Alex Rodriguez auto card Gallery 2007年11月更新

  • 2007 Topps Alex Rodriguez Road to 500 Autographs
    ライフワークとも言えるAlexRodriguez選手のAutoカードのコレクションです。 本ブログにて紹介してきたカードをUPしていきます。

日本人プレイヤーGallery 2007年12月更新

  • 2007 Bowman RC AU #219c
    手元にある日本人プレイヤーのカードを紹介します。 とりあえずこのブログで紹介したカードから順に並べていきますがその後は不定期に更新するのでご覧下さい。

JD Drew Card Gallery(不定期に更新します)2007年11月更新

  • 2000 Fleer Focus Fresh Ink
    JDドリューに関してはレギュラーカードからフルコンプを目指しています。 とは言っても最近レギュラーカードにもリストアップされない事が多いので残念です。

任務完了Ⅰ 2000 Topps HD

  • 2000 Topps HD Cal Ripken Jr
    2枚でコンプリのこのシリーズですが、ジーターが1:859、リプケンが1:4386と高オッズのカードです。

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

おすすめのリンク

« 素晴らしいピッチングに完敗 | トップページ | 6月の月間MVP »

2007年7月 2日 (月)

太陽(The Sun)

これは前々から観たいと思っていた作品で、日本人監督には扱う事が出来ない、ある意味タブー視されている題材を扱った作品だと思いまし、日本で公開されたと言う事実だけでも驚きの映画だと思います。

それにしてもイッセー尾形さんの演技はやや誇張気味だと感じますが素晴らしいと思いました。

私は昭和天皇の晩年の姿しか見た事がありませんが、雰囲気や仕草など似ているなぁ~と感じました。

ここで簡単に内容を

1945年8月、待避壕(敵の砲弾などを避けるために掘った穴)もしくは生物研究所で暮らしていた昭和天皇ヒロヒト(イッセー尾形)は、自分を神と崇める側近たちに孤独を覚えていた。

唯一の安らぎは生物標本を眺める時だけで、戦争終結に苦悩する天皇は日本が焦土と化す悪夢にうなされる。

そして、連合国占領軍総司令官マッカーサー(ロバート・ドーソン)との会談の日が訪れる。

001_69









彼の苦悩や苦しみを切々と描いており、それを忘れようと海洋生物の研究に没頭する姿なんて痛々しかったです。

まぁこれはあくまでもフィクションで、実際はどうだったのか

気にはなりますが、勉強不足なので・・・

この時代の歴史を改めてもう少し勉強しなければと思いました。

静かながら妙な緊張感がある作品で観て損はないと思います。

特に後半部分は、ある要人と接触し交渉するのですが見応えがありました。

« 素晴らしいピッチングに完敗 | トップページ | 6月の月間MVP »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

これは良い映画ですよ。
自分も観ようと思います。

私もみたんですがツマラナイ授業を聞いているようでペケでした

ayasam様
ayasam様が好きそうな作品ですね
是非観たなら感想をお願いします。

kimi様
退屈でしたか!
まぁ淡々とした作品なんで、そう感じても仕方ないかもしれませんね!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148904/15406300

この記事へのトラックバック一覧です: 太陽(The Sun):

» 『THE SUN』 [写真よ 静かに笑え]
「陛下。お願いです。日本語でお話しください。彼と英語で話すことはご身分が同等になります。  神は、この堕落した世界では、日本語だけでお話しできるのです。」   2005年/ロシア・イタリア・フランス・スイス合作  監督■アレクサンドル・ソクローフ...... [続きを読む]

« 素晴らしいピッチングに完敗 | トップページ | 6月の月間MVP »