Alex Rodriguez auto card Gallery 2007年11月更新

  • 2007 Topps Alex Rodriguez Road to 500 Autographs
    ライフワークとも言えるAlexRodriguez選手のAutoカードのコレクションです。 本ブログにて紹介してきたカードをUPしていきます。

日本人プレイヤーGallery 2007年12月更新

  • 2007 Bowman RC AU #219c
    手元にある日本人プレイヤーのカードを紹介します。 とりあえずこのブログで紹介したカードから順に並べていきますがその後は不定期に更新するのでご覧下さい。

JD Drew Card Gallery(不定期に更新します)2007年11月更新

  • 2000 Fleer Focus Fresh Ink
    JDドリューに関してはレギュラーカードからフルコンプを目指しています。 とは言っても最近レギュラーカードにもリストアップされない事が多いので残念です。

任務完了Ⅰ 2000 Topps HD

  • 2000 Topps HD Cal Ripken Jr
    2枚でコンプリのこのシリーズですが、ジーターが1:859、リプケンが1:4386と高オッズのカードです。

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

おすすめのリンク

« チェーン(Chain) | トップページ | あんまり書いてない選手2!? »

2007年9月 5日 (水)

カオス(Chaos)

個人的に好きな俳優さん2人が主演(ジェイソン・ステイサム、ウェズリー・スナイプス)している作品で、しかもサスペンス・スリラーなので一週間レンタルになったら是が非でも借りようと思っていた映画です。

映画の題名にもなっている通り、カオス理論を中心に様々な事件が発生し、2人の刑事が追いかけるなんてストーリーです。

参考までにカオス理論とは

決定論な動的システムの一部に見られる、予測できない複雑かつ不規則な様子を示す現象を扱う理論である。(Wikipediaより引用)

なんか訳のわからん方程式などもありチンプンカンプンですが、そんな知識がなくてもこの映画は楽しく観れますよ!

と言う事で簡単に内容を

シアトルの銀行を武装強盗団が襲撃し、リーダーのローレンツ(ウェズリー・スナイプス)は、交渉人にコナーズ刑事(ジェイソン・ステイサム)を指名する。

交渉中、一味は警察の裏をかいて逃走してしまうが、銀行からは何も盗まれていないことが判明。

コナーズは新米刑事デッカー(ライアン・フィリップ)と組み、不可解な事件を追うが・・・。

001



















いやぁ~前フリが長くて多い作品で前半部分は伏線ばかりで、何のこっちゃ理解できませんが・・・・

後半に入って前半部分の何のこっちゃが理解できるようになると共に、この映画の核に迫ってきます。

そして後半にサプライズが・・・・・

ただストーリーを丁寧に追っていれば中盤に伏線があるのでネタばれしちゃいます。

”もしかしたらこうなるんじゃない?”って思っていた通りの展開だったので驚きませんが斬新な結末だと思います。

主役級の語る意味不明な格言の意味が全て繋がるストーリーだったので私は満足してます。

この映画はあなたがどのくらい映画に集中しているかのバロメーターになる作品だと思います。

さぁあなたはどうでしたか?

« チェーン(Chain) | トップページ | あんまり書いてない選手2!? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

おいらも見ました
感想はブログで

パンク様
早速拝見しました。
やっぱりパンク様の嗜好と私の嗜好って近いものがありますね!!

トランスポーターが好きでステイサムさまが好きな私にとっては傑作です
彼の悪役ぶりも似合ってカッコよかったです

kimi様
見事にネタバレしてますよ(笑)
中盤に布石が多くラストが途中でわかってしまうのも問題ですよね
何もないと唐突過ぎてNGですが・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148904/16005147

この記事へのトラックバック一覧です: カオス(Chaos):

» 「ブレイド」のウェズリー・スナイプスに、ロス高等裁が約2億円の支払い命令 [営業ネタに使えるニュースマガジン]
『ブレイド(Blade)』などの出演で知られる米アクション俳優ウェズリー・スナイプス(Wesley Snipes、45)が、出演作のマネージメントを行った芸能プロダクションへの170万ドル(約1億9000万円)の支払い命令を、ロサンゼルス高等裁判所から受けました。スナイプスの広報担当が20日、明らかにしました。 2006年に、ユナイテッド・タレント・エージェンシー(United Talent Agency、UTA)はスナイプスに対し、『ブレイド3(Blade III)』、『カ...... [続きを読む]

« チェーン(Chain) | トップページ | あんまり書いてない選手2!? »