Alex Rodriguez auto card Gallery 2007年11月更新

  • 2007 Topps Alex Rodriguez Road to 500 Autographs
    ライフワークとも言えるAlexRodriguez選手のAutoカードのコレクションです。 本ブログにて紹介してきたカードをUPしていきます。

日本人プレイヤーGallery 2007年12月更新

  • 2007 Bowman RC AU #219c
    手元にある日本人プレイヤーのカードを紹介します。 とりあえずこのブログで紹介したカードから順に並べていきますがその後は不定期に更新するのでご覧下さい。

JD Drew Card Gallery(不定期に更新します)2007年11月更新

  • 2000 Fleer Focus Fresh Ink
    JDドリューに関してはレギュラーカードからフルコンプを目指しています。 とは言っても最近レギュラーカードにもリストアップされない事が多いので残念です。

任務完了Ⅰ 2000 Topps HD

  • 2000 Topps HD Cal Ripken Jr
    2枚でコンプリのこのシリーズですが、ジーターが1:859、リプケンが1:4386と高オッズのカードです。

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

おすすめのリンク

ゲーム

2008年1月16日 (水)

777Town始めました。

昨年末から入会して最近嵌(はま)っているのがスリーセブンタウンドットネットと言うゲームサイトです。

このサイトは”パチスロ北斗の拳”で有名なSammyさまが主催しており、パチンコやパチスロの実機が約60種楽しめます。

当初、ホールは面白くもない5号機全盛で行く気がしないので、このサイトでちょっと遊べればなんて軽い気持ちで入会したのですが・・・・・

これが実戦さながらで面白いんです。

例えばエリアの中には数十店舗が時間差で営業しており開店前なんかは並んだりするんです。

そして目当ての台を探し打つんですがグラフィックも実機そのもので懐かしくも感じます。

またこのサイトではWatなる通貨でアイテムも購入でき、更に奥行きを増しているのです。

まぁアイテムを購入するにはお金が必要ですが、実際にホールへ行って遊ぶよりも手軽です。

更に凄いのがアイテムをGetするには福袋を購入しなければならず、それを開封してアイテムをGetするシステムになっている事で、しかも不要なアイテムはトレードする事も可能なんです。

なんだかトレーディングカードの楽しみ方と酷似しており、すっかり嵌ってしまいました。

もちろんアイテムの中には幻と言われるレア・アイテムの存在なんかもあります。

初心者の私には雲の上のアイテムですが・・・・

新基準の6号機が出るまでは、これで楽しもうかと思っています。

2006年3月19日 (日)

これは傑作です!

最近、職場の後輩が見つけたブログでその中に面白いフラッシュがあるので紹介したいと思います。

特にパチスロや北斗の拳が好きな方には楽しんでいただける内容だと思います。

ちなみに私はPart4まで続いているDJラオウが大好きです。

Part4なんかは偽りの天才アミバをフューチャーしており”うんうん”と頷きながら彼のゲーム内での悲しい運命(さだめ)に涙してしまいました。

http://www1.ocn.ne.jp/~slot777/flash.html

このフラッシュを作成をした方のトップページにある、『コラム』や『パチ屋珍体験記』なども面白いです。
(上記のページの一番下にリンクが貼ってます)

hokutonoken

2006年2月 8日 (水)

サイレンに淡い期待を

昨日のクイズの答えはわかりましたか?

わかった方もいらっしゃるようですが今日も答えを発表するのをやめます。

本日は映画の話でもしようかと思います。

と言っても今回はこれから観にいく予定の映画の話です。

その映画とは・・・・                          

『サイレン』です。       

   http://www.siren-movie.com/   ←公式サイトです。


今週末の土曜日より公開なのですが土・日と仕事なので観にいく事ができないので13日の月曜日には観にいこうと思ってます。

何故この映画を観たいと思ったかと言うと・・・

数年前にサイレンってゲーム(プレステ2)が発売されたんですがこのゲームに、はまってしまって・・・

それが映画化されたのがこれなんです。

このサイレンってゲームは今までで一番怖かったゲームで、難易度もAAAで凄く難しかったのです。

根性でベスト・エンディング+アーカイブ・コンプリートを達成したときの充実感や達成感は他のゲームと比にならなかったのです。

ちなみに後輩のTクンにゲームソフトを貸したのですが4面くらいでギブアップしてました。

覚えている方もいるかもしれませんが、中学生くらいの女の子が眼から血を流しながら『おと~さん!おかぁ~さんと』と窓を叩いていたCMを・・・

そのCMってあまりにもショッキングだったので途中で放映禁止になったのも・・・

数々の伝説を作ったゲームがサイレンなんです。

ただ映画の予告編を観るとこの映画ってサイレン2(2月9日発売予定)からのストーリー展開の様なので少しガッカリなんですが・・・

ゲーム・サイレン2とは・・・そうです!

現在CMで放送中の『マァエ~~♪マァエ~~♪』って唄に乗って、ゲームをしているメガネのプレイヤーが消えていなくなり、コントロラーだけがブルブル動いているCMがそれです!

前作よりも、かなりおとなしいCMに仕上がっているのは前作の反省なんですかね?

それに反して内容はより過激になっていると期待してます。

勿論、Part2にも是非挑戦したいと思っています。

          http://www.playstation.jp/scej/title/siren2/
                      ↑
          こちらがゲーム・サイレン2の公式サイトです。 

プチ・サイレン・マニアとしては映画もゲームも楽しみです。

2006年1月28日 (土)

我が家でM&A?

少々困ったものが我が家にやってきました。

来週職場に持っていって希望者を募り、差し上げる予定なのですが引き取り手がいない予感がするような物なのです。

えっ! どこからか子猫でも拾ってきたのかって、違いますよ!

ある意味『タカラ』な物です。

そのある物とは・・・・



これだぁ~!



_136_137_138  じゃ~ん!タカラ人生ゲ~~~ムM&A!

このテレビゲーム全盛時代に懐かしいボードゲームですよ!

しかもこのゲームの対象年齢って15才以上と書いており、高校生以上の方が楽しむゲームのようです。
(いい大人がボードゲームやっている暇なんてないっちゅうの)

使用する紙幣?は10億円から1兆円とまさにバブリーでインフラな感覚!

また各コマに書かれている内容が笑えるます。

例えば・・・

『もの言う株主に増配を求められ1000億払う。』
(どこかのファンドを思い出すやんけ)

『「萌え」関連株が一気に上昇。50億もらう。』
(たしかにこれは以外にバカにできない注目株やな)

『コンプライアンス(法令遵守)を徹底し企業価値アップ。』
(これができなかったある人は現在檻の中やんけ)

などあります。

先に書いたコンプライアンスなど、ためになる用語や単語が多く、株式を始めようと考えている方には勉強になるかもしれないゲームなのが唯一の救いですかね。

例えば『キャピタル・ゲイン』や『エンジャル』、『TOB』、『IPO』、『ポイズンピル』など普段は使用しないような単語が連発しています。

で、気になるのはこのゲームを監修した人々ってどんな人なのかって事ですよね。

ありましたよ! しっかり箱の裏書きに・・・

_139 よく見えないですか?

向かって左側ですよ!



それでは、これでとうだぁ~!


_140_141

ホ・ホ・ホリエモンだぁ~!

でも何故ホリエモンだけ別撮りなのでしょうかね?
(成功者と失敗者の区別やな)

やっぱり誰も貰ってくれないかな?