Alex Rodriguez auto card Gallery 2007年11月更新

  • 2007 Topps Alex Rodriguez Road to 500 Autographs
    ライフワークとも言えるAlexRodriguez選手のAutoカードのコレクションです。 本ブログにて紹介してきたカードをUPしていきます。

日本人プレイヤーGallery 2007年12月更新

  • 2007 Bowman RC AU #219c
    手元にある日本人プレイヤーのカードを紹介します。 とりあえずこのブログで紹介したカードから順に並べていきますがその後は不定期に更新するのでご覧下さい。

JD Drew Card Gallery(不定期に更新します)2007年11月更新

  • 2000 Fleer Focus Fresh Ink
    JDドリューに関してはレギュラーカードからフルコンプを目指しています。 とは言っても最近レギュラーカードにもリストアップされない事が多いので残念です。

任務完了Ⅰ 2000 Topps HD

  • 2000 Topps HD Cal Ripken Jr
    2枚でコンプリのこのシリーズですが、ジーターが1:859、リプケンが1:4386と高オッズのカードです。

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

おすすめのリンク

ギャンブル

2008年1月16日 (水)

777Town始めました。

昨年末から入会して最近嵌(はま)っているのがスリーセブンタウンドットネットと言うゲームサイトです。

このサイトは”パチスロ北斗の拳”で有名なSammyさまが主催しており、パチンコやパチスロの実機が約60種楽しめます。

当初、ホールは面白くもない5号機全盛で行く気がしないので、このサイトでちょっと遊べればなんて軽い気持ちで入会したのですが・・・・・

これが実戦さながらで面白いんです。

例えばエリアの中には数十店舗が時間差で営業しており開店前なんかは並んだりするんです。

そして目当ての台を探し打つんですがグラフィックも実機そのもので懐かしくも感じます。

またこのサイトではWatなる通貨でアイテムも購入でき、更に奥行きを増しているのです。

まぁアイテムを購入するにはお金が必要ですが、実際にホールへ行って遊ぶよりも手軽です。

更に凄いのがアイテムをGetするには福袋を購入しなければならず、それを開封してアイテムをGetするシステムになっている事で、しかも不要なアイテムはトレードする事も可能なんです。

なんだかトレーディングカードの楽しみ方と酷似しており、すっかり嵌ってしまいました。

もちろんアイテムの中には幻と言われるレア・アイテムの存在なんかもあります。

初心者の私には雲の上のアイテムですが・・・・

新基準の6号機が出るまでは、これで楽しもうかと思っています。

2006年2月18日 (土)

これは脅威です!

本日はゲーセンで起きた怖い話です。

映画鑑賞するのに本八幡のコルトン・プラザを利用するのですが映画まで時間がある時などはコルトン・プラザ内のゲームセンターで時間を潰します。

コルトン・プラザには殆ど平日休みの時や半休の時に行くのでゲームセンターには小学生がパラパラ遊んでいるくらいでいつもガラガラなんです。

この日もいつものようにコインを買ってパチスロ北斗の拳を打っていたのですが・・・・

ここの北斗の拳の音声と言うか・・ボリュームが壊れているようで、とにかく音がうるさいんです。

バットが画面から消えて再登場する際の台詞なんか思わず『ムカッ!』とします。

お前が勝手に先に行くって言って画面からフェード・アウトしているのに再登場の際は

『おいていくなよ!』って・・・・

どこから出てきたんだ!お前はエスパーかよ?

お前がオレを置いていっているんじゃないかぁ?

転べば”空き缶”ばかり落としやがって・・・

お前は資源ゴミでも集めているのかぁ?

たまには”肉”でも落としてみろって、この貧乏人が・・・

こっちは足手まといで、つまずいてばかりの”リン”を連れているんだぞ!

あっ! すみません! 取り乱しました。ペコリ
(取り乱したって、あんた上島竜平やんけ!)

で、本題に戻りますが

ボーナスが確定すると・・・

『バァトル・ボォ~~~ナス・ゲットォ~~~』

と店内に鳴り響くのです。

いつもは、その音声を聞いて周りのガキども、いやお子様が数名群がってくる程度なので、気にしないで打っているのですが、この日は1~2歳の男の子を連れたお母さんがツカツカと寄ってきて隣の席に座ったのです。

ちょっとビックリしてそのお母さんの顔を見ていると・・・・

お母さんが真顔でこう言ってきたのです。

『この子がこのゲームの出ているときの画面を見るのが好きなので隣で見ていてもいいですか?』

別に拒否する理由がないので『いいですよ!』と快く返事をし、ゲームを再開すると、右だ!左だ!の画面に変わった途端、その赤ちゃんが可愛い声で『ケ~~~ン!ケンケン バブー○※▲△ウァ~!(意味不明)』と興奮しているんです。

最初は意味も分からず、ただ画面と大音量に興奮して奇声をあげているだけだと思っていたのですが・・・・どうやらそれは私の勘違いのようでした。

なんとその赤ちゃんはラオウが”剛掌波”を繰り出した時に、しかめっ面で『アァ~~!ウワァ~~~!』と明らかにそれまでとは違う反応を示したのです。

運良く、一度は”リン”が登場して『ケェ~~~ン』で復活したのですが、2度目の”剛掌波”では憤死し、その時は眉を下げ悲しい顔をしていました。

この時に2度も”剛掌波”をくらっており、2度ともこの赤ちゃんの表情や反応が変化しトラスト状態に陥っていたのを確認したので、これは明らかにこの赤ちゃんがゲームの流れやツボを把握しているんだと確信しました。

バトル・ボーナスが終わるとお母さんから『ありがとうございました!』と感謝の声を掛けられ、その親子はその場を離れていきました。

ちょっとその赤ちゃんが気になって、私はその親子が離れて行く際、チラッっと赤ちゃんの顔を見たんです。

そしたら・・・・ニヤッと笑って

『最低でも32ゲームは消化して天国に滞在してたら続けるんだぞ!』『スイカやチェリーを取りこぼすなよ!』と私に上視線で叱咤激励しているように見えたのです。

その時の顔は明らかに無邪気な赤ちゃんのそれとは違って”リストラ間際のおッさん”の顔に見えたのです。

この事件があってから、この親子がいるか否か確認をするようになり、いた時は北斗の拳を打つはやめています。

だって・・・怖いんですよ!

なんだか、この赤ちゃんの将来が不安でたまりません!

hokutohokutonoken20050707191400





■お詫び
文中、不適切な発言がありますがリアリティーを追求している為の発言ですのでどうぞご了承下さい。