Alex Rodriguez auto card Gallery 2007年11月更新

  • 2007 Topps Alex Rodriguez Road to 500 Autographs
    ライフワークとも言えるAlexRodriguez選手のAutoカードのコレクションです。 本ブログにて紹介してきたカードをUPしていきます。

日本人プレイヤーGallery 2007年12月更新

  • 2007 Bowman RC AU #219c
    手元にある日本人プレイヤーのカードを紹介します。 とりあえずこのブログで紹介したカードから順に並べていきますがその後は不定期に更新するのでご覧下さい。

JD Drew Card Gallery(不定期に更新します)2007年11月更新

  • 2000 Fleer Focus Fresh Ink
    JDドリューに関してはレギュラーカードからフルコンプを目指しています。 とは言っても最近レギュラーカードにもリストアップされない事が多いので残念です。

任務完了Ⅰ 2000 Topps HD

  • 2000 Topps HD Cal Ripken Jr
    2枚でコンプリのこのシリーズですが、ジーターが1:859、リプケンが1:4386と高オッズのカードです。

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

おすすめのリンク

« あんまり書いてない選手1!? | トップページ | 40号1番乗り »

2007年8月20日 (月)

ヘルゾンビ

出たぁ~ゾンビ映画と思いきや・・・・

監督の伝えたいメッセージが散りばめてあり意外に硬派な作品でした。

設定、映像、音楽、どこを取ってもB級でチャチなのはご愛嬌!

子供達が意味不明の病に冒され植物人間状態に陥ります。

ところがそんな子供達が・・・・

とんでもない行動に走るのです。

そうなんです!

題名にあるようにゾンビのような行動を・・・

ところがそこには深ぁ~~い訳があって

と言う事で簡単に内容を

ある日、突然世界の子供たちが原因不明の昏睡状態に陥ってしまう。

それから長い月日が経ったある日、その子供たちが蘇り、次々と大人たちを血祭りに上げていく!

子供達は何故突然起き出して、こんな行動をとるのか?

残された大人たちの運命は・・・?

001_81

















はっきり言ってゾンビ映画じゃありません!

が、集団でジワジワ迫ってくる様はゾンビのようです。

これで終わりなら内容のないグログロゾンビ映画風で終わってうのですが・・・

後半部分で何故お子ちゃまゾンビが人々を襲うのか、わかってきます。

そしてこの作品で何が言いたいか理解できた時に、今までの行動や考え方を改めないといけないとわかってきます。

”人にとって何が1番大切なのか”を切々と訴えてくる映画でした。

観る前のイメージと観終わった後の感想のギャップが大きかった作品です。

”人にとって何が1番大切なのか”とは何か知りたければ是非ご覧下さい。

ただ作りは・・・・

観るに耐えない部分がある!とだけは助言しておきます。

いやぁ~これだから映画は楽しい

« あんまり書いてない選手1!? | トップページ | 40号1番乗り »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ヒューマンゾンビ映画?
何かが違う
写真はメチャ怖いのに

怖そうだけど面白そうな映画ですね
メモメモ

ryo様
ルックスと中身が違う阿藤海さんのような作品です。

kimi様
メモしたならば観てくださいよ(笑)
そして感想を教えて下さい。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148904/15639703

この記事へのトラックバック一覧です: ヘルゾンビ:

« あんまり書いてない選手1!? | トップページ | 40号1番乗り »