Alex Rodriguez auto card Gallery 2007年11月更新

  • 2007 Topps Alex Rodriguez Road to 500 Autographs
    ライフワークとも言えるAlexRodriguez選手のAutoカードのコレクションです。 本ブログにて紹介してきたカードをUPしていきます。

日本人プレイヤーGallery 2007年12月更新

  • 2007 Bowman RC AU #219c
    手元にある日本人プレイヤーのカードを紹介します。 とりあえずこのブログで紹介したカードから順に並べていきますがその後は不定期に更新するのでご覧下さい。

JD Drew Card Gallery(不定期に更新します)2007年11月更新

  • 2000 Fleer Focus Fresh Ink
    JDドリューに関してはレギュラーカードからフルコンプを目指しています。 とは言っても最近レギュラーカードにもリストアップされない事が多いので残念です。

任務完了Ⅰ 2000 Topps HD

  • 2000 Topps HD Cal Ripken Jr
    2枚でコンプリのこのシリーズですが、ジーターが1:859、リプケンが1:4386と高オッズのカードです。

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

おすすめのリンク

« 検屍官 沈黙する死体 | トップページ | 往年の名カードが我が家に »

2007年11月25日 (日)

開封結果 2006 Topps Co-Signers編

本日は両国でカードショーがありました。

気心の知れた仲間達と野球談義に花が咲き有意義な一日でした。

また2階のショップでは数ブランドのカードがディスカウントさており、色々迷いましたが2006 Topps Co-Signersを1ボックスを持ち帰りました。

この年のこのブランドは1ボックスに2枚のAutoカード及び1枚のDual Autoカードが保障されており、運がよければDualカッツやA-Rod絡みのAutoカードをGetできます。

それでは早速いきます。

まずはインサート

Autoカードが出現しないパックからシリアル入りカードが各々1枚出てきて計9枚Getしました。

内訳は150枚限定カードが3枚、125枚限定カードが2枚、115枚カードが1枚、75枚限定カードが2枚、50枚限定カードが1枚でした。

画像紹介は割愛させて頂きその中の1枚だけ紹介します。

Img687


















2006 Topps Co-Sigenrs Changing Faces Silver Gold

イチロー選手、ベルトレイ選手のインサート・カードで50枚限定カードです。

何はともあれイチロー選手のカードが引けたのは嬉しいですね!!

たとえそれがクソ・インサートだとしても・・・・

続いてはAuto部門で、まずはこれです。

Img688









2006 Topps Co-signers Autograph (RC)

一瞬ピンストライプのユニフォームが見えたのでギョっとしたのですが横型のAutoだと言う事実に気がつきガックリしたカードです。

で肝心の選手ですがDarell Rasner投手で成績は4月、5月、6試合に先発として登板し1勝3敗、防御率4.01でした。

実際にピッチングを見たことがないので???な選手ですがヤンキース所属って事で期待したいと思います。

続いてはこれです。

Img689









Topps Co-Signers Autograph (RC)

序盤戦でホームランを連発したレンジャースの若き二塁手です。

結果的にはホームラン20本でシーズンを終了(打率.263、打点61)しましたが今後期待できる選手だと思います。

また未所有のAutoカードだったのでマイコレ確定です。

次はラストでDual部門です。

それでは早速いきますよぉ~






















私が・・・・

































引いたカードは


































これだぁ~!!








































Img690









2006 Topps Co-signers Dual Autographs

こんなに引っ張ってこれかよ!!なんてクレームが出そうな一品でFrancisco Liriano選手及びErvin Santana選手のAutoカードでした。

今シーズンは2人ともチームに貢献できなかった不吉な組み合わせのカードです。

サンタナ投手はコンスタントに先発しましたが7勝14敗、防御率5.76と散々でした。

一方のリリアーノ投手はご存知のように故障により登板なしでした。

安売りで購入したボックスだったので”まぁこんなもんだろ”と納得できる結果でしたが、通常の価格で購入していたら目も当てられない結果でした。

明日はカードショーの第2弾、某ディーラーさんの福パックから引き当てたカードに関して紹介したいと思ってます。

それでは

« 検屍官 沈黙する死体 | トップページ | 往年の名カードが我が家に »

トレーディングカード」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

開封結果」カテゴリの記事

MLB」カテゴリの記事

コメント

ラズナーいいですね。
デュアルは…、あの値段ですから良しとしましょう。
とりあえずお疲れ様でした。

ayasam様
たしかにあの価格だったので、どうにかって感じですよね

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148904/17190428

この記事へのトラックバック一覧です: 開封結果 2006 Topps Co-Signers編:

« 検屍官 沈黙する死体 | トップページ | 往年の名カードが我が家に »