Alex Rodriguez auto card Gallery 2007年11月更新

  • 2007 Topps Alex Rodriguez Road to 500 Autographs
    ライフワークとも言えるAlexRodriguez選手のAutoカードのコレクションです。 本ブログにて紹介してきたカードをUPしていきます。

日本人プレイヤーGallery 2007年12月更新

  • 2007 Bowman RC AU #219c
    手元にある日本人プレイヤーのカードを紹介します。 とりあえずこのブログで紹介したカードから順に並べていきますがその後は不定期に更新するのでご覧下さい。

JD Drew Card Gallery(不定期に更新します)2007年11月更新

  • 2000 Fleer Focus Fresh Ink
    JDドリューに関してはレギュラーカードからフルコンプを目指しています。 とは言っても最近レギュラーカードにもリストアップされない事が多いので残念です。

任務完了Ⅰ 2000 Topps HD

  • 2000 Topps HD Cal Ripken Jr
    2枚でコンプリのこのシリーズですが、ジーターが1:859、リプケンが1:4386と高オッズのカードです。

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

おすすめのリンク

« 7月24日通りのクリスマス | トップページ | カオス(Chaos) »

2007年9月 4日 (火)

チェーン(Chain)

チェーンって聞くと連鎖などを連想しますが、この作品では束縛と言う意味合いがあり、1人の女性があるキッカケにより1人の男にストーカー行為をされるって感じの作品です。

それがそんじょそこらのストーカー行為じゃなく、目障りな奴らなんかすべて殺してしまう、クレイジーなスーパーストーカー?なんです。

よってストーリーなんかあって無いようなモノで、彼女がひたすら追われるだけのシンプルな作りに仕上がってます。

そんな作品ですが簡単に内容を説明すると

恋人・マイケルと共に山へバカンスにやって来たアン。

そこに突然、彼女と一夜限りの関係を持った男・クリスが現れ、マイケルを惨殺する。

逃走劇の末、捕らえられたアンが目を覚ますと、そこは山小屋で・・・

001_80
















なるほどパッケージを観ると借りたくなる気持ちがわかりますよね?

それにしても気晴らしに趣味でもあるマウンテンバイクを転がしに山なんかに行くから・・・・

こんな悲劇にあうんだよ!

なんて憤りを感じながら鑑賞してましたが、途中から作品自体に憤りを感じる自分がいました。

ただ茂みの中から出てくるかぁ~出てくるぞ~なんて思って観てたのでハラハラドキドキしましたが・・・

それで最後にスーパーストーカーの真の目的なんぞが分かってきて

”そんな事かい!”なんて思わずツッコミを入れてました。

巻き添えを食らって死んでいった人も浮かばれないよなぁ~なんて思いつつ、何故か悲しい気持ちになった作品でした。

ジャンジャン

« 7月24日通りのクリスマス | トップページ | カオス(Chaos) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

kimiもストーカー経験者なんです。
怖かったです。(。‐д‐)(・ω・`)

パッケージ 怪しい予感がしますね
人間の狂気の部分をえぐった作品だと思いました

kimi様
そうなんですか
怖かったですよね
日本では心の病が充満しているようで、何をするかわからない人間が溢れかえっているので気をつけないといけませんよね

パンク様
こやつはタチの悪いストーカーでしたよね
本当に狂気的な輩で・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148904/15639697

この記事へのトラックバック一覧です: チェーン(Chain):

» マウンテンバイクスポーツMTB [マウンテンバイクスポーツMTB]
マウンテンバイクとスポーツといえばレースでしょうか。累計で500万台ものマウンテンバイク(MTB)が販売されているそうです。プロのアスリートだけでなく一般の方でもマウンテンバイク(MTB)を娯楽というレジャースポーツとして楽しむ人が増えてきている証拠です... [続きを読む]

« 7月24日通りのクリスマス | トップページ | カオス(Chaos) »