Alex Rodriguez auto card Gallery 2007年11月更新

  • 2007 Topps Alex Rodriguez Road to 500 Autographs
    ライフワークとも言えるAlexRodriguez選手のAutoカードのコレクションです。 本ブログにて紹介してきたカードをUPしていきます。

日本人プレイヤーGallery 2007年12月更新

  • 2007 Bowman RC AU #219c
    手元にある日本人プレイヤーのカードを紹介します。 とりあえずこのブログで紹介したカードから順に並べていきますがその後は不定期に更新するのでご覧下さい。

JD Drew Card Gallery(不定期に更新します)2007年11月更新

  • 2000 Fleer Focus Fresh Ink
    JDドリューに関してはレギュラーカードからフルコンプを目指しています。 とは言っても最近レギュラーカードにもリストアップされない事が多いので残念です。

任務完了Ⅰ 2000 Topps HD

  • 2000 Topps HD Cal Ripken Jr
    2枚でコンプリのこのシリーズですが、ジーターが1:859、リプケンが1:4386と高オッズのカードです。

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

おすすめのリンク

« ナイロビの蜂 | トップページ | ザ・ルーム(The Room) »

2007年6月 8日 (金)

あぁ~惜しかったです

ボストン・レッドソックスのエース、カート・シリング投手があと1死とればノーヒット・ノーランと言う快挙を達成するところでした。

あと1アウトで痛打され記録を逃すなんて・・・・

稀に聞く話ですが、後々後悔するようで、シリング投手もヴァリテック捕手のサインに首を振りファストボールを投げた事に後悔しているようです。

ちなみにシリング投手は

「2死になったとき、いけると確信した。それなのに(サインに)首を振ってしまった。これからの人生、『もしうなずいていたら』という気持ちにさいなまれるだろう」

とコメントしているようです。

まぁそれでも1-0と言う僅差で勝利し、チームの連敗をストップさせた功績は大きいと思います。

出来ればもう少し連敗して頂いてリーグが面白くなれば良かったのになんて思っているのですが・・・・

そんな事で本日はこんなカードを紹介します。

それでは・・・・












行きます!














ウォ~リャ~!



















Img571

















2003 Ultimate Collection Buybucks

そうです!

私がレギュラーカードにサインペンで落書きしたカードです!

そうそう

って違うだろ!

と、中途半端なノリツッコミは置いといて

いわゆるバイバックと言われるカードでメーカーが過去にリリースしたカードを買い戻し?、選手にサインを書いてもらい再びパックにインサートしたカードで、一部のマニアには人気のあるカードです。

まぁこのカードだけでは、上に記したように勝手にサインを入れても真贋の区別がつかなくなるので証明書のようなものが付随してます。

それがこんなモノです。

Img574

















中央部にホログラムのシールが貼っており、そこにシリアルナンバーを刻印されてます。

斜めに貼られているのが、いかにもアメリカンテイストですかね!

どうせならまっすぐ貼って欲しいところですよね!

そして本体のカードの裏にも同様のシリアルナンバーのホログラムが貼られてます。

それがこれです。

Img572

















拡大すると・・・・

こんな感じです。

Img573






これらが全て揃って初めてこのカードが正式にアッパーデック社からリリースされたカードだと証明出来るのです。

ここまで長々書いてきましたが

『そんなん知っているよ!』

とお叱りを受けそうで・・・・

申し訳ありません!

ちなみにこのカードはシリアル2/3で3枚限定のカードで、以前、某大型オークションで落札したのですがそこでは、あまり人気がないようで、自分が思っていたプライスよりもかなり安価で購入できたと記憶してます。

ダイアモンドバックス時代のカードだから安いんじゃないかって意見もありますが・・・

それにしてもメジャーの一流投手って年齢を重ねても素晴らしいピッチングができるものですね!

出遅れてますがヤンキースのクレメンス投手にも彼の様なピッチングを期待したいです。

そして低迷しているチームを救って欲しいと思ってます。

« ナイロビの蜂 | トップページ | ザ・ルーム(The Room) »

トレーディングカード」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

MLB」カテゴリの記事

コメント

シリング惜しかったですね。
それよりも今シーズン、初めてシリングの投球を見ましたが、太めになっていてさらに驚きましたよ。

シリングのピッチング デラスゴス

ayasam様
食欲の秋ですから・・・
それにしてもメジャーってブーデーなピッチャーが多いですよね

yama様
以前のようにガンガン押すようなピッチングじゃないけど迫力があるのはこれ如何に?
まぁ怪物って事ですかね?

nqdezox jzatgqrkp vfjexgotz jaxztshrw wxpr ibyvthme urdtipa

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148904/15361485

この記事へのトラックバック一覧です: あぁ~惜しかったです:

« ナイロビの蜂 | トップページ | ザ・ルーム(The Room) »