Alex Rodriguez auto card Gallery 2007年11月更新

  • 2007 Topps Alex Rodriguez Road to 500 Autographs
    ライフワークとも言えるAlexRodriguez選手のAutoカードのコレクションです。 本ブログにて紹介してきたカードをUPしていきます。

日本人プレイヤーGallery 2007年12月更新

  • 2007 Bowman RC AU #219c
    手元にある日本人プレイヤーのカードを紹介します。 とりあえずこのブログで紹介したカードから順に並べていきますがその後は不定期に更新するのでご覧下さい。

JD Drew Card Gallery(不定期に更新します)2007年11月更新

  • 2000 Fleer Focus Fresh Ink
    JDドリューに関してはレギュラーカードからフルコンプを目指しています。 とは言っても最近レギュラーカードにもリストアップされない事が多いので残念です。

任務完了Ⅰ 2000 Topps HD

  • 2000 Topps HD Cal Ripken Jr
    2枚でコンプリのこのシリーズですが、ジーターが1:859、リプケンが1:4386と高オッズのカードです。

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

おすすめのリンク

« イーブル・ノート(Evil Note) | トップページ | 幸福のスイッチ »

2007年8月13日 (月)

いよいよ4ゲーム差

なんだかレッドソックスのリリーフ陣がガニエ投手が加入してからおかしな事になっています。

この日も8回に落とし穴が・・・・

タラレバになってしまいますが、ガニエ投手が加入する前は左右関係なく岡島投手が8回を任されていたと思います。

ところが右打者になったところでガニエ投手にスイッチして見事に同点2ランを食らってました。

もしスイッチしなければ・・・・

この為四球で出塁させたランナーが生還したので岡島投手にも失点1が記録されました。

ガニエ投手の調子ってかなり悪いようですね!

しかもチームもサヨナラ負け

まぁ不調のガニエ投手の起用法を考え、調子があがったところで大事な場面で起用すれば建て直しは簡単なような気がしますが・・・・

ヤンキースファンの私にとっては大人しく休んでいてくれ!って感じです。

一方、ヤンキースはどうしちゃったんでしょうか?

ここ30試合で22勝と完全に確変モード!

この日もインディアンズ相手に勝利しました。

本日はそんな好調のチームを引っ張っている選手のカードを紹介します。

そのカードとは・・・・・









これだぁ~!













ジャ~ン!




















Img610
















2003 SP Authentic Future Watch RC AU #181

松井選手のAutoカードであってルーキーカードでもある一品です。

ただ枚数が多いのでちょくちょく見かけるカードで、この前のカードショーでもある方が

『このカードって日本に溢れているよね!』

なんておっしゃってました。

私もうんうんと頷(うなず)くだけでした。

ちなみにこのカードは私が所有する松井選手のAutoカードの3枚目で、数年前にオークションで落札したモノです。

話は変わりますが今の調子なら地区優勝は無理でもワイルドカードでのポストシーズン進出は射程圏内です。

それより何より、あれだけ調子の悪かったチームがよくぞここまで盛り返したと思います。

これからが楽しみです。

« イーブル・ノート(Evil Note) | トップページ | 幸福のスイッチ »

トレーディングカード」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

MLB」カテゴリの記事

コメント

またここから突き放しますよ。

松井よ 大人しく眠ってろ

ayasam様
やっとヤンキースにも上昇気流の気配が・・・
これで楽しみが増えました。

yama様
松井火山 噴火寸前ですら (笑)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148904/16104135

この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ4ゲーム差:

« イーブル・ノート(Evil Note) | トップページ | 幸福のスイッチ »