Alex Rodriguez auto card Gallery 2007年11月更新

  • 2007 Topps Alex Rodriguez Road to 500 Autographs
    ライフワークとも言えるAlexRodriguez選手のAutoカードのコレクションです。 本ブログにて紹介してきたカードをUPしていきます。

日本人プレイヤーGallery 2007年12月更新

  • 2007 Bowman RC AU #219c
    手元にある日本人プレイヤーのカードを紹介します。 とりあえずこのブログで紹介したカードから順に並べていきますがその後は不定期に更新するのでご覧下さい。

JD Drew Card Gallery(不定期に更新します)2007年11月更新

  • 2000 Fleer Focus Fresh Ink
    JDドリューに関してはレギュラーカードからフルコンプを目指しています。 とは言っても最近レギュラーカードにもリストアップされない事が多いので残念です。

任務完了Ⅰ 2000 Topps HD

  • 2000 Topps HD Cal Ripken Jr
    2枚でコンプリのこのシリーズですが、ジーターが1:859、リプケンが1:4386と高オッズのカードです。

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

おすすめのリンク

« 756号出ちゃいました | トップページ | トランスフォーマー »

2007年8月 9日 (木)

ネメシス・ゲーム

都市伝説を描いたスリラー作品だと聞いて借りなければと思った作品だったのですが・・・・

冒頭の部分は期待させる内容で○だったのですが中盤くらいから???と感じ、〆の部分はグダグダでした。

まぁテーマが壮大すぎて本質には辿り着けないと思ってましたが、こんな結末が待ってようとは・・・・

これって映画として成立してない気がするのですが・・・

まぁここで簡潔に内容を

女子大生のサラは、奇妙なゲームにはまっていた。

地下鉄の壁に書かれた謎めいたクイズ。

クイズを解き壁に答えを書く。

するとまた、次のクイズが表れる。

一定量の問題を解くと、”この世界の謎”が解き明かされる。

それはマニアが“ネメシス・ゲーム”と呼ぶ、一種の都市伝説であった。

だが、彼女の密かな愉しみは、ある夜現実の恐怖と化す。

001_71

















どんな結末にせよ、この作品の核でもある”この世界の謎”の解明に関して少しでも触れて欲しかったですが、案の定何もなく、それを知っている人間は思わせぶりな発言ばかりでイライラしました。

都市伝説を扱っているので伝説で終わらせようとする意図がミエミエでした。

期待が大きかっただけに残念な作品です。

ただ実際に私の周りでこんなゲームがあったら間違いなく参加しているでしょう。

そんな私にも本作同様、悲惨な結末が待っているのでしょうね!

そう考えると怖くなってきました。

”君子、危うきには近づかず”

が無難なんでしょうかね?

« 756号出ちゃいました | トップページ | トランスフォーマー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

難解な感じでしたか?
こんな感じの映画は興味があります

kimi様
そんなに難解な感じではないのですが意味不明って感じですかね?
本文でも書いてますが”世界の謎”ってモノがどんなものなか知りたかったのですが肩透かしを食らった感じでBooでした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148904/15495426

この記事へのトラックバック一覧です: ネメシス・ゲーム:

« 756号出ちゃいました | トップページ | トランスフォーマー »