Alex Rodriguez auto card Gallery 2007年11月更新

  • 2007 Topps Alex Rodriguez Road to 500 Autographs
    ライフワークとも言えるAlexRodriguez選手のAutoカードのコレクションです。 本ブログにて紹介してきたカードをUPしていきます。

日本人プレイヤーGallery 2007年12月更新

  • 2007 Bowman RC AU #219c
    手元にある日本人プレイヤーのカードを紹介します。 とりあえずこのブログで紹介したカードから順に並べていきますがその後は不定期に更新するのでご覧下さい。

JD Drew Card Gallery(不定期に更新します)2007年11月更新

  • 2000 Fleer Focus Fresh Ink
    JDドリューに関してはレギュラーカードからフルコンプを目指しています。 とは言っても最近レギュラーカードにもリストアップされない事が多いので残念です。

任務完了Ⅰ 2000 Topps HD

  • 2000 Topps HD Cal Ripken Jr
    2枚でコンプリのこのシリーズですが、ジーターが1:859、リプケンが1:4386と高オッズのカードです。

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

おすすめのリンク

« 相変わらずですな | トップページ | 首位独走の原動力 »

2007年6月24日 (日)

涙そうそう

にぃにぃーでお馴染みのベタベタ作品ですが、”映画好きならやっぱ観なければ”なんて変な決意のもとレンタルした作品です。

これ観て今日は泣いちゃうかな?なんて思いつつ軽快にチャリンコを転がし帰宅し間髪いれず鑑賞体制に入りました。

早速冒頭の幼少時のシーンで涙がポロポロ

すっかり涙腺が緩くなったようで、これは大変な事になりそうだぞ!

なんて思っていたのですが・・・・・

その後は口があんぐり開いたまま、気がついたら終わってました。

泣けたのは・・・・・

冒頭のシーンのみって!?

すっかり肩透かしを食らってしまいました。

ここで簡単に内容を

いつか自分の店を出したいと夢を抱いて那覇の市場や居酒屋で朝から晩まで元気いっぱい働く洋太郎。

そんな彼にとって自分の夢より何よりも優先すべきは大切な妹・カオルの幸せ。

まだ幼い頃、どんなことがあっても妹を守ると母と交わした約束を忘れることはなかった。

その妹が高校進学を機にオバァと暮らす島を離れ、洋太郎と一緒に暮らすことになる。

久々に再会したカオルの美しく成長した姿に洋太郎は動揺を隠せない。

※公式サイト

http://www.nada-so.jp/

001_60








中盤くらいまではよかったけど・・・・

このエンディングはないと思いました。

まぁこの作品の題になっている『涙そうそう』って森山良子さんが他界した兄を想い作詞した内容がモチーフになっているので必然的にエンディングはこうなってしまうのは仕方ない事なんですかね?

出来ればハッピーエンドな終わり方がよかったなぁ~なんて思いました。

ただ心が暖まる作品ではありましたので、荒んだ生活に疲れたら、こんな映画もいいですよ!

« 相変わらずですな | トップページ | 首位独走の原動力 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

bobbytさんが見るような作品じゃありませんよ!
もっとエグイ作品紹介してちょ

パンク様
そんな事ないですよ
たしかにエグイ奴も好きですが、ジャンルに関係なく映画そのものが好きなんです

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148904/15294453

この記事へのトラックバック一覧です: 涙そうそう:

« 相変わらずですな | トップページ | 首位独走の原動力 »