Alex Rodriguez auto card Gallery 2007年11月更新

  • 2007 Topps Alex Rodriguez Road to 500 Autographs
    ライフワークとも言えるAlexRodriguez選手のAutoカードのコレクションです。 本ブログにて紹介してきたカードをUPしていきます。

日本人プレイヤーGallery 2007年12月更新

  • 2007 Bowman RC AU #219c
    手元にある日本人プレイヤーのカードを紹介します。 とりあえずこのブログで紹介したカードから順に並べていきますがその後は不定期に更新するのでご覧下さい。

JD Drew Card Gallery(不定期に更新します)2007年11月更新

  • 2000 Fleer Focus Fresh Ink
    JDドリューに関してはレギュラーカードからフルコンプを目指しています。 とは言っても最近レギュラーカードにもリストアップされない事が多いので残念です。

任務完了Ⅰ 2000 Topps HD

  • 2000 Topps HD Cal Ripken Jr
    2枚でコンプリのこのシリーズですが、ジーターが1:859、リプケンが1:4386と高オッズのカードです。

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

おすすめのリンク

« パックを開けてラーメンを啜(すす)った一日 | トップページ | アポカリプト »

2007年6月18日 (月)

アダム~神の使い 悪魔の子~

クローン再生によって作られた息子アダムを中心に展開するサスペンス映画です。

医学関連の話も盛り込まれているので興味津々だったのですが・・・・

一般的に言われているそれとは違った解釈でストーリーが展開するので、途中から”何だかなぁ~”って感じで興味が段々失せてきました。

それでも最後まで観たのですが・・・・

中盤くらいで自分が予想した通りのエンディングを迎え言霊(ことだま)を抜かれたように放心状態に陥りました。

ここで簡単に内容を

8歳になったばかりの愛息アダムを交通事故で亡くし、幸せな日々を失ったダンカン夫妻の前に、怪しげな遺伝子学者ウェルズが現れる。

彼は悲しみに打ちひしがれる夫妻の心の隙間に入り込み、ヒトクローン創造の可能性を語り、アダムを再生させないかと持ちかけるのだった。

心が揺れるダンカン夫妻だったが、息子にもう一度会いたいという感情には勝てず、ウェルズの提案を受け入れてしまう。

月日が流れ8歳になったクローン・アダムだが、この頃から異変が・・・

夫妻はウェルズ博士に相談するのだが・・・・

001_65














ロバートデニーロ氏が遺伝子学者を演じてますが、流石に好演で救われた感がします。

やっぱデニーロ渋いですね!

またホラーと言うカテゴリーも納得できません!

確かに実際に起こる筈がないオカルト的な話なのですが・・・

だってDNAが生前の記憶を持っているなんて聞いた事がありません

« パックを開けてラーメンを啜(すす)った一日 | トップページ | アポカリプト »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

おいらも観たよぉ~
アダム役の子役の表情が不気味で怖かった
あんな子供イラネ

パンク様
まぁ普通の子供じゃないので・・・
たしかに笑顔も何故か不気味に感じましたよね
含み笑いだからなんでしょうけど

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148904/15386344

この記事へのトラックバック一覧です: アダム~神の使い 悪魔の子~:

« パックを開けてラーメンを啜(すす)った一日 | トップページ | アポカリプト »