Alex Rodriguez auto card Gallery 2007年11月更新

  • 2007 Topps Alex Rodriguez Road to 500 Autographs
    ライフワークとも言えるAlexRodriguez選手のAutoカードのコレクションです。 本ブログにて紹介してきたカードをUPしていきます。

日本人プレイヤーGallery 2007年12月更新

  • 2007 Bowman RC AU #219c
    手元にある日本人プレイヤーのカードを紹介します。 とりあえずこのブログで紹介したカードから順に並べていきますがその後は不定期に更新するのでご覧下さい。

JD Drew Card Gallery(不定期に更新します)2007年11月更新

  • 2000 Fleer Focus Fresh Ink
    JDドリューに関してはレギュラーカードからフルコンプを目指しています。 とは言っても最近レギュラーカードにもリストアップされない事が多いので残念です。

任務完了Ⅰ 2000 Topps HD

  • 2000 Topps HD Cal Ripken Jr
    2枚でコンプリのこのシリーズですが、ジーターが1:859、リプケンが1:4386と高オッズのカードです。

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

おすすめのリンク

« CE4 エイリアン・アブダクション | トップページ | 踏みとどまった!! »

2007年10月17日 (水)

ラッキーナンバー7

ジョシュ・ハートネット、ブルース・ウィリス、モーガン・フリーマン、ベン・キングズレー、スタンリー・トゥッチ、ルーシー・リューと豪華キャストを配した作品で、大物俳優陣が散りばめられた作品は脚本が??の場合が多いので好きではないのですが、友人から”なかなか面白い作品だよ”と聞かされていたので鑑賞しました。

ツカンポな男の話で職は失うは彼女には浮気されるは友人宅に向かえば強盗に遭遇するわで最悪なんです。

挙句の果てには・・・・・

友人と間違いられてマフィアのボスに借金のカタに殺人を強要され、敵対しているもう一方のマフィアのボス、ラビからは借金を2日後までに返済しろと脅される。

八方塞りのこの男に活路はあるのか?

なんてストーリーなんですが、後半はどんでん返しの連続でなかなか面白かったです。

って事でもう説明しちゃいましたが簡単に内容を

空港のロビーで、青年の前に現れた謎の車椅子の男。

男は、20年前の幸運のナンバーにまつわる残酷な物語を語り始める。

一方、NYのアパートではスレヴンとリンジーが偶然の出会いを果たす。

不運続きのスレヴンは、友人を頼ってNYに来たのだという。

ところが友人は姿を消し、スレヴンは敵対するギャング、“ボス”と“ラビ”の争いに巻き込まれる。

そしてその影には、あの空港の男-凄腕の暗殺者グッドキャットがいるのだった…。

※公式サイト

http://www.lucky-movie.jp/

001


















先がまったく読めない感じじゃないので、ある程度は予測できるのですが、わかっていても面白かったので脚本が優れているんだと思います。

ただ・・・・・

この作品の根幹になる部分があるのですが、この部分に関して何も説明がないのがもどかしかったです。

できればその部分(あえて公表しません)は細かい説明が欲しかったです。

スレブンとセブンでなんて納得しませんよ!!(笑)

ラストが爽快だったのはよかったです。

何だか訳もわからない状態でエンディングを迎える作品ばかり観ているせいか、これはある意味新鮮でした。


冒頭部です。

いきなりショッキングなシーンから始まりチャラチャラした作品だと思っていた私の度肝を抜きました。

これを観て

『おっ! 面白そうだぞ』

なんて思いました。

ダチョウ倶楽部じゃないけど”つかみはOK!!”でした。

お薦めできる作品です。

« CE4 エイリアン・アブダクション | トップページ | 踏みとどまった!! »

映画 ら行」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

途中でわかっちゃいました r(^~^*)
でも面白かったです

殺し屋役だったブルース・ウィルスのドスの効いた演技に1票

kimi様
色々と伏線がありましたよね
ただネタがわかってしまったkimi様の洞察力はなかなかのものだと思います。

パンク様
渋い演技で存在感を示してましたね
まさにゴルゴ13を彷彿とさせるような

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148904/16461862

この記事へのトラックバック一覧です: ラッキーナンバー7:

» “流し目王子”早乙女太一、渋谷で流し目 [“流し目王子”早乙女太一、渋谷で流し目 ]
大衆演劇の人気俳優、早乙女太一(本名・西村 太一)。16歳にはとてもじゃないが見えない妖艶な色気を放ち、女性よりも美しい、若手天才女形姿だ。「流し目王子」こと早乙女太一は、18日に発売する初の映像作品であるDVDの撮影で、ハワイに行ったそうだ。ハワイでは泳がれましたかとの質問に、「海は夜中に入りました。外人はガタイがいいので昼間は恥ずかしかった。僕は華奢なので・・・」と、まだ大人の声になってない、... [続きを読む]

« CE4 エイリアン・アブダクション | トップページ | 踏みとどまった!! »