から4日にかけて3試合連続ホームラン

8日には3打席連続ホームラン

22日から24日にも3試合連続ホームランが評価されました。

投手部門はリーグ最多の5勝をあげたシーツ選手!

そしてア・リーグの投手部門はプッツ選手!

プッツ選手は13試合に登板し11度のセーブ機会に11セーブをマークし防御率0.59で初受賞しました。

最後にア・リーグ打者部門ですが・・・・

イチロー選手も候補にあがりましたが受賞したのはA-Rodでした。

成績は打率.406、9本塁打、34打点で申し分ありませんでした。

これで今季2度目、自身通算9度目、ヤンキースに移籍してから5度目の受賞です。

ただチームが・・・・あぁ~無残!

マリナーズ、レンジャーズに在籍していた時のような悪夢再びの予感が・・・

彼が活躍してもチームが全然勝てないなんて光景は過去何度も見てきました。

まさにデジャブーを見ているようです。

とは言っても彼の活躍なくしてチームの上昇は有り得ないと思うので今後もガンガンいわして欲しいと思ってます。

そんな事で本日はこんなカードを紹介します。














Img585









2001 Upper Deck Gold Glove Leather Bound Autograph

シリアルこそありませんがショート・プリントで28枚限定のAutoカードです。

このカードは彼が使用していたグローブが挟み込まれている、珍しいカードです。

イチロー選手の同様のAutoカードも存在しており、こちらはルーキーイヤーですし、まさしくお宝カードだと思うのですが、実際にお目にかかった事はありません!

できれば実物を見たいですが・・・

無理ですかね!

ここで話を変えて

こんな大活躍中のA-Rod選手ですが対ツインズ戦で負傷し途中交代したようです。

事件は6回、アレックス選手がサードゴロを打ち全力疾走でファーストに向かった際、一塁ベース上でモノー選手と接触し、左足太ももに痛みが走ったようです。

まさか肉離れ?

もしそうだとしたら心配です。

明日にでも検査を受けるようで、結果待ちですね

軽症で済めばいいですが・・・・

色々逆境があるようですが、それを打破して頑張って欲しいと思ってます。

2007年6月17日 (日)

パックを開けてラーメンを啜(すす)った一日

昨日の話ですがベケットを購入すべく両国のR&Bに行ってきました。

この日はK氏と待ち合わせをしており、私がお店に顔を出した時には、もう既にK氏はチョコチョコとパックを摘んでました。

最近はカードショー以外でお店に行く事がなかったので、なんだか新鮮な気分でした。

ベケット以外に何も買わないなんて芸がないので、少ない予算の中から07ファイネストを2パックと07コサイナーを1パック購入しました。

狙いはA-RodのAutoカードなんですが、それは夢の様な話でAutoカードが1枚でも出ればいいよなぁ~なんて感じでした。

そんな思惑で購入したパックから出現したカードがこちらです。










Img578
















2007 Finest Rookie Finest Moments Autographs

ボストンのクローザー、ジョナサン・パペルボン選手のAutoカードです。

どうにか最低限の成果はありました。

あとのパックからはカントゥ選手のリフ(ファイネスト)、スモルツ選手(ハドソン選手)のシリアルカードで撃沈しました。

新発売されたSPxやBowmanには食指が動きませんでした。

ただ高級版のトリスターは値段が高いのですが”いいかも!”なんて思いました。

無事にベケットも購入し両国を後にした我々は次なる目的地曙橋に向かいました。

総武線、都営新宿線と乗り継ぎ目的の曙橋に到着したのですが・・・・

私の脳裏に一抹の不安が!?

と言うのも、この店には今回で3回目の訪店で過去2回は閉店しておりお預けを喰らっていたのです。

ところが・・・・

ツカンポのO氏が不参加だったせいか、お店には眩(まばゆ)い程のネオンが・・・

と言う事で足掛け数ヶ月を要してありついた一品がこれだぁ~!












じゃぁ~ん!














353_1











エリマキ(ノリ)らーめん、メンマトッピング¥900也

いやぁ~これだけ極細な麺は初めてです。

ものの数十秒で茹で上げてましたが納得です。

博多ラーメンも細いのですが、それとはまったく別物で黄色い縮れ麺であれだけ細いって・・・見ていて笑えてきました。

味はちょっと濃い目の醤油味、具はチャーシュー、ノリ、ナルト、キクラゲ、メンマと盛りだくさん!

また薬味にネギ及び玉葱を使っておりスープを飲んでいると玉葱のシャクシャクした食感が味わえました。

スープは至ってノーマルな感じで飲んだ後のシメにはいいかもしれません!

私はガッツリいくタイプなので一杯だけでは物足りず、替え玉(¥100也)を注文して完食!

それにして味気のないキクラゲはいらないのじゃないかと・・・・

それ以上に問題なのが、でぇ~んと存在感があるナルトで、フニャfニャな食感な上思い切り不味かったです。

一口食べた時に”これは気のせい?”と思い。もう一口”なんだなんだ!”と感じつつも、最後の一口・・・・・

”すげー不味いじゃんかよ”と思ったときには、全て胃の中に入ってました。

352
店名:一心らーめん

住所:新宿区荒木町9-24

TEL:03-3226-8768

営業時間:PM6:00~翌4:00

休み:日、祝


場所が都心だからか、私が下町価格に慣れ親しんでいるせいか、少々値段が高いように感じました。

この後、食後の散歩を兼ねて新宿駅まで歩き、ちょっと寄り道をして帰宅しました。

えっ!

寄り道って・・・

パチ○コですよ!

数ヶ月越しのミッションを1つ完了したので充実した一日でした。