Alex Rodriguez auto card Gallery 2007年11月更新

  • 2007 Topps Alex Rodriguez Road to 500 Autographs
    ライフワークとも言えるAlexRodriguez選手のAutoカードのコレクションです。 本ブログにて紹介してきたカードをUPしていきます。

日本人プレイヤーGallery 2007年12月更新

  • 2007 Bowman RC AU #219c
    手元にある日本人プレイヤーのカードを紹介します。 とりあえずこのブログで紹介したカードから順に並べていきますがその後は不定期に更新するのでご覧下さい。

JD Drew Card Gallery(不定期に更新します)2007年11月更新

  • 2000 Fleer Focus Fresh Ink
    JDドリューに関してはレギュラーカードからフルコンプを目指しています。 とは言っても最近レギュラーカードにもリストアップされない事が多いので残念です。

任務完了Ⅰ 2000 Topps HD

  • 2000 Topps HD Cal Ripken Jr
    2枚でコンプリのこのシリーズですが、ジーターが1:859、リプケンが1:4386と高オッズのカードです。

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

おすすめのリンク

« キャー!またもや撃沈してもうた | トップページ | ナチョ・リブレ 覆面の神様 »

2007年7月17日 (火)

U.K.M(The Ultimate Killing Machine)

完全隔離され、しかも密閉された空間で展開され、軍隊による人体実験を題材にした作品で、パッケージを見た時に迷わず”借り”と思った作品です。

シチュエーション・スリラーだと書いてあったので、緊張感、漲(みなぎ)る作品だと思っていたのですが・・・・

思い切り拍子抜けし、”おいおい”とツッコミを入れたくなるほどの作品でした。

やっぱりある程度の映画を作る為には予算が必要なんだと実感しました。

と言う事で、ここで簡単に内容を

生きる目的を失い、ある意味自暴自棄になっている4人の志願兵が、とある軍事設備に連れてこれらる。

明らかに普通の軍事設備及び軍隊訓練とは違う様相に一同は戸惑う!

彼らの予感は的中しており、やはりここは普通の軍事設備ではなかった。

ここでは軍による門外不出のある実験が行われていた。

そう彼らはその実験材料として連れてこられたのだ!

それを知った彼らは自らの生存をかけて脱出することを試みる。

こうして恐怖の鬼ごっこがスタートする。

彼らの運命は?

そして実験の真の目的とは?

001_79


















う~ん この手の作品で1番大事な緊張感がないんです。

ただその辺のお子様が鬼ごっこをしているだけのような・・・・

これは普段訓練して鍛えているおり、尚且つ銃まで所持している兵隊があまりにもマヌケだからからか?

登場する博士が助手の女博士にウツツをぬかしているからか?

はたまたこの女博士があまりにもセクシーだからか?

理由は分かりませんが・・・・

例えるなら一口飲んだ缶ビールを一日放置して改めて飲んだような感覚ですかね!

とにかく爆死した感じがしました。

« キャー!またもや撃沈してもうた | トップページ | ナチョ・リブレ 覆面の神様 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ヒットがなく最近の打率、低すぎなんて野球に例えてみました
こちらとしては参考にして地雷を回避できるのでありがたいです

写真の男は何をされているんですか
チョー気になるんですけど

ryo様
厳しいご指摘ですね!
でも当たっているんですよね
まぁryo様の参考になっていれば幸いです。

kimi様
何て言えばいいのか・・・
人体実験されているとでも答えておきます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148904/15639392

この記事へのトラックバック一覧です: U.K.M(The Ultimate Killing Machine):

« キャー!またもや撃沈してもうた | トップページ | ナチョ・リブレ 覆面の神様 »