Alex Rodriguez auto card Gallery 2007年11月更新

  • 2007 Topps Alex Rodriguez Road to 500 Autographs
    ライフワークとも言えるAlexRodriguez選手のAutoカードのコレクションです。 本ブログにて紹介してきたカードをUPしていきます。

日本人プレイヤーGallery 2007年12月更新

  • 2007 Bowman RC AU #219c
    手元にある日本人プレイヤーのカードを紹介します。 とりあえずこのブログで紹介したカードから順に並べていきますがその後は不定期に更新するのでご覧下さい。

JD Drew Card Gallery(不定期に更新します)2007年11月更新

  • 2000 Fleer Focus Fresh Ink
    JDドリューに関してはレギュラーカードからフルコンプを目指しています。 とは言っても最近レギュラーカードにもリストアップされない事が多いので残念です。

任務完了Ⅰ 2000 Topps HD

  • 2000 Topps HD Cal Ripken Jr
    2枚でコンプリのこのシリーズですが、ジーターが1:859、リプケンが1:4386と高オッズのカードです。

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

おすすめのリンク

芸能・アイドル

2007年12月19日 (水)

浜田・山崎・遠藤 絶対に笑ってはいけない警察24時!!

ついに我が家にも来ました。

第10弾!!

今回はボリューム・アップしており罰が2枚組みで総計3枚組みでした。

昨年のテレビ放送分もパソコンのハードに録画しており何度も観たのですが、カット(未公開)している部分が多く、初めて観るシーンなんかも満載で新鮮でした。

それにしても笑いのツボって個人差があるようで友人と一緒に鑑賞すると笑う場面が微妙に違うんですよ。

ちなみに私は警察手帳の件(くだり)なんかがツボで思う出すだけで笑えてきます。

このDVDは私の周囲でも大人気で、もう何回か鑑賞したら暫くは家を留守にする事になります。

もう数名の方から『貸してくれ!!』と言われているので・・・・

Img706
















2007年12月10日 (月)

トレカフェスタ in 池袋

昨日は池袋にてミント主催のトレカフェスタが開催されました。

例によってシングル・カードを数枚購入したのですが、その後は少々魅力的なボックスもあったのですがグッと堪えてスルーしました。

で、そろそろ帰ろうとした際に何を血迷ったのか某ショップのアイドル福袋を購入しちゃいました。

できればボックス交換券を引き当て箱開けをしたかったのですが・・・・

あえなく撃沈!!

引き当てたのは誰だかわからないアイドルのコスチューム・カードでした。

それがこれです。

Img699
















こっち方面は疎いので誰だかわからなかったのですが・・・・

友人のOクンが

『初代マリンちゃんですよ!!』

『知っているでしょう 海物語で5連チャンくらいしたら出てくる女の子ですよ!!』

アイドル方面は疎くても、そっち方面は結構詳しいので、その発言を聞いてピンときました。

そう言えば趣味はサーフィンでなんてプロフィールが書いてありましたよね!!

彼女でしたか!!

まぁそれを知ったところで大きな感動があった訳でもありませんが・・・・

意気込んで参戦したカードショーでしたが限りなく収穫ナシで終わりました。

あえて収穫があったと言えば上記のカードと久しぶりにK軍団のSさんの顔を見たことですかね。

2006年12月 9日 (土)

ダウンタウンのガキの使い・・・・8

ダウンタウンのガキの使いやあらへんでのDVDの8弾、絶対に笑ってはいけない高校が我が家にやってきました。

このシリーズは大好きでここでは紹介した事がありませんが、何を隠そう1~7弾も全て購入しています。

テレビ放映もしっかりパソコンに保存しているのですが、発売されるとついつい購入しちゃうんです。

で、今回もメチャクチャ笑えました。

冒頭のかまやつ(ムッシュかまやつ 元ザ・スパイダース)や劇団ひとり、そしてお豆先生のマイク!

ちなみに私のツボは『浜田のスーパーボール』や『お~い!ダンカ~ン コロッケ取って~』などでした。

後半戦は板尾の嫁?の独壇場!

街角でマドンナの曲がかかっていると思わず笑ってしまう程です。

Img442_2

















とにかくお薦めの一品で、腹の底から笑いが込上げてくる数少ないDVDです。

職場でも『貸してくれ!』の声が多い人気のDVDです。