Alex Rodriguez auto card Gallery 2007年11月更新

  • 2007 Topps Alex Rodriguez Road to 500 Autographs
    ライフワークとも言えるAlexRodriguez選手のAutoカードのコレクションです。 本ブログにて紹介してきたカードをUPしていきます。

日本人プレイヤーGallery 2007年12月更新

  • 2007 Bowman RC AU #219c
    手元にある日本人プレイヤーのカードを紹介します。 とりあえずこのブログで紹介したカードから順に並べていきますがその後は不定期に更新するのでご覧下さい。

JD Drew Card Gallery(不定期に更新します)2007年11月更新

  • 2000 Fleer Focus Fresh Ink
    JDドリューに関してはレギュラーカードからフルコンプを目指しています。 とは言っても最近レギュラーカードにもリストアップされない事が多いので残念です。

任務完了Ⅰ 2000 Topps HD

  • 2000 Topps HD Cal Ripken Jr
    2枚でコンプリのこのシリーズですが、ジーターが1:859、リプケンが1:4386と高オッズのカードです。

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

おすすめのリンク

« 開封結果 2006 Topps Co-Signers編 | トップページ | パフューム ある人殺しの物語 »

2007年11月26日 (月)

往年の名カードが我が家に

本日はお約束通り昨日の続きでカードの話題です。

両国にてショーがあるたびに数パック購入するY氏の福パックが大人気で開始10分程度で売り切れていて買えずじまいでした。

よって前回紹介したマッティングリーのニックネームを引いた事があるN氏の福パックを購入しました。

色々なレアカードがあるなか私が引いたベスト・カードは90年代中盤頃からコレクターだった方にはなんとも懐かしいカードで、手に取ったときは感動すら覚えました。

私がカード収集を始めた時の事なんかを回想させてくれたカードで、間違いなく我が家の家宝確定です。

あくまでも個人的な思い入れで”なんでこんなカードが家宝”なんて意見もあるかと思いますが・・・・

それでは早速そのカードを紹介します。

それでは・・・・・




















どうぞ!!

































Img683






















1997 Pinacle Certified Mirror Gold #149

オッズ1:299でシリアルこそないものの30枚限定の当時大人気だった野茂投手のパラレル・カードです。

私が本格的にメジャーのカードを買い始めたのが1998年なので、それ以前にリリースされたカードで当時は手に入るなんて考えもしなかった一品でした。

それが約10年の時を経て我が家にやってきました。

参考までに1998年に出版されたドリーム・カード・コレクションって雑誌にも記載があります。

Img684




































左上に記載されている番号②のカードです。

各カードにゴールド、ブルー、レッドと3種類のパラレルが存在し、その中でも頂点を極めたのがゴールド・パラレルです。

で、左に各カードの注釈が書いてありますが、それを拡大したものがこれです。

Img685_2

















なんと1998年当時は、このカードが$400ものプライスが付いていました。

まぁノモマニアなる彼のヘビー・コレクターが国内に留まらず海外にも多数存在していた時代で、私はこの雑誌を見て”所詮庶民の私には高嶺の花のカードだよな”なんて思ってました。

そんな思いがあるからこそ、これと対峙した時に平常心ではいられなくなるのです。

約10年経過した今では遥か昔の話のように感じますが・・・・

今考えると1995年から始まった野茂フィーバーって凄まじかったんですよね!!

このカードを眺めていると野茂選手の功績や貢献って多大なモノだったと思い、改めて敬意を表したいと感じました。

« 開封結果 2006 Topps Co-Signers編 | トップページ | パフューム ある人殺しの物語 »

トレーディングカード」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

MLB」カテゴリの記事

コメント

おー今の時代の福パックに入っているとはスゴイですねえ~

と言う私も2001年頃から収集を始めている為、当時を立ち会ったわけではないのですが、私のカードの師匠にあたる人からどれだけスゴイカードかというのをたくさん聞いている為、感心してしまうカードです。

私も欲しいですねえ(^^)

kasa☆hara様
今ではベケットのプライスを見ると手に入らないような高価なカードじゃありませんが市場に流通する事があまりないので、そう言った意味ではレアカードなのかもしれません

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148904/17188791

この記事へのトラックバック一覧です: 往年の名カードが我が家に:

« 開封結果 2006 Topps Co-Signers編 | トップページ | パフューム ある人殺しの物語 »