Alex Rodriguez auto card Gallery 2007年11月更新

  • 2007 Topps Alex Rodriguez Road to 500 Autographs
    ライフワークとも言えるAlexRodriguez選手のAutoカードのコレクションです。 本ブログにて紹介してきたカードをUPしていきます。

日本人プレイヤーGallery 2007年12月更新

  • 2007 Bowman RC AU #219c
    手元にある日本人プレイヤーのカードを紹介します。 とりあえずこのブログで紹介したカードから順に並べていきますがその後は不定期に更新するのでご覧下さい。

JD Drew Card Gallery(不定期に更新します)2007年11月更新

  • 2000 Fleer Focus Fresh Ink
    JDドリューに関してはレギュラーカードからフルコンプを目指しています。 とは言っても最近レギュラーカードにもリストアップされない事が多いので残念です。

任務完了Ⅰ 2000 Topps HD

  • 2000 Topps HD Cal Ripken Jr
    2枚でコンプリのこのシリーズですが、ジーターが1:859、リプケンが1:4386と高オッズのカードです。

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

おすすめのリンク

« NANA2 (ナナ2) | トップページ | CE4 エイリアン・アブダクション »

2007年10月15日 (月)

値千金のホームラン!!

ナ・リーグのリーグ優勝決定戦でまたまたロッキーズが勝利しました。

これでレギュラーシーズンを含む過去21試合で20勝1敗と尋常ならぬ成績を収めています。

とりわけリリーフ陣を中心とした投手陣の踏ん張りがこれだけの成績をあげている要因だと思います。

本日の対ダイアモンドバックス戦でも結果的には相手打線を1点に抑えてチームの勝利を呼び込んでました。

そして本日のヒーローは何と言っても彼でしょう!!

と、言う事で本日はこんなカードを紹介します。










それでは・・














ドーン!!





















Img659

















2000 Bowman Draft Pics Autographs

ヨルビト(ヨービット)・トレアルバ選手です。

6回に放ったホームランは価値ある一発だったと思います。

レギュラー・シーズンでは4打席に1本しかヒットが打てない2割5分前後の選手にも関わらず、プレーオフに入ってからは3割8分も打っており絶好調です。

これでチームもワールド・シリーズ進出まであと1勝になりました。

今年はもしかしたらビッグ・サプライズがあるのかもしれませんね!!

なんせロッキーズがこれだけやるなんてシーズン前は考えた事がありませんでしたから・・・



彼を中心に撮影した動画です。

何でこんなものを・・・

なんて疑問符がつくモノですが、以外に足が速いのが伺(うかが)えます。

明日はいよいよ松坂選手の登板です。

どのようなピッチングを披露するのか楽しみです。

チームの明暗をわける大切な1戦だけに最低限でもゲームを作るピッチングは必須ですよね!!

虫除けスプレーも持参したようですし万全ですかね??

« NANA2 (ナナ2) | トップページ | CE4 エイリアン・アブダクション »

トレーディングカード」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

MLB」カテゴリの記事

コメント

ロッキーズ4連勝
レッドソックス3連敗

yama様
まだまだこれからですよ!!
第7戦まで縺れて松坂選手が登板する事を期待してます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148904/16771142

この記事へのトラックバック一覧です: 値千金のホームラン!!:

» 現役グラビアアイドルがAVデビュー発覚! [お宝動画日記]
その娘の名は 『橘 裕美』 って誰やねん!! 元グラビアアイドルを売りにして AVデビューする娘は最近多いが 彼女はアイドル時代の事を伏せて ひっそりとAVデビューしたのだ! [続きを読む]

« NANA2 (ナナ2) | トップページ | CE4 エイリアン・アブダクション »