Alex Rodriguez auto card Gallery 2007年11月更新

  • 2007 Topps Alex Rodriguez Road to 500 Autographs
    ライフワークとも言えるAlexRodriguez選手のAutoカードのコレクションです。 本ブログにて紹介してきたカードをUPしていきます。

日本人プレイヤーGallery 2007年12月更新

  • 2007 Bowman RC AU #219c
    手元にある日本人プレイヤーのカードを紹介します。 とりあえずこのブログで紹介したカードから順に並べていきますがその後は不定期に更新するのでご覧下さい。

JD Drew Card Gallery(不定期に更新します)2007年11月更新

  • 2000 Fleer Focus Fresh Ink
    JDドリューに関してはレギュラーカードからフルコンプを目指しています。 とは言っても最近レギュラーカードにもリストアップされない事が多いので残念です。

任務完了Ⅰ 2000 Topps HD

  • 2000 Topps HD Cal Ripken Jr
    2枚でコンプリのこのシリーズですが、ジーターが1:859、リプケンが1:4386と高オッズのカードです。

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

おすすめのリンク

« 777Town始めました。 | トップページ | ハイド・アンド・シーク (暗闇のかくれんぼ) »

2008年1月17日 (木)

300 (スリーハンドレッド)

ストーリーはともあれ素晴らしい映像で槍や矛を使った古典的な戦いを表現していた作品で血を滾(たぎ)らせずにはいられませんでした。

どこを見ても男、男、筋肉、筋肉で汗や血の臭いが伝わってくるようでした。

こんな作品好きですねぇ~

なんて言っても私はオネエマンじゃありませんよ!!

念のため・・・

って事で簡単に内容を

紀元前480年。スパルタ王レオニダスのもとに、圧倒的な軍力を誇るペルシア帝国・クセルクセス王の遣いがやって来た。

曰く、土地と水を差し出さなければ、国を滅ぼすという。

しかしレオニダスは遣いを葬り去り、ペルシアと戦う道を選んだ。

託宣師のお告げも無視し、テルモピュライでの決戦に挑むスパルタの精鋭たち。

その数はたった300人。

対するペルシアの軍勢は、なんと100万の大軍だった…。

※公式サイト

http://wwws.warnerbros.co.jp/300/

001_4












サイや象なんかも出てきて、”こりゃ強敵だ”なんて思った途端に自滅する様なんか・・・・

お笑いなのかと勘違いしました。

またアジアの奴隷の部隊だなんて登場するのが忍者モドキの面々!!

しかも弱い事弱い事

なんの戦力にもなってませんでした。

CGを駆使して独特の世界観を創造(つく)っているのですが、全くリアリティーを感じさせませんが、そこが逆によかったです。

テルモピュライの戦いを題材にした作品なんだろうけど、まったくのフィクションで史実とは関係なく鑑賞しないと楽しめない映画です。

ただストーリーは・・・・

あってないような感じですので密度の濃い作品が好きな方にはお薦めできません。

私は充分楽しめましたが・・・・

« 777Town始めました。 | トップページ | ハイド・アンド・シーク (暗闇のかくれんぼ) »

映画 さ行」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

筋肉ボコボコでちょっとキモかったです

kimi様
男くさい作品でしたよね
私は好きでしたけど
付け加えておくと私は決してオネエマンじゃありませんよ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148904/17370206

この記事へのトラックバック一覧です: 300 (スリーハンドレッド):

» 300 (スリーハンドレッド):映画 [映画、音楽、格闘技の話題や札幌グルメ情報を紹介するジフルブログ]
今回紹介する映画は、『300(スリーハンドレッド)』です。 300 (スリーハンドレッド):ストーリー 紀元前480年。スパルタ王レオニダスのもとに、圧倒的な軍力を誇るペルシア帝国・クセルクセス王の遣いがやって来た。 曰く、土地と水を差し出さなければ、国を滅ぼすという。しかしレオニダスは遣いを葬り去り、ペルシアと戦う道を選んだ。 託宣師のお告げも無視し、テルモピュライでの決戦に挑むスパルタの精鋭たち・・その数はたった300人で、対するペルシアの軍勢は、なんと100万の大軍だった…。... [続きを読む]

« 777Town始めました。 | トップページ | ハイド・アンド・シーク (暗闇のかくれんぼ) »