Alex Rodriguez auto card Gallery 2007年11月更新

  • 2007 Topps Alex Rodriguez Road to 500 Autographs
    ライフワークとも言えるAlexRodriguez選手のAutoカードのコレクションです。 本ブログにて紹介してきたカードをUPしていきます。

日本人プレイヤーGallery 2007年12月更新

  • 2007 Bowman RC AU #219c
    手元にある日本人プレイヤーのカードを紹介します。 とりあえずこのブログで紹介したカードから順に並べていきますがその後は不定期に更新するのでご覧下さい。

JD Drew Card Gallery(不定期に更新します)2007年11月更新

  • 2000 Fleer Focus Fresh Ink
    JDドリューに関してはレギュラーカードからフルコンプを目指しています。 とは言っても最近レギュラーカードにもリストアップされない事が多いので残念です。

任務完了Ⅰ 2000 Topps HD

  • 2000 Topps HD Cal Ripken Jr
    2枚でコンプリのこのシリーズですが、ジーターが1:859、リプケンが1:4386と高オッズのカードです。

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

おすすめのリンク

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

2008年1月31日 (木)

品達に行ってきました

本日は久しぶりにラーメンの話題なんですが表題にもあるように職場の上司らと品達に行ってきました。

品川は2回目ですが今回の目当ては昨年12月に新規オープンした”初代けいすけ”と”つけめんTETSU”で、最低限のノルマはこの2店舗を制覇する事でした。

410

















411

















412













まず最初に向かったのは上に書いた2店ではなく、混雑が予想され待つこと必至になりそうな”うまいぜベイビ~”でお馴染みなんつッ亭でした。

413






ところが・・・・

行列どころか店内に数人の待ち客だけで拍子抜けしました。

前回は20人くらいの行列が出来ていたのに、池袋や川崎などにぞくぞく支店を出して希少価値がなくなったせいなんですかね?

まぁ並ばずに食べれたのはラッキーで、私が食べたのは・・・・

じゃ~ん!!

414










ラーメン¥700也

この後のファイトの事も考慮して無難にラーメンを選択しました。

いきなるガツンとくると思いきや、案外アッサリしており軽く完食できました。

それにても・・・・

普通な感じで・・・

もっとインパクトのあるスープだと思っていたので拍子抜けしました。

品川は本店に比べライトな感じのスープに仕上がっているようです。

個人的には物足りなかったです。

続いては気になる一店、初代けいすけで、話題のあのラーメンを食べてきました。

415











こちらでは待つ事なく、すんなり着席できました。

あれこれメニューがあり迷ったのですが、店イチオシのラーメンを食べる事にしました。

それがこのラーメンです。

416










とろとろ炙りチャーシュー黒極み¥880也

味噌ダレに竹炭を混ぜ込んだ真っ黒な色の味噌ラーメンです。

スープを啜(すす)ると炭の香りがふわっと漂ってきてビックリしました。

この感じって個人的には好きです。

ただ好き嫌いが別れるテイストだと思います。

またスープは濃厚で自分好みで、連食しなければ間違いなくライスを注文してガッツリいける味でした。

それとドド~ンとのっている2枚の豚トロ??チャーシューは絶品でした。

あえて不満を言わせて頂くと、スープの量が少なかった事です。

もっとスープを堪能したいと思いました。

そしてそして最後に向かったのは”つけめんTETSU!”!


417







ここの目玉はもちろんつけめんなんですが、冷えたつけダレに焼いた石を投入して熱々スープが堪能できる珍しいお店なんです。

もちろん私も焼いた石で熱々スープを堪能してきました。

これは斬新ですよね!!

私が訪店した時は満席だったので暫し外で待つことになりました。

で、私が注文したのは・・・・

これです。

418









つけめん¥750也

つけめんって麺が太いのが普通ですが、この店の麺の太さは半端ないです。

ちょっとした饂飩並みの太さがあり驚愕しました。

スープは魚介が前面に主張するWスープです。

ただ私には弱冠甘く感じました。

麺はツルツルシコシコしており、”麺を食っているぞ”って感じになり満足感に浸れました。

3食目でしたがツルッといけたのはつけ麺マジックなんでしょうか?

それとも単なる大食漢なんでしょうかね??

3店舗とも個性的な店ばかりで、美味しく頂けました。

ただ帰りの車の中ではつけ麺が腹に溜まったようで苦しくなってきました。

完全に食べ過ぎですよね!!

ちょっとばかり苦しかったですが目的のお店を制覇できたので満足感でいっぱいの1日でした。

わざわざ車で送り迎えしてくれた上司のIさんには感謝感謝です。

ありがとうございました!!

今度は・・・・

横浜ですかね??(笑)

2008年1月30日 (水)

蒼き狼 地果て海尽きるまで

日本映画では破格の30億円、オールモンゴルロケで敢行され、モンゴル帝国を統一した”チンギス ハ~ン”の生涯を描いた歴史大作です。

角川映画なので、どんな風合いの作品だか予想は出来るのですがレンタルせずにはいられませんでした。

で、早速鑑賞すると・・・・

やっぱり予想した通り、角川の美学を前面に押し出した内容でした。

って事で簡単に内容を

モンゴル部族の長であるイェスゲイ(保阪尚希)と妻ホエルン(若村麻由美)の間に、男の子が生まれテムジンと名づけられた。

後にチンギス・ハーン(反町隆史)となるその子どもは、鋭い眼差しの持ち主で、手には赤い斑点(はんてん)がついていた。

部族間の対立が激しさを増す中、テムジンは“蒼き狼”の血を受け継ぐ者としてたくましく成長していった。

001









いやぁ~壮大なモンゴルの風景を存分に堪能でき満足できましたが、ストーリーが・・・・

緊張感がないと言うか深みがないと言うかペラペラな感じがしました。

これはテーマや主張がはっきりしなかったからで、”女性の尊厳”、”友情の重さ”、”親子の絆”などが描かれてましたが、1つどれかを前面に出して描けばメリハリもついたと思います。

そんな中、エキストラを大量に動員した戦闘シーンなどは見応えあり、よかったです。

ただ他には・・・・

印象に残ったシーンなどが皆無でエンディングを向かえ終わってました。

う~ん残念な作品でした。

久しぶりに映画の話題を更新しましたが不完全燃焼だった映画でした。

2008年1月28日 (月)

カードショー in 両国

昨日ですが恒例のカードショーが両国にて開催されました。

今回は福パックを目当てに意気込んで行ったのですが・・・・

いつもの福パックは購入できませんでした。

なので他の2名のディーラー様の福パックを20パック程購入しました。

そこにはルーキー(Bowman系)のAutoカードとスイスポのAutoカードが多くインサートされてました。

1パック¥500でAutoカードがGetできるなんて・・・・

このカードショーならではですよね!!

本日はその中でも特にGet出来て嬉しかったカードを紹介します。

そのカードとは・・・・

これだぁ~!!



















Img718


2007 Topps '52 #31

桑田投手のルーキーカードです。

彼のMLBカードは初Getで、どのAutoカードよりも嬉しかったです。

UDでもToppsでも構いませんが彼のAutoカードがリリースされれば嬉しいのですが・・・・

やっぱ無理ですかね!!

とにもかくにもマイナー契約してメジャーに再挑戦している姿を見ていると”ガンバレ”って応援したくなります。

2008年1月25日 (金)

先発投手は・・・??

3月に東京ドームで行われるメジャーリーグの開幕戦、ボストンvsオークランドの1戦ですがオークランドの先発予定選手が発表されてました。

まず第一戦ですが・・・・

この投手のようです。

Img717
















2006 Flair Showcase Fresh Ink

ジョー・ブラントン投手です。

このカードはカードショーの福パックでGetしたモノです。

このカードを見るとブラントン投手ってムッチリしており、熊のぬいぐるみみたいですよね!!

そんな投手に不向き??な体型ながら、ここ3年間は安定した成績(12勝、16勝、14勝)を残しており、今ではチームのエースです。

相手は20勝投手のベケット投手じゃないかと予想できるのでゲームを面白くする為にも安定したピッチングを期待してます。

そして出来ればナマでその勇姿を見たいと思っているのですが・・・・

如何せんチケットが手に入るかどうか??

なんとかしてチケットを手に入れたいと思っています。

2008年1月22日 (火)

今年最初のあれは・・・・

昨日の話ですが私が今年初めてGetした例の選手のAutoカードが到着しました。

今年も予算と時間が許す限りコレクションを充実しようかと思っています。

このカードはその第一歩って事です。

それでは早速カードを紹介します。

それでは・・・・





















どうぞ!!



























Img716

















2007 Topps Sterling 57HR's Autographs

バクチ箱として有名なSterlingのパッチAutoカードです。

このブランドはやっかいでアレックスのAutoカードだけでも何種類も存在しています。

その中でも一番の目玉はジャンボ・パッチのAutoカードで、一枚だけ某アメリカのオークションサイトで見かけましたがとても手が出せる価格ではありませんでした。

10枚しか存在しないのでGetできるかわかりませんが・・・・

是非ともGetしたいカードです。

それにしてもアレックス!!

もっと丁寧にサインしてくれや!!

いくら払って箱開けしているのか、わかってんのか??

なぁ~んて言っても私は一箱も開けてませんが・・・・

今年も オークション>>箱開け の方向でコレクションして行く予定です。

箱開けは楽しいのですが、高級版ばかりで庶民には高嶺の花です。

2008年1月20日 (日)

ハイド・アンド・シーク (暗闇のかくれんぼ)

名優デニーロ、天才子役ダコタ・ファニング主演のサスペンス映画で古くは『シャイニング』、最近の作品では『アメリカン・サイコ』や『シックス・センス』などに通ずる作品って印象でした。

この3作を羅列すれば、どんな内容でどんな結末だったかバレバレですかね??

って事で早速簡潔に内容を

母の自殺以来、心を閉ざした9歳のエミリーは、心理学者の父デビッドとともにニューヨーク郊外へ引っ越した。

デビッドはエミリーに友達を作るように仕向けるが、エミリーは誰にも心を開くことはなく、見えない友達「チャーリー」とだけ遊ぶようになる。

戸惑いながらも、エミリーの空想を静観することにしたデビッドだが、やがてチャーリーの存在は、彼らの生活を脅かしていく。

娘を救うため、デビッドはエミリーの心の闇を解明しようとするが…。

001









全ての鍵はエミリーが空想している友人チャーリーなる人物なのですが・・・・

中盤くらいで全ての謎がバレバレになり、後はグズグズの展開になってしまいます。

ただこの2人、凄味のある演技が作品を救っている感じがしました。

やっぱり2人とも名優ですね!!

まぁ強引に幽霊や悪魔の仕業ってオカルトやホラー系の方向に行かなかっただけよかったのかもしれませんが

このような作品では驚くような展開が結末がないと評価が低くなってしまいます。

まさしくそんな感じの作品でガッカリでした。

2008年1月17日 (木)

300 (スリーハンドレッド)

ストーリーはともあれ素晴らしい映像で槍や矛を使った古典的な戦いを表現していた作品で血を滾(たぎ)らせずにはいられませんでした。

どこを見ても男、男、筋肉、筋肉で汗や血の臭いが伝わってくるようでした。

こんな作品好きですねぇ~

なんて言っても私はオネエマンじゃありませんよ!!

念のため・・・

って事で簡単に内容を

紀元前480年。スパルタ王レオニダスのもとに、圧倒的な軍力を誇るペルシア帝国・クセルクセス王の遣いがやって来た。

曰く、土地と水を差し出さなければ、国を滅ぼすという。

しかしレオニダスは遣いを葬り去り、ペルシアと戦う道を選んだ。

託宣師のお告げも無視し、テルモピュライでの決戦に挑むスパルタの精鋭たち。

その数はたった300人。

対するペルシアの軍勢は、なんと100万の大軍だった…。

※公式サイト

http://wwws.warnerbros.co.jp/300/

001_4












サイや象なんかも出てきて、”こりゃ強敵だ”なんて思った途端に自滅する様なんか・・・・

お笑いなのかと勘違いしました。

またアジアの奴隷の部隊だなんて登場するのが忍者モドキの面々!!

しかも弱い事弱い事

なんの戦力にもなってませんでした。

CGを駆使して独特の世界観を創造(つく)っているのですが、全くリアリティーを感じさせませんが、そこが逆によかったです。

テルモピュライの戦いを題材にした作品なんだろうけど、まったくのフィクションで史実とは関係なく鑑賞しないと楽しめない映画です。

ただストーリーは・・・・

あってないような感じですので密度の濃い作品が好きな方にはお薦めできません。

私は充分楽しめましたが・・・・

2008年1月16日 (水)

777Town始めました。

昨年末から入会して最近嵌(はま)っているのがスリーセブンタウンドットネットと言うゲームサイトです。

このサイトは”パチスロ北斗の拳”で有名なSammyさまが主催しており、パチンコやパチスロの実機が約60種楽しめます。

当初、ホールは面白くもない5号機全盛で行く気がしないので、このサイトでちょっと遊べればなんて軽い気持ちで入会したのですが・・・・・

これが実戦さながらで面白いんです。

例えばエリアの中には数十店舗が時間差で営業しており開店前なんかは並んだりするんです。

そして目当ての台を探し打つんですがグラフィックも実機そのもので懐かしくも感じます。

またこのサイトではWatなる通貨でアイテムも購入でき、更に奥行きを増しているのです。

まぁアイテムを購入するにはお金が必要ですが、実際にホールへ行って遊ぶよりも手軽です。

更に凄いのがアイテムをGetするには福袋を購入しなければならず、それを開封してアイテムをGetするシステムになっている事で、しかも不要なアイテムはトレードする事も可能なんです。

なんだかトレーディングカードの楽しみ方と酷似しており、すっかり嵌ってしまいました。

もちろんアイテムの中には幻と言われるレア・アイテムの存在なんかもあります。

初心者の私には雲の上のアイテムですが・・・・

新基準の6号機が出るまでは、これで楽しもうかと思っています。

2008年1月14日 (月)

アイ・アム・レジェンド (I am Legend)

連休だったので格安のレイト・ショーにてアイ・アム・レジェンドを観てきました。

大傑作『地球最後の男』のリメイクだと聞いていたので、かなり期待してたのですが・・・・・

期待が大き過ぎたようです。

でも楽しく鑑賞できました。

なんでゾンビが出てくるんですから

てな事で簡単に内容を

2012年、人類が死滅してしまった地球でたった1人、有能な科学者のロバート・ネビルだけが生き残る。

彼は究極の孤独と闘いながら、愛犬サムとともにほかの生存者の存在を信じて無線で交信を続ける。

太陽の光が消え去ると、いっせいにうごめき出す不気味な影、“ダーク・シーカーズ”の脅威と闘いながら、途切れそうになる希望をたぐり続ける日々。

そんなある日、ネビルは、ある驚くべき事実に気づく。

001














001_2










大都会に全然人がいないと不気味でねぇ~

で、前半は1人残ったロバートの日常生活を淡々と描いてます。

中盤から物語は加速してどんどん進行していくのですが、私が納得できない行動を次々ととるので興ざめしました。

しかも無茶な行動をとり絶体絶命になったところで親子が登場!!

有り得ません。

この後半部分が面白ければ・・・・

ただゾンビ映画好きとしては、驚かすシーンも絶妙でよかったです。

ゾンビ映画が好きでない方には不評な作品じゃないかと思いました。

2008年1月13日 (日)

届いてました!!

友人のK氏から『トップスのRedemptionが戻ってきてるよ!! 現物がない時は代替だけど・・・』との話を聞き、はや数週間たちますが、我が家にもついにトップスからカードが戻ってきました。

随分前になりますが2006 Bowman SteringのジャージAutoを2枚(選手はAnthony Reyes)送ってました。

Reyes選手と言えば昨年スターターとして期待されるも2勝14敗、防御率6.04でマイナー落ちした選手で、代替でも全然OKって感じでした。

いやいや逆に”代替であってくれ!!”って感じでした。

そんな期待感を抱いて2枚の封筒を開けると・・・・・
















ガ~ン!!!




















Img715






























代替ではなく彼がぁ~

ひょっこり顔を出して”こんにちは”してました。

本来なら送ったカードが正しく帰ってきたので喜ばなければならないのですが・・・・・

素直に喜べない自分がいました。

まだ4枚ほど送っていないド・コモンAutoのToppsレデがありますので近々送ってみようと思っています。

2008年1月11日 (金)

13/ザメッティ 

深夜番組を観ていた時に頻繁にCMしていた作品で、DVDでリリースされたら鑑賞しようと思っていました。

全編白黒映像って言うのも臨場感があり好印象でした。

特にロシアン・ルーレットのシーンなんか緊迫感がありハラハラドキドキでした。

なんて言っても、これが核の部分で、その他は刺身のツマのようなものですから・・・・

そんな事で簡単に内容を

セバスチャンは、屋根の修理で得るわずかな収入で家族を養っていた。

ある日、仕事先の家主フランソワの下に友人が金の無心に来た。

セバスチャンに払う修理代さえままならないフランソワだったが、大金を手にする方法があると、妻や友人たちに漏らしていた。

数日後、その方法を告げる“封筒”が届くが、日頃から麻薬漬けのフランソワは、過剰摂取で死んでしまう。

儲け話が気になったセバスチャンが、“封筒”を開けると……。

001











いやぁ~やっぱり人間って金の魔力に弱いもので、普通の青年が命がけのロシアン・ルーレットに参加しちゃってます。

他にも12名、計13名の猛者が参加しているのでザメッティって事のようで、安易なタイトルだなぁ~なんて感じました。

マフィアなどが企画して実際に行われていてもおかしくない設定だったし、何よりも死に対峙した人間の行動がリアルに描写されていました。

ハラハラドキドキを体感したければ絶対に借りでしょう!!

助言ですが前半部分は早送りした方がいいかもしれません!!

2008年1月 9日 (水)

今年もマイナー契約からのスタート!?

1月6日のパイレーツの公式ホームページでキャンプの招待選手として桑田投手の名前を掲載したようです。

球団側からや本人からの契約発表はありませんが、これで昨年同様マイナー契約からメジャー昇格を目指す事になりそうです。

ファンとしては嬉しい限りです。

またあの勇姿を見れるかと思うと、応援しないわけにはいきません!!

てな事で本日はこんな物を紹介します。

それでは・・・・


















どうぞ!!



















408















桑田投手のサインボールです。

ただ・・・

直筆のサインボールではなく、数年前にカルビーのプロ野球チップスの交換券を送ってGetした印刷サインのボールです。

昨年末の大掃除で発見したモノで押入れの奥のほうに鎮座してました。

今年こそは体調を万全にしメジャーで活躍する姿を見たいと思ってます。

ガンバレ!!

桑田!!

2008年1月 8日 (火)

グリズリー・レイジ

久しぶりにアニマル・パニック物が観たいと思いレンタルした作品だったのですが・・・・

やっちゃいました!!

これ程チープな作品がCG全盛の現在にも存在したんだと感心するばかりでした。

って事で簡単に内容を

ハイスクールの卒業旅行に車でキャンプ場に向かったローレンらの4名は、目的地に向かう途中で悪ノリからサラナク・グロットという、閉鎖中で立ち入り禁止の自然公園へと向かう事になる。

しかし山道でスピードを出しすぎた彼らは、途中で誤ってグリズリーの子供を轢いてしまうという事故を起こす。

事故によって車が道から逸れて故障し、携帯電話も通じない森の中で途方に暮れる彼らだったが、そんな彼らの元に子供を殺されて怒り狂った母熊が迫りつつあったのだった。

そして彼らと熊の壮絶な戦いがはじまるのである。

001_3























いやぁ~このパッケージに完全にやられました。

なんせ熊と人間が格闘するシーンなんて皆無なんですよ!!

節目節目に何処か(you tube? ニコ動??)で拾ってきたような熊が立ち上がり吼えるシーンを挿入し恐怖を煽っているだけで・・・・

唯一、接触したらしきシーンと言えば体当たりしたり乗っかったりして車を壊す箇所だけでした。

よって緊張感もスリルもなく終わってました。

また若者4人が・・・・

煮え切らない!!

有り得ない!!

行動ばかりしているんですよ!!

これだけ痛い作品は久しぶりでした。

私が思っていた通りと言うか希望していた通りの展開でラストを迎えたのが唯一の救いでした。

こんな物好きいないと思いますが、もし私がどんなラストが好きか知りたければ是非ご覧下さい。

一緒にやられましょう!!

えっ

嫌だって・・・

そうですよね!!

2008年1月 6日 (日)

東京タワー オカンとボクと、時々オトン

友人のK氏から小説を借りて読み号泣した、私にとってのベストセラー作品が映画化されたとなれば観ない訳にはいかずレンタルして鑑賞しました。

本当は劇場で観たかったのですが、おっさんが映画館で号泣なんて見苦しいと思いレンタル開始まで待ち続けていました。

それだけ期待していた作品ですが、オダギリジョーさんや樹木希林さんの好演で、より素晴らしいものに仕上がっていたと感じました。

この作品を観るといつもお袋の顔が浮かび親孝行しなくちゃと思っちゃうんです。

って事で簡単に内容を

1960年代。3歳のボクは、遊び人のオトンを捨てたオカンに連れられ、小倉から筑豊のオカンの実家に戻ってきた。

オカンは女手ひとつでボクを育てた。

オカンの作る美味しいご飯を食べて、ボクは成長した。

15歳になって、ボクはこの町を出て行きたくなった。大分の美術高校に入学し、東京の美大をなんとか卒業するが、仕事もせずに、仕送りしてもらい、更に借金を重ねていた。

そんな中、オカンが癌に侵されていることが分かった。

001_2








やっぱり母親の存在は大きいですわ!!

それを如実に示した作品で私には評価出来ない作品です。

ぶっちゃけちゃうと殆どの人が経験し通る道で特別な出来事は何もないのですが・・・

それが特別なんですかね??

また時代背景も自分にはピッタリで幼少時の貧乏だったけど温もりのあった生活を思い出させてくれました。

この辺はオールウェイズにも通じるところがあるのですが

とにかく私にとっては大切なものを思い起こさせてくれる貴重な作品です。

2008年1月 4日 (金)

今年こそは・・・

新年第2弾も昨シーズン不本意な成績で終わり、今年こそと期待している選手のカードを紹介します。

いつものあの選手なので”またかよ!!”なんて突っ込みは無しでお願いします。

それでは早速いきます!!


















本日



















紹介する






















カードは
























これです!!



























Img714































1999 Team Best Autographs

画像の掲載方法を変えたのですが・・・・

如何ですか??

それは良いとして、やっぱりJDドリュー選手でした。

ちなみにこのカードはDN様からトレードして頂いたカードです。

カードの価値は交換したその当時から考えると1/3程度に下落しています。

ただマイナーブランドながら彼のファーストAutoなのでコレクターとしては抑えておきたいカードなんです。

それにしても昨シーズンはチームがワールドチャンピオンになったので難を逃れましたが、途中で敗退していたら真っ先にスケープゴートにされていた選手の1人だった思います。

今年こそはと言いたいところなのですが・・・・・

たしか昨年も同じような事を言って裏切られたような気がしてなりません!!

ボストン2年目の今年こそは周囲が納得する成績をおさめて欲しいと思ってます。

もうこの台詞何回言ったか・・・・

あぁ~寂しい!!

2008年1月 2日 (水)

ザ・シューター/極大射程

ツタヤにてパッケージを観て興味が沸きレンタルした作品で爽快なアクション映画だと思いきや・・・・・驚く事にサスペンスの要素もあり、ある意味裏切られた作品です。

そんな事言ってもアクションがメインで勧善懲悪なストーリーなので爽快感がありましたがラストに関しては不満が残りました。

って事で簡単に内容を

元海兵隊の名狙撃手、スワガー。軍を退いて山奥で暮らしていた彼の元を、退役したジョンソン大佐らが訪ねてきた。

彼は大統領暗殺の動きがあることをスワガーに話し、その阻止を手伝ってほしいという。

スワガーは大統領の遊説先を狙撃手としての経験を活かして調査し、唯一と思われる狙撃ポイントを発見。

演説当日も大佐らとともに、現場の見張りについた。

すると銃声が鳴り響いた…撃たれていたのはなぜかスワガー自身だった。

001










スナイパー(主人公)が放つオーラが凄まじく緊張感を持って鑑賞できましたが・・・・・

ラストはいかんですよ!!

水戸黄門的って言うか政治的な決着で終わらせたら、前の派手なアクションシーンが掠(かす)れちゃってます。

ここはド派手に悪役どもを1人ずつスナイプして暗殺するってストーリーの方がスッキリしたような気がします。

無理な話ですが・・・・

まぁスッキリしたい時はこの手の映画が一番なのは周知の事実ですよね!!

色々書きましたが私もこの作品を観てスッキリしました。

2008年1月 1日 (火)

アレックスはアレックスでも

あけましておめでとうございます。

本年も宜しくお願い致します。

って事で2008年シーズンが始まりましたね!!

本年、一発目はやっぱカードの話題だろって事で

本日は”今年こそはやってくれよ!!”って期待している選手のカードを紹介します。

今年も変わり映えしませんが、行きますよぉ~!!

本日、


















紹介する・・・・






























カードは・・・・


























これだぁ~!!






























どぉ~ん!!






























Img713
















2006 Bowman Chrome Prospects RC AU #221

アッレクス・ゴードン選手で、このカードは彼のルーキーAutoカード、ビックリマンで225枚限定です。

そうです!!

デビュー前からトップス社からリリースされたエラーカード騒ぎ??(真ん中が切り取られたカットアウト版)などもあり話題を独り占めしていた選手です。

このカードは昨年の11月頃の暴落真っ最中に購入したカードでプライス的には底だろと思っていたのですが・・・・・

甘かったです!!

その後も暴落しており、上記のカードは今月の厚ベケを見ると▼125-175となってました。

昨年のシーズン前には考えられない数字で、大暴落を絵に描いたようなカードです。

ちなみに今シーズンの成績は151試合に出場し

打率.247、60打点、15本塁打と新人にしては、まずまずだったのですが、期待の大きさを考えると物足りない数字でした。

ただ

彼の能力はまだまだ存分には発揮してないと信じているので、今年こそは打率3割超えを果たしホームラン40本以上を期待したいです。

なんせ2006年はAAで打率.329、101打点、29本塁打を記録しマイナーリーグのMVPを獲得した実力者なんですから・・・・

えっ!!

”それはマイナーでの成績でメジャーで通用するかとは関係ないだろ!!”

それを言われたら、言い返す言葉がありません。

それでも今シーズンこそと期待せずにはいられない選手の1人です。

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »