Alex Rodriguez auto card Gallery 2007年11月更新

  • 2007 Topps Alex Rodriguez Road to 500 Autographs
    ライフワークとも言えるAlexRodriguez選手のAutoカードのコレクションです。 本ブログにて紹介してきたカードをUPしていきます。

日本人プレイヤーGallery 2007年12月更新

  • 2007 Bowman RC AU #219c
    手元にある日本人プレイヤーのカードを紹介します。 とりあえずこのブログで紹介したカードから順に並べていきますがその後は不定期に更新するのでご覧下さい。

JD Drew Card Gallery(不定期に更新します)2007年11月更新

  • 2000 Fleer Focus Fresh Ink
    JDドリューに関してはレギュラーカードからフルコンプを目指しています。 とは言っても最近レギュラーカードにもリストアップされない事が多いので残念です。

任務完了Ⅰ 2000 Topps HD

  • 2000 Topps HD Cal Ripken Jr
    2枚でコンプリのこのシリーズですが、ジーターが1:859、リプケンが1:4386と高オッズのカードです。

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

おすすめのリンク

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007年6月30日 (土)

サイレントノイズ

超自然(スーパーナチュラル)サウンドスリラーなる新たなジャンルを形成した作品で、かのエジソンも晩年熱心に研究していた死者との交信を題材にした作品です。

実際にEVP(エレクトロニック・ヴォイス・フェノメナ)なる手法によって死者との交信を試みている方がいらっしゃるようです。

ただ霊からすれば、これが霊界への干渉と捉えられており不幸な結末が待っていることが多いようですがオカルト好きな私には興味のある話です。

ところが機材を揃えるのに膨大な費用がかかるようで個人的に行うのは不可能のようです。

話を映画に戻して、以上の理由でこの作品は非常に興味があったのですが・・・・

中盤以降で一気に興ざめする内容でガッカリしました。

そんな作品ですがここで簡単に内容を

建築家のジョナサンは作家のアンナと再婚し、幸せの中にあった。

しかしある日、アンナが姿を消す。

ほどなく車は発見されるも、彼女の姿はなく、彼の心は不安定になっていく。

そんなある日、見知らぬ男レイモンドがやってきた。

すでにアンナは死んでおり、彼女の声を、EVP(電磁音声伝達現象)で聞き、やってきたのだと言う。

やがてアンナの遺体が発見された。

半年後、奇妙な現象に見舞われるようになったジョナサンは、レイモンドを訪ね、EVPの録音に妻の声を聞くのだった……。

※公式サイト

http://www.silentnoise-movie.com/

001_64







上記にも書きましたが中盤以降のストーリー展開には閉口しました。

あまり詳しく書きたくはないのですが”霊”が前面に出過ぎで、せっかく機器が発するノイズからかすかに聞こえる音によって霊の存在を認識すると言う設定が台無しになってます。

期待していた作品だっただけに残念でした。

2007年6月29日 (金)

500号おめでとう

いやぁ~ついにフランク・トーマス選手が通算本塁打500本に到達しました。

この記録はメジャー史上21人目の快挙で100年余りもあるメジャーの歴史で、たった21人しか達成してないのを加味すると凄い事ですよね!

まぁ昔のメジャーはホームランなんか殆ど出ることがない条件でプレーしましたが

ホワイトソックスを解雇同然で出された時は”もう終わったか”などと思いましたが、アスレティックスに移籍し39本塁打を記録し見事復活しました。

私がカードを集め始めた90年代後半にはグリフィー選手やリプケン選手同様スパースターでした。

あの時から考えると人間って年には敵(かな)わないんだなぁ~としみじみ感じます。

ところが当の本人は、昨年活躍した事に自信をつけたようで

『まだ元気なので600本目指したい』

と超前向きな姿勢を見せているようです。

このまま あと3~4年くらい活躍すれば見えてくる数字ではありますが

と言う事で本日はこんなカードを紹介します。

それでは・・・・・











いきますよぉ~













じゃぁ~ん!
















Img583

















2004 Leaf Limited Moniker Silver or Gold

Monukerのパラレルカードで10枚限定です。

このカードは珍しく自引きしたカードで、このブランドは引きがよかった記憶があり、過去に紹介したサミーソーサ選手やリッキー・ヘンダーソン選手のAutoカードもこのブランドから自引きしました。

これで恒例となっているUD500クラブのバットカード及びAuto入りバットカードのリリースが決定しました。

今までは全て直書きのAutoだったので心配ないと思いますが・・・・

もし貼りAutoで例の間違いニセAutoが貼られていたらトーマスコレクターには失礼ですが笑えますね!

やっぱりトーマスのAutoと言ったらプラネット型ですよね!

次はいよいよA-Rodの番ですかね!

達成した暁にはこのブログでアレックス祭りでも開催したい思ってます。

えっ!

どんな内容かって?

たいしたことはありませんが、彼のカードをドーンと纏(まと)めて紹介するって感じですかね?

あとビジオ選手が通算3000本安打に到達したようです。

こちらも凄い記録だと思います。

両選手には心から”おめでとう”と言いたいです。

2007年6月28日 (木)

キサラギ

本日も映画の話をしたいと思います。

と言うのも映画好きのK氏に

”DVDが出たら絶対に買う”

と言わしめた作品があり、それを観にいったからです。

タイトルにもあるように『キサラギ』と言う映画です。

わざわざ豊洲のららぽーとまで遠征し鑑賞したのですが・・・・

これが私にとっても久しぶりの大当たりで、綿密に練られたストーリーに脱帽しました。

ここで簡単に内容を

知る人ぞ知るアイドル如月ミキが自殺をして一年が経ち、一周忌追悼会に集まった5人の男達

家元、オダユージ、スネーク、安男、イチゴ娘。

ファンサイトの常連である彼らはそこで初めて顔を合わせた。

それぞれオタク心を通わせながら、彼女の思い出話に花を咲かせる。

誰しもが「自殺なんかする娘じゃない」と思っていた。

そして誰かが「彼女は殺されたんだ」と。

この発言をきっかけに、男たちの推理が始まった。

※公式サイト

http://www.kisaragi-movie.com/

001_74








全編彼らと彼らの空想及び回想の世界だけで構成されている作品で、何よりも言葉や仕草による展開力が必要な作品なのですが・・・・

それが素晴らしく笑えました!

いくつか伏線があり私程度の頭でも展開が読めるのですが、それの上をいく流れで物語が進行していきます。

「12人の優しい日本人」を連想させますが、懐の深さはこちらの方が断然上だと思いました。

ただ難点は最後の聞くに堪えない歌と5人の踊りは・・・・・

あえて如月ミキなるアイドルは謎のままの方がよかったのではないかと・・・・

錠さんも次回作の伏線なら理解できますがオチがわからん!?

もう一度自宅でじっくり観たいと思わせる作品でした。

最後にK氏から”立ち見もいて混んでいたよ”と言われてましたが、平日だったからか、豊洲だったせいか、公開から時間が経過しているからか、5分の1くらいの入りでゆっくり観る事ができました。

2007年6月26日 (火)

ドリフト(Drift)

このタイトルを見て”車関係の映画!?”って思った方は正常です。

ただこの作品には車は登場しません!

その代わりに船が登場します。

ずばり海洋パニック・サスペンス映画でなんとスペイン映画です。

よって会話は全てスペイン語なので新鮮でした。

で、簡単に内容を

バカンスでこの地を訪れていた女性カメラマンのサラは、休暇でダイビング・ツアーに参加。


ボートに同乗した5人と共に沖合に出るが、そこで彼らは漂流している死体を発見。

さらにボートは事故で炎上し、彼らは海に投げ出されてしまう。

絶望と焦燥に駆られながら、果てしない海面を漂うサラたち。

やがて彼らの前に、古びた貨物船が現れる。

6人は狂喜して助けを求めるが、その彼らの目前で殺人がおき死体が海に投げ込まれる。

しかし彼らはこの船に乗り込まなければ、海の藻屑となってしまう・・・・。

彼らは覚悟を決めて貨物船に乗ることにする。

そこで彼らが見たものは・・・・

そして彼らの運命は?

001_57

















船内に隠れる6人の男女の緊張感が伝わってくる作品で、幼少時にハラハラドキドキして隠れていたかくれんぼを思い出しました。

結局、見つかっちゃうのですが・・・・

貨物船の乗組員の人間性なんかも描かれているので、途中から怖さは半減しましたが、思わぬ展開で観る者を楽しませてくれます。

人間の理不尽なところが随所に感じられる映画でした。

かなりマイナーな作品ですが見つけたら即借りでしょう!

2007年6月25日 (月)

首位独走の原動力

本日はア・リーグ西地区の首位をしっかりキープしているエンゼルスのあの選手の話をしたいと思います。

早速ですが最初にカードを紹介します。

そのカードとは・・・・・









これだぁ~!!














じゃ~~ん!















Img582
















2000 Topps Traded Autographs

K-Rodことフランシスコ・ロドリゲス選手です。

このカードはロッド繋がりじゃありませんが以前から欲しいと思っていたカードで最近オークションで落札しました。

いやぁ~それにしても今年も快調なペースでセーブを積み重ねてますね。

ただ今22セーブでアリーグトップです。

防御率2.43はプッツ投手の1.07やパペルボン投手の1.65と比べると見劣りしますが堂々たる成績だと思います。

実働は2003年からなのでセットアッパー2年、クローザー3年目で、大きな故障なくコンスタントに成績をあげているリリーバーってそうそういませんよね!

そんなロドリゲス投手ですが、何と言っても2002年のポストシーズンでの活躍が思い出されます。

この時チームは球団創設以来初の世界一に輝き、彼もポストシーズンで5勝をあげました。

この記録は前年にランディージョンソン(当時ダイヤモンドバックス)が記録したもので、翌年その記録に並んだカタチになりました。

この時の彼の高速スライダー?は度肝を抜かれた記憶があります。

だがベネズエラ出身の16歳だった彼と1998年に契約金90万ドルでエンゼルスと契約した際はファストボールに注目が集まっていたようです。

1999年、2000年、2001年はマイナーにて平凡な成績に終わるが、これはコントロールが悪かったからで奪三振率は素晴らしく片鱗を見せてました。

2002年は2Aで開幕を迎え、主にブルペンからのピッチングが続いた。

23試合に登板し、3勝3敗9セーブの防御率1.96、61奪三振(投球回数41回1/3)という数字を残すと、6月には3Aへ昇格。3Aでは27試合に登板し、2勝3敗6セーブ、防御率2.57、59奪三振(投球回数42回)という記録を残すと9月にはロースター拡大と共にメジャー昇格を果たした。

メジャー初登板は9月18日のアスレティックス戦で、この時は1イニングで2個の三振を奪った。

さらに翌日の試合では1イニングで3者連続三振をマークする凄まじさを見せたロドリゲスは、結局5試合に投げて勝敗はつかないが、5回2/3を投げて失点はゼロ。

対戦した打者21人から13個の三振を奪った。

そして、チームはワイルドカードでポストシーズン進出を果たすが、本来なら8月31日より前の段階でロースター入りしていない選手はポストシーズンに出場できない中で、ロドリゲス投手は故障者選手との入れ替えという特例でポストシーズンのロースターに名を連ねることになる。

この特例がターニング・ポイントとなり、その後は彼の活躍でチームが世界一に輝きました。

まったくもって運の強い男だと思います。

最近ツカンポの花満載の私にとっては肖(あやか)りたいところです。

なんて言ってもどうなるもんじゃありませんが・・・・

2007年6月24日 (日)

涙そうそう

にぃにぃーでお馴染みのベタベタ作品ですが、”映画好きならやっぱ観なければ”なんて変な決意のもとレンタルした作品です。

これ観て今日は泣いちゃうかな?なんて思いつつ軽快にチャリンコを転がし帰宅し間髪いれず鑑賞体制に入りました。

早速冒頭の幼少時のシーンで涙がポロポロ

すっかり涙腺が緩くなったようで、これは大変な事になりそうだぞ!

なんて思っていたのですが・・・・・

その後は口があんぐり開いたまま、気がついたら終わってました。

泣けたのは・・・・・

冒頭のシーンのみって!?

すっかり肩透かしを食らってしまいました。

ここで簡単に内容を

いつか自分の店を出したいと夢を抱いて那覇の市場や居酒屋で朝から晩まで元気いっぱい働く洋太郎。

そんな彼にとって自分の夢より何よりも優先すべきは大切な妹・カオルの幸せ。

まだ幼い頃、どんなことがあっても妹を守ると母と交わした約束を忘れることはなかった。

その妹が高校進学を機にオバァと暮らす島を離れ、洋太郎と一緒に暮らすことになる。

久々に再会したカオルの美しく成長した姿に洋太郎は動揺を隠せない。

※公式サイト

http://www.nada-so.jp/

001_60








中盤くらいまではよかったけど・・・・

このエンディングはないと思いました。

まぁこの作品の題になっている『涙そうそう』って森山良子さんが他界した兄を想い作詞した内容がモチーフになっているので必然的にエンディングはこうなってしまうのは仕方ない事なんですかね?

出来ればハッピーエンドな終わり方がよかったなぁ~なんて思いました。

ただ心が暖まる作品ではありましたので、荒んだ生活に疲れたら、こんな映画もいいですよ!

2007年6月23日 (土)

相変わらずですな

いやぁ~A-Rodは相変わらず調子がいいようで、井川投手復活登板となった対ジャイアンツ戦でもホームランこそ有りませんでしたが4打数4安打2打点1四球でした。

ただ一行にチームが・・・・

たしかに6月6日から15日まで9連勝しましたが6月20日から始まった対ロッキーズ戦で3連敗するなどなんか調子に乗れません!

井川投手には期待したのですが、いまいちの内容だったので救世主には程遠いと思いました。

やっぱり野球はピッチャーを含めたディフェンスが大事だとつくづく感じます。

それでも今のチーム状況を考慮すると打ちまくって勝つしかないようです。

そんなチームにとって今年のA-Rodの活躍が必要不可欠じゃないかと思います。

と言う事で本日はこんなカードを紹介します。

それでは・・・・













いきますよぉ~















ど~ん!


















Img581
















2001 SP Authentic BuyBacks

以前も紹介したバイバックのAutoカード117枚限定です。

このカードはカードショーにて福パックを購入した際に引いたカードです。

まさかこんなカードが引けるとは思わなかったので、嬉しさ倍増でした。

このカードは1995年にリリースされたモノなのでA-Rodも若々しいですしスリムに感じます。

この頃の彼ってまだホームラン・バッターってイメージではなくアベレージヒッターって感じでしたよね!

ただ今通算ホームランが491本!

あと9本で500号です。

まぁこれは彼にとって通過点ですが早く500号ホームランを見たいと思ってます。

そしてチームが上昇気流に乗れることを祈りつつ本日はお開きとさせて頂きます。


2007年6月21日 (木)

トゥモロー・ワールド

この作品は館内の番宣で知り映画館に観にいくまでもないがレンタルDVDがリリースされたら観ようと思っていました。

ようやく新作の呪縛から解かれて7泊8日レンタルOKになったのでレンタルしました。

一度観た宣伝の内容で大まかなあらすじは把握していたのですが・・・・・

まさか!

それが全てだったとは・・・・

番宣詳し過ぎで、”どんだけぇ~”と叫びそうになりました。

と言うことでここで簡単に内容を

舞台となるのは西暦2027年。

この時代の人類最年少はなんと18歳。

つまり18年間、新生児は誕生していない。

原因は不明で、希望を失った世界には内戦やテロが頻発し、国家はことごとく壊滅状態に。

ほぼ唯一、強力な軍隊で国境を守る英国だけが、ぎりぎりの秩序を保っている状況だ。

さて、主人公の官僚(クライヴ・オーウェン)は、かつて共に学生運動を戦った元妻(ジュリアン・ムーア)率いる反政府組織に拉致される。

聞くと、彼女らが保護する移民集団のひとり、ある黒人女性が妊娠しているという。

組織はこの母子を、ヒューマン・プロジェクトなる組織に引き渡すべく、政府の通行証を持つ彼に協力を求めたのだ。

彼らにとって周りすべてが敵である今、最後の希望はその、存在自体もあやふやな人権団体しかなかった。

主人公は果たして、人類最後の子供を守りきることができるのか。

※公式サイト

http://www.tomorrow-world.com/

001_67








う~~ん カメラワーク(戦闘時のワンカットで撮影されたシーン)や背景(荒廃した感じはキングコングの世界観に近い感じがしました)などは丁寧に作られていて臨場感があるのですが、もう少し私が感じたWhy?を細かく描写して欲しかったです。

例えば、何故キーは妊娠したのか?

何故子供が生まれない世界が生まれてしまったのか?

何故子供が生まれなくなってから世界が荒廃していったのか?

(これは当然かな?)

などなど・・・

こんな世界だからなのか、人間の本能が成せる事なのか、赤ん坊の泣き声を聞いた大人達が一同に我を忘れ、ある者は自己犠牲を厭(いと)わない行動をとったり、ある者は泣き崩れたり、ある者は戦闘しているのを忘れ赤ん坊に釘付けになったりしてました。

ここでジワッときますよ!

やっぱり赤ん坊って人類の宝なんですよね!

そしてこんな世界が実際に来たら・・・・

考えただけでもゾッとしますが”こんなの絶対に有り得ない”と言い切れる人っていないのではないかと思いますが

本当に最近の地球環境っておかしいですよね!

今年も暑いみたいだし・・・・


2007年6月20日 (水)

日本語が流行してるんだって

最近のメジャーでは日本が流行っているようです。

やっぱり日本人メジャーが増えており、接する機会が多くなったからか?

それとも言葉からも東洋の神秘を感じるからなのか?

クラブハウスでも

「チーィース」

「おなかすいた」

「ダメだよ」

「もう、痛いでしょう」

「やめてよお~」

「アッチイケ」

「いいねえ」

などの日本語が聞けるようです。

一体誰が教えているのでしょうかね?

そんなプレイヤーの中、マジモードで日本語を習得しようと猛勉強している選手がいるようです。

その選手とは・・・・・












彼だぁ~!















Img580

















1996 Leaf Signature Autographs Silver

ラトロイ・ホーキンズ投手です。

彼は現在コロラド・ロッキーズに所属しているので 、日本語の先生は松井(稼)選手か、彼の関係者だと推測できます。

彼の勉強法は常時『日本語ノート』なるモノを所持し、これはと言うものに関して書き留めているようです。

例えばそのノートの最初に書かれているのが

「MIZA CUDA SI」

です。

ミザ・クダ・シー??

意味不明ですよね!

この言葉の横には

「Can I get water」

と書かれているので・・・・・

どうやら『私に水を下さい』と言う意味のようです。

いささかヒヤリングに問題ありですかね?

調子にのって卑猥な言葉や汚い言葉ばかり覚えさせるのだけはやめて欲しいですが・・・
それも面白いのかな?

ただ今後も日本人メジャーリーガーはどんどん増加していく傾向なので、この現象は止むことがないと思います。

2007年6月19日 (火)

アポカリプト

いつもDVDで観た作品ばかり紹介してきましたが、朝からOFFだったのでチャリンコを転がし映画館へ!

よって本日は劇場公開している作品を紹介します。

それにしても映画館に行くのは久しぶりで、妙に緊張している自分がいました。

今回は実家に行く予定があったのでMovix亀有で観たのですが朝一はモーニングなんたらと言うサービスがあり¥1200で観る事が出来たのは嬉しい誤算でした。

これで作品が面白ければ申し分ありませんが・・・・

で、今回鑑賞したのはアポカリスト!

ご存知、メル・ギブソン氏が監督、脚本、製作を手掛けた作品で、先入観なしで観たのですが内容はペラペラながらも一瞬も気を抜けないスピーディーな展開でハラハラドキドキしました。

”ここで主人公が死ぬ事はない”と分かっているのですが危機の連続で・・・・

またエグイシーンやグロイシーンも満載でR-15指定なのも理解できました。

ここで簡単に内容を

マヤ文明後期の中央アメリカ。

ジャガー・バウは部族長の父や妻、幼い息子、仲間達とともに平和な日々を送っていた。

しかしその平和は突然崩れ去ってしまう。

村がマヤ帝国の傭兵に焼き討ちされたのだ。

目の前で父を殺されたジャガーは、捕まって都会へと送られる。

各地で捕縛された人間が奴隷として売り買いされる都会。

そこで彼を待っていた運命は、あまりにも過酷なものだった。

※公式サイト

http://www.apocalypto.jp/

001_68








いやぁ~古代マヤ文明が舞台になってますが、この内容なら何もマヤ文明でなくても・・・

要は村を襲撃された青年が妻と息子を洞穴に隠し、あえなく捕虜になり、生贄になりそうになるが奇跡が起き逃走する!

そしてひたすら逃げる!

そんな時、気持ちに余裕が出来た主人公は反撃を試みるって、ベタなストーリーなんですが・・・

グッと引き込まれました。

139分と比較的長い上映時間なのですがあっという間でした。

ただ残酷なシーンが満載なので、観る人を選ぶ作品だと思います。

それにしてもマヤ文明が行っていた生贄の儀式って・・・・

不条理で何の意味があるんですかね?

そんな文明だから後々スペインに滅ぼされてしまうんだなァ~なんて感じました。


2007年6月18日 (月)

アダム~神の使い 悪魔の子~

クローン再生によって作られた息子アダムを中心に展開するサスペンス映画です。

医学関連の話も盛り込まれているので興味津々だったのですが・・・・

一般的に言われているそれとは違った解釈でストーリーが展開するので、途中から”何だかなぁ~”って感じで興味が段々失せてきました。

それでも最後まで観たのですが・・・・

中盤くらいで自分が予想した通りのエンディングを迎え言霊(ことだま)を抜かれたように放心状態に陥りました。

ここで簡単に内容を

8歳になったばかりの愛息アダムを交通事故で亡くし、幸せな日々を失ったダンカン夫妻の前に、怪しげな遺伝子学者ウェルズが現れる。

彼は悲しみに打ちひしがれる夫妻の心の隙間に入り込み、ヒトクローン創造の可能性を語り、アダムを再生させないかと持ちかけるのだった。

心が揺れるダンカン夫妻だったが、息子にもう一度会いたいという感情には勝てず、ウェルズの提案を受け入れてしまう。

月日が流れ8歳になったクローン・アダムだが、この頃から異変が・・・

夫妻はウェルズ博士に相談するのだが・・・・

001_65














ロバートデニーロ氏が遺伝子学者を演じてますが、流石に好演で救われた感がします。

やっぱデニーロ渋いですね!

またホラーと言うカテゴリーも納得できません!

確かに実際に起こる筈がないオカルト的な話なのですが・・・

だってDNAが生前の記憶を持っているなんて聞いた事がありません

2007年6月17日 (日)

パックを開けてラーメンを啜(すす)った一日

昨日の話ですがベケットを購入すべく両国のR&Bに行ってきました。

この日はK氏と待ち合わせをしており、私がお店に顔を出した時には、もう既にK氏はチョコチョコとパックを摘んでました。

最近はカードショー以外でお店に行く事がなかったので、なんだか新鮮な気分でした。

ベケット以外に何も買わないなんて芸がないので、少ない予算の中から07ファイネストを2パックと07コサイナーを1パック購入しました。

狙いはA-RodのAutoカードなんですが、それは夢の様な話でAutoカードが1枚でも出ればいいよなぁ~なんて感じでした。

そんな思惑で購入したパックから出現したカードがこちらです。










Img578
















2007 Finest Rookie Finest Moments Autographs

ボストンのクローザー、ジョナサン・パペルボン選手のAutoカードです。

どうにか最低限の成果はありました。

あとのパックからはカントゥ選手のリフ(ファイネスト)、スモルツ選手(ハドソン選手)のシリアルカードで撃沈しました。

新発売されたSPxやBowmanには食指が動きませんでした。

ただ高級版のトリスターは値段が高いのですが”いいかも!”なんて思いました。

無事にベケットも購入し両国を後にした我々は次なる目的地曙橋に向かいました。

総武線、都営新宿線と乗り継ぎ目的の曙橋に到着したのですが・・・・

私の脳裏に一抹の不安が!?

と言うのも、この店には今回で3回目の訪店で過去2回は閉店しておりお預けを喰らっていたのです。

ところが・・・・

ツカンポのO氏が不参加だったせいか、お店には眩(まばゆ)い程のネオンが・・・

と言う事で足掛け数ヶ月を要してありついた一品がこれだぁ~!












じゃぁ~ん!














353_1











エリマキ(ノリ)らーめん、メンマトッピング¥900也

いやぁ~これだけ極細な麺は初めてです。

ものの数十秒で茹で上げてましたが納得です。

博多ラーメンも細いのですが、それとはまったく別物で黄色い縮れ麺であれだけ細いって・・・見ていて笑えてきました。

味はちょっと濃い目の醤油味、具はチャーシュー、ノリ、ナルト、キクラゲ、メンマと盛りだくさん!

また薬味にネギ及び玉葱を使っておりスープを飲んでいると玉葱のシャクシャクした食感が味わえました。

スープは至ってノーマルな感じで飲んだ後のシメにはいいかもしれません!

私はガッツリいくタイプなので一杯だけでは物足りず、替え玉(¥100也)を注文して完食!

それにして味気のないキクラゲはいらないのじゃないかと・・・・

それ以上に問題なのが、でぇ~んと存在感があるナルトで、フニャfニャな食感な上思い切り不味かったです。

一口食べた時に”これは気のせい?”と思い。もう一口”なんだなんだ!”と感じつつも、最後の一口・・・・・

”すげー不味いじゃんかよ”と思ったときには、全て胃の中に入ってました。

352
店名:一心らーめん

住所:新宿区荒木町9-24

TEL:03-3226-8768

営業時間:PM6:00~翌4:00

休み:日、祝


場所が都心だからか、私が下町価格に慣れ親しんでいるせいか、少々値段が高いように感じました。

この後、食後の散歩を兼ねて新宿駅まで歩き、ちょっと寄り道をして帰宅しました。

えっ!

寄り道って・・・

パチ○コですよ!

数ヶ月越しのミッションを1つ完了したので充実した一日でした。

2007年6月16日 (土)

青いうた ~のど自慢青春編~

井筒監督が手掛け1999年に公開した『のど自慢』から新たにストーリーを紡ぎ出した作品で、サブタイトルにのど自慢青春編とあるように、とある田舎の若者をターゲットに作られた映画です。

なぜかキャストが金八先生に出演してた濱田岳さん、冨浦智嗣さん、寺島咲さんで、あのスケベ顔の先生が登場するのではないか?なんて思ってしまいました。

もちろん、そんな事はありませんが

早速ですがここで簡単に内容を

山と海を望む青森県のむつ市。

問題を起こして留年している達也は、卒業が一緒になった弟の良太に頼まれ、友人の俊介と恵梨香を誘って卒業式のパーティーで歌の出し物をすることに。

卒業後、達也は工場、良太は中華料理店、恵梨香は美容学校、俊介は東京の高校へ進学と、それぞれの生活を歩み始めた。

達也は恵梨香とつきあい出すが、金儲けを夢見て東京へと向かう。

離ればなれになった4人だが、1年後、むつ市でのど自慢が開催されることを知った良太は、もう一度4人で歌うことを願い、大会に申込む。

って感じなのですが、メインとなるのはやはり達也のエピソードで、中学を卒業したばかりの若者が何の伝手(ツテ)もなく1人で東京に出て成功し金持ちになるなんて話はそうそうある訳もなく、典型的な形で転がり落ちて行きます。

※公式サイト

http://www.cqn.co.jp/aoi-uta/index.html

001_53








若者ならではの思考回路を丁寧に描いていてすっかりオッサンになった私でも”わかるわかる”なんてシーンがたくさんありました。

またのど自慢で歌われる歌が懐かしいのですよぉ~!

恵梨香のお母さん役の斉藤由貴さんが歌う『木綿のハンカチーフ』なんて、元々好きな歌でしたが、この作品とマッチしており改めて”いいウタだなぁ~”なんて再認識しました。

ケ・セラ・セラなんかも何十年ぶりに聞いたのですが心にジワァ~っと浸透してきましたよ!

映画ならではのドラマティックな展開はありませんが静かに感動を覚えた映画でした。

良太の作ったチャーハン食いて~

めきめき上達していくのが様が描かれていたので、今では周富徳氏顔負けの腕になっている事でしょう!

2007年6月15日 (金)

ロスト・アイランド(Lost Island)

2006年公開のドイツ映画で、あたかもアメリカの人気ドラマ『ロスト』を意識したパッケージだったので期待半分レンタルしました。

ところが・・・・

やっぱり期待通り、半分の出来って感じの作品で・・・なんせ緊張感がないんですよぉ~

ガイドをしている船長なんか、まるでパイレーツ・オブ・カリビアンのジャック・スパローのソックリさんみたいで、観ていて情けなくなって来ました。

唐突ですがここで簡単に内容を

バカンスでカリブ海にやってきたクリスチャンたち一家。

だが、楽しい冒険旅行は、現代の海賊に襲われたことで悪夢と化す。

ゴムボートで置きざりにされた4人は猛烈なハリケーンに遭遇し、無人島に漂着。

クリスチャンはサバイバルに挑みながら必死に脱出する方法を探す。

だが、沖を行く船は狼煙に気付かず、無線機を修理しても電気がない。

そして、息子のマックスが毒蛇に咬まれてしまう。

果たして島を脱出することができるのか…。

001_54

















どちらかと言うとサバイバル映画ではなく、ファミリー映画色が強い作品で、各々の家族が問題を抱え、それを漂流した無人島で解決していくなんて内容でした。

また前もって予告編でも、さも色々な謎が島にあるように言っていたのですが(墜落したセスナ機や人がいない筈なのにワナが仕掛けられている)、その件に関しては全然ノータッチでした。

どないなっとんねん!

無人島に漂着ですよ!

普通は脱出する方法を考えるか、食料や水を確保しようと考えるはずなのに・・・・

親父はフィアンセにプロポーズしたり

娘はヘンテコなエクセサイズばかりしているし

唯一、坊やはセスナ機にあった無線機を見つけ、風車を使い風力発電して助けを呼ぼうと考えるいい子でした。

この子は将来有望ですよ!

間違いなくビル・ゲイツのような人間になるんじゃないかと小一時間考えてしまいました。

と言うのは嘘ですが・・・・

結局そうだよな!的な感じでラストを迎え、虚脱感だけが残ってました。

ドイツ映画ってこんなんじゃなかったのに

ガックシ!

2007年6月14日 (木)

10勝一番乗り

開幕から2ヵ月半、各々が六十数試合を消化しているメジャーですが早くも10勝をマークした投手が現れました。

その選手とはエンゼルス所属のジョン・ラッキー投手です。

このペースで勝ち続ければ20勝は間違いないと思いますが、シーズン後半調子を崩してヘロヘロになるなんて話もよく聞くので油断大敵ですが・・・・

と言う事で本日はこんなカードを紹介します。

そのカードとは・・・・












これだぁ~!


















ドーン!






















Img577
















2000 Bowman Draft Picks Autographs

このカードはオークションで落札したカードで、彼のルーキー・カードの中の1枚です。

やっぱりルーキー時代のカードって初々しく感じますよね!

それにしても今シーズンは調子がよく、防御率を見ても過去5年間、3点台中盤から4点台中盤くらいだったのですが・・・・

今年は2点台中盤と最も安定したピッチングを披露しており、好調なチームを牽引していると思います。

エースが軸になってしっかり仕事をするチームって強いですよね!

ちょっぴり羨ましいです・・・

今年はエンゼルスにとってチャンスの年だと思います。

ゲレーロ、K-Rodと主力選手も調子が良さそうですし!

2007年6月12日 (火)

ハードキャンディ

パッケージを見てピピッっときた作品で期待した感じとは違いましたが、なかなかの秀作で登場人物が極端に少なく、贅肉をそぎ落としたようなストーリー展開でグッと心を奪われました。

オヤジとローティーンの女の子が登場するのですが、二人のやりとりが軽快でテンポがよかったです。

では早速内容を

出会い系サイトで知り合ったヘイリーとジェフ。

ヘイリーは、好奇心旺盛な14才の女の子、ジェフは、32才の売れっ子カメラマンだった。

3週間の間、二人はお互いのことを話し、ついに実際に会う約束をする。

待ち合わせのカフェで初めて会う二人。14才にしては、大人びて見えるヘイリーに、ジェフは一目で惹かれる。

父親が医学博士で、自分も大学院の授業を受けているというのも、魅力的だった。

彼は、郊外にあるスタジオ付きの自宅へと少女を招き入れる。

しかし、それは彼を陥れるために仕組まれた巧妙な罠だった。

001_58








いやぁ~少女を舐めてたら痛い目に会いますぞ!

なんて感じで、なんと作中、彼女は男を縛りつけタマタマ(男の大事なもの)を取り去ろうとするのです。

『私って外科医志望なの』なんて笑顔で

これは男にとっては・・・・・

こってり冷や汗をかきました。

その他全般的には男も少女も頭の回転が早く気転が利いた会話で飽きる事がありませんでした。

それもこれも彼女の演技が真に迫っており素晴らしかったからでしょう!

しかもこれがデビュー作のようで・・・・

彼女の出演する映画は今後も要チェックです。

何故彼女がこんな暴挙に出たかなどを知りたければ是非作品を観てください。

お薦めできる作品です。

2007年6月11日 (月)

出たぁ~1試合2発

本日は映画の話をする予定でしたが急遽変更しましてMLBの話をしたいと思います。

何故かって言うと、まずはアリゾナVSボストンでビッグ・ユニットことランディー・ジョンソン投手とDiceKこと松坂投手の対決があった事と

A-Rodことアレックス・ロドリゲス選手がVSピッツバーグ戦で1試合2発のホームランを放ったからです。

まずは松坂投手ですが・・・・

残念な結果に終わりましたが内容はまずまずだったようで次に繋がるピッチングを披露したようです。

こんな松坂投手から同点に追いつくタイムリーを放ったのが昨日紹介したドリュー弟のスティーブンでした。

ヒットはこの1本でしたが価値ある1本だったと思います。

一方、兄貴のJDドリューは予想通り相手がサウスポーだった為スタメンから外れていて代打で一打席立ちましたが凡退したようです。

この勝負は老獪なピッチングで強力打線を抑え込んだランディーの勝ちでした。

これで松坂投手は7勝5敗 防御率4.52となりましたが、防御率は少なくても3点台にしないと・・・・・

一方ヤンキースですがピッツバーグ相手に打線が爆発し13-6で快勝しましたが6点も取られている投手陣は相変わらずで、この調子だと先行きは・・・

打線を見るとアブレイユ選手が上昇気流に乗ったかのような活躍をしており、その後を打つアレックス選手をアシストしており、Goodな関係を築いているようで、この日も2本のホームランを放ちました。

これで再び量産体制?って感じで嬉しいのですが・・・・・

2本目のホームランは、なんと本日メジャーデビューを飾った、あの桑田投手からだったので複雑な心境です。

なんせ桑田と言えば昔から個人的に好きな選手ベスト3に入る選手で、今年も密かに応援していた選手だったからです。

もう一回くらいはチャンスがあると思うので、次こそはクレーバーなピッチングを期待してます。

桑田よ!

打たれた後のインタビューでも満面の笑顔で、それ程嬉しかったんですね。

あのドロンをしたカーブやコーナーギリギリにコントロールされるスライダー中心に頭脳的なピッチングを期待してます。

なんてな!

まぁ色々あった一日でしたが本日はこんなカードを紹介します。











それでは・・・













どうぞ!




























Img576









2004 Upper Deck Vintage Stellar Signatures

2004年にリリースされたA-RodのAutoカードで150枚限定の一品です。

鋭い眼光で何かを見つめてますが・・・

何を見つめているかは・・・・分かりません!

が、その眼光でピッチャーを萎縮させガンガンホームランをかっ飛ばして欲しいと思ってます。

もう今年のヤンキースは打ちまくって勝つしかなさそうなのでアレックスの打棒には否が応でも期待しちゃいます。

2007年6月10日 (日)

二人合わせて5安打

インターリーグ真っ最中のメジャーリーグですが、本日は私が注目する兄弟選手が激突し共に活躍しました。

その選手とはドリュー兄弟の事で兄のJDドリューは5打数3安打2得点、弟のスティーブンは5打数2安打2打点1ホーマーでチームに貢献しました。

結局、3-4でボストンが勝利したのですが勝ち投手がなんと岡島投手で彼のチームに於ける存在感の強さを印象付けたと思います。

一昨日の試合では兄に軍配があがり5打数3安打7打点(2本の3ランを含む)でチームの勝利に貢献しましたが、弟はヒットなしの4タコでした。

ここまでは兄貴に軍配があがってますが、明日の第3戦はランディージョンソン投手と松坂投手が先発します。

松坂投手には悪いのですが、ここはリーグが面白くなる為にもジョンソン投手の踏ん張りに期待したいです。

もちろん、両ドリュー選手にも期待してますが・・・・

ここ最近当たりが出てきている兄貴のドリュー選手ですが、相手がサウスポーなのでベンチウォーマーの可能性もありますよね!

明日のこのカードは要チェックですね!

話を戻しますが直接対決で兄弟揃って活躍するなんて、そうそうある事ではないので本日は、こんなカードを紹介します。












それでは・・・・



















いきますよぉ~!




















ドーン!

















Img575









2005 Upper Deck Update Link to the Future Dual Autographs

兄弟揃った非常にレアなカードで我が家では奇跡のカードなんて呼んでいます。

他にはUltimate Collectionでも同様の組み合わせのカードが存在しているのを確認してます。

弟のスティーブンがトップ・プロスペクトだったので実現した組み合わせなのでスティーブン様様なのですが、それに見合った活躍が出来てないのが残念です。

ちなみにこのカードは友人のK氏から譲り受けた一品で、大切な1枚となってます。

それにしても兄弟揃って打率2割5分以下って・・・・

なんだか悲しくなってきました。

彼らの今後の奮起を期待してやみません。

2007年6月 9日 (土)

ザ・ルーム(The Room)

ベルギー発の作品で、あの映画を連想し期待したのですがパッケージを見ると・・・

ソウに激似で、あぁ~ダメだろなぁ~なんて思いつつもレンタルして観た作品で、途中ちょっとばかりソウを彷彿とされる場面があるのですが・・・・・

ガッカリした作品です。

ある家族が題材となっているのですが、一家揃って幻想を抱いたのか?

はたまた妄想壁のある一族なのか?

なんだか雲行きが怪しい展開になり・・・・

と言う事でここで簡単に内容を

父親は売れない音楽家、少々ヒステリックな母親、ダウン症候群でおまけに事故に遭遇し下半身が不自由な兄、親がわからない子供を身ごもった引きこもり気味の妹、好奇心旺盛でいたずら好きな弟の5人家族が、ある家に慎ましく暮らしてました。

ある日、子供をおろすように言われた妹が家を出て独立すると言い出す。

そんな時、家族誰もが理解できない謎の扉が2回廊下の突き当たりに出現する。

まずは弟がそこへ引き込まれ行方不明になる。

謎の扉はビクとも動かない。

両親及び妹は助けをよぶ為に電話を・・・

しかし電話も繋がらない。

父親は玄関のドアや窓を破ろうとするが、それも不可能!

家族は完全に我が家に閉じ込められる。

果たしてこの謎の扉の意味するものは?

そして家族の運命は・・・・

001_61












いやぁ~中盤以降は意味不明な描写が連続で疲れました。

言わんとする事は理解できるのですが・・・・

理解できない方がよかったのじゃないかと思わせる内容でした。

それにしてもあの映像のフラッシュはやり過ぎじゃないかと・・・・

ホラー系好きの私でも閉口しました。

子供の○○○は、いけませんよ!

2007年6月 8日 (金)

あぁ~惜しかったです

ボストン・レッドソックスのエース、カート・シリング投手があと1死とればノーヒット・ノーランと言う快挙を達成するところでした。

あと1アウトで痛打され記録を逃すなんて・・・・

稀に聞く話ですが、後々後悔するようで、シリング投手もヴァリテック捕手のサインに首を振りファストボールを投げた事に後悔しているようです。

ちなみにシリング投手は

「2死になったとき、いけると確信した。それなのに(サインに)首を振ってしまった。これからの人生、『もしうなずいていたら』という気持ちにさいなまれるだろう」

とコメントしているようです。

まぁそれでも1-0と言う僅差で勝利し、チームの連敗をストップさせた功績は大きいと思います。

出来ればもう少し連敗して頂いてリーグが面白くなれば良かったのになんて思っているのですが・・・・

そんな事で本日はこんなカードを紹介します。

それでは・・・・












行きます!














ウォ~リャ~!



















Img571

















2003 Ultimate Collection Buybucks

そうです!

私がレギュラーカードにサインペンで落書きしたカードです!

そうそう

って違うだろ!

と、中途半端なノリツッコミは置いといて

いわゆるバイバックと言われるカードでメーカーが過去にリリースしたカードを買い戻し?、選手にサインを書いてもらい再びパックにインサートしたカードで、一部のマニアには人気のあるカードです。

まぁこのカードだけでは、上に記したように勝手にサインを入れても真贋の区別がつかなくなるので証明書のようなものが付随してます。

それがこんなモノです。

Img574

















中央部にホログラムのシールが貼っており、そこにシリアルナンバーを刻印されてます。

斜めに貼られているのが、いかにもアメリカンテイストですかね!

どうせならまっすぐ貼って欲しいところですよね!

そして本体のカードの裏にも同様のシリアルナンバーのホログラムが貼られてます。

それがこれです。

Img572

















拡大すると・・・・

こんな感じです。

Img573






これらが全て揃って初めてこのカードが正式にアッパーデック社からリリースされたカードだと証明出来るのです。

ここまで長々書いてきましたが

『そんなん知っているよ!』

とお叱りを受けそうで・・・・

申し訳ありません!

ちなみにこのカードはシリアル2/3で3枚限定のカードで、以前、某大型オークションで落札したのですがそこでは、あまり人気がないようで、自分が思っていたプライスよりもかなり安価で購入できたと記憶してます。

ダイアモンドバックス時代のカードだから安いんじゃないかって意見もありますが・・・

それにしてもメジャーの一流投手って年齢を重ねても素晴らしいピッチングができるものですね!

出遅れてますがヤンキースのクレメンス投手にも彼の様なピッチングを期待したいです。

そして低迷しているチームを救って欲しいと思ってます。

2007年6月 6日 (水)

ナイロビの蜂

ブラジル貧民街の少年を描いた『シティ・オブ・ゴッド』を手掛けたフェルナンド・メイレレス氏監督作品で2005年公開のイギリス映画です。

結構期待値が高くワクワクドキドキしながら観たのですが・・・・

ラストにとんでもない事が起きビックリしました。

こんな感じのエンディングは観たことがありません!

ラストを観てこれだけショックを受けるとは・・・・

不覚でした。

またアフリカ大陸及びアフリカ人を食い物にして肥え太る先進国の大企業の影がチラホラ見える社会派の作品でグッと引き込まれました。

ここで簡単に内容を

それは、しばしの別れのはずだった。

英国外務省一等書記官のジャスティンは、ナイロビの空港からロキへ旅立つ妻テッサを見送った。

「行ってくるわ」

「じゃ2日後に」

それが妻と交わす最後の会話になるとも知らずに・・・・

ジャスティンに事件を報せたのは、高等弁務官事務所所長で、友人でもあるサンディだった。

テッサは車で出かけたトゥルカナ湖の南端で殺された。

彼女は黒人医師アーノルドと共に、スラムの医療施設を改善する救援活動に励んでいた。

今回もその一環のはずだったが、同行したアーノルドは行方不明、警察はよくある殺人事件として事件を処理しようとするのだが・・・

※公式サイト

http://www.nairobi.jp/

001_55









結婚後も彼女がどんな仕事をしているのか知らされない男が彼女の死によって

”真の彼女”

を探す為に全てを捨てて旅をするって感じの作品でした。

壮大なアフリカ大陸は美しく描かれてますし、妻が死んだ夫の苦悩なども繊細に表現されてましたが、邦題の『ナイロビの蜂』はないでしょう!

原題の『真面目(実直)な庭師』の方が全然○だと思いました。

まぁ登場する大手製薬会社のロゴマークが蜂だったからなのかもしれませんが、センスのない題名ですよね!

内容はちょっとテーマが重いですが観て納得できるモノです。

社会派映画が好きなO氏にはラストの是非を語ってもらいたいもんです。

最後にヒロインのテッサと言う名前が呼ばれるたびに○グ刺しをイメージしてしまう私って食いしん坊なのでしょうかね?

てっちりにてっさ!

やめられませんなぁ~

なんてくだらない事を言ってますがなかなかの映画ですよ!

2007年6月 5日 (火)

サイクルヒットがでたぁ~

オークランド・アスレチックスのマーク・エリス二塁手が4日、地元でのボストン・レッドソックス戦で球団史上17度目のサイクル安打を達成しました。

昨年の記録ですが632の守備機会でエラーがたったの2つと言う事実から、彼に対しては守備の人ってイメージが強く、こんな記録を達成できると夢にも思いませんでした。

これからは考え方を改めたいと思っています。

記録を辿ってみると2回の第1打席で2点タイムリー三塁打を放つ。

4回の第2打席で4号ソロ

6回の第3打席ではセンターへのツーベースを打ち、サイクルヒットに王手。

しかし8回の第4打席ではサードゴロエラーに倒れ、快挙達成はならずかと思われた。

ところがチームが9回表に2点差を追いつかれると、その裏の無死満塁で得点することができず、試合は延長戦へ。思わぬ形で再トライのチャンスを得たエリスは、10回1死走者なしの場面で左腕J.C.ロメロ投手からセンターへのヒットを放ち記録を達成しました。

あえて勝ちを見送り、彼の記録をアシストするかのような展開で、本当に幸運だったと思います。

そんな事で本日はこんなカードを紹介します。










それでは・・・・













いきますよぉ~















じゃぁ~ん!


















Img570
















2002 Select Rookies & Prospects

2002年にリリースされた彼のルーキーAutoカードです。

彼のAutoカードに関してはリリース数が極端に少なく、プライスはともかくレアな一品だと思います。

使われている写真が守備をしているなんていかにも彼らしいのですが・・・・

記録に名前を残しましたね!

こんな日でもなければ紹介する事が出来なかったカードだと思いますので、本日は何故かスッキリした気分です。

だからベースボールは楽しい!

参考までにメジャーリーグ選手名鑑を紐解くと・・・

ミートと守備のエキスパート!!

ミート!?

お見それしました。

ちなみに彼って元々ロイヤルズ傘下の選手だったようで、2000年のオフにジョニー・デーモン選手らと共にアスレティックスに移籍したようです。

その時アスレティックスからロイヤルズに移籍した選手の中に、後(のち)に新人王を獲得するアンヘル・ベローア選手がいました。

2007年6月 3日 (日)

期待の新星

本日紹介するカードは友人のK氏お薦めの選手で、彼曰く

『数年後にはリーグを代表するクローザーになっている筈』

と自信満々に語っていた選手で、その時はまだ実際に投球する姿を見た事がなかったのですが、この話を聞いた後に動画で拝見したら・・・・・

たしかに凄い球を投げる投手で私もすっかりファンになってしまいました。

あと怖いのは怪我だけで、数多(あまた)の才能溢れる投手がこれによって泣かされてきた事を考えると心配です。

では早速そのカード及び選手を紹介します。

その選手とは・・・・









彼だぁ~!











ドーン!















Img568










2006 Tristar Prospects Plus Farm Hand Autographs

そうです!

ブランドン・モロー選手です。

マリナーズの試合は日本でも放送される事が多いので、ご覧になったかたも多いと思いますが凄い球を投げていると思いませんか?

彼って昨年のドラ1で入団した2年目の選手なんですね!

参考までに昨年のドラフトトップ10は

全体 1位 :ルーク・ホーチェバー投手-ロイヤルズ

    2位 :グレゴリー・レイノルズ投手-ロッキーズ

    3位 :エヴァン・ロンゴリア三塁手-デビルレイズ

    4位 :ブラッド・リンカーン投手-パイレーツ

    5位 :ブランドン・モロー投手-マリナーズ

    6位 :アンドリュー・ミラー投手-タイガース

    7位 :クレイトン・カーショウ投手-ドジャース

    8位 :ロバート・スタッブズ中堅手-レッズ

    9位 :ウィリアム・ラウエル三塁手-オリオールズ

    10位 :ティモシー・リンセカム投手-ジャイアンツ

です。

読み方が間違ってましたら御免なさい!

話は変わりますが今後の彼の飛躍を期待してます。

ちなみに上記のカードはオークションにて落札したモノですが、勢いあまって数枚入札してしまい、こんな結果になりました。


Img569
















同様のカードを2枚も落札して・・・・

まぁこれだけ期待値が高いって事なんです。

2007年6月 2日 (土)

ヒューマン・ネイチュア(Human Nature)

この作品は以前も観た事があったのですが、何故かもう一度観たくなりレンタルした作品で、せっかく鑑賞したのでこのブログで紹介しようと思いました。

人は皆、理性と言う皮を被って生きている!

その皮を剥ぐと・・・どうなるのか?

そんな事を教えてくれる映画です。

おバカな恋愛系ヒューマン映画で笑える事必至だと思いますよ!

で、簡単に内容を

異常に毛深い体質の女性ライラ。

ナチュラリストの彼女の恋人は、マナーに異常な関心を示すネイサン博士。

礼儀正しい文明社会こそが人類を救うと信じ、研究のためネズミにテーブルマナーを学ばせる日々。

二人はある日、森にデートに出かけたところ、自分を猿だと思い込んでいる男に出会う。

恰好の研究対象を得たネイサンは、彼を“人間”として再教育しようと連れ帰りパフと名付ける。

だがネイサンの行動に異を唱えるライラは、ありのままのパフを尊重すべきと主張。

そしていつしか、彼女はパフに対して特別な感情を抱き初めてしまう……。

001_56







各々の回想シーンでストーリーが展開するのですが、死ぬと真っ白な部屋に行くなんて初めて知りました。

ただエンディングが・・・・

メチャクチャ後味の悪い感じで終わってしまうのです。

お前は○○したかったんちゃうのかい!

などとツッコミを入れたくなるほどの・・・・

まぁこのシュールさも、この作品の一部なんですかね?

シキタリやマナーに縛られた生活じゃない、今の生活ってとても幸せな事なんだと改めて実感しました。

とにかくナンセンスな映画でした。

人はいったん獲得した自分の生活レベルを簡単には下げる事ができないよなぁ~

なんて改めて考えました。

2007年6月 1日 (金)

Saw3(ソウ3)

友人のO氏から借りることができ、やっと観ると事が出来たなァ~って感じの作品で、じっくり鑑賞する予定でいました。

ところが・・・・

ハナっから痛ぁ~いシーンの連発で体中がムズムズし拒絶反応が出てました。

それでも観るんですけどね!ハハハ

と言う事で簡潔に内容を

女刑事ケリーは、小学校でおこった殺人現場に呼び出される。鎖に繋がれた死体は爆弾で飛び散っていた。

死体が行方不明となっていたエリック刑事では無かった事に、ケリーは胸をなでおろす。

でも、ジグソウはもう動けないはずなのに、これらの仕掛けはいったい誰がやったのか?

しかも、今までのジグソウのパターンとは違うようだ。

その日の夜、ケリーは何者かに拉致され、気が付くと、どこかの地下室に監禁されていた…。

新たなゲームが、スタートしたのだろうか?

そうです!

そうなんです!(川平慈英風に)

スタートしたんです。


※公式サイト

http://saw-3.jp/

Img557















過去を繋ぎ合わせるシーンなどが満載で、面白かったのですが、逆にジグソウの私生活、特に人形をせっせと作っている姿なんかを見ていると情けなくなってきました。

まるで内職をするおばはんの様に・・・・

彼はもっとカリスマ性があり怖かった筈だ!

これじゃジグソウも我々小市民と変わらなのだなぁ~なんて感じました。

そんな理由から1&2で感じた恐怖などは微塵もありませんでした!

とりあえず物語りは終結を迎えたので、これ以上はやめて欲しいです。

もしSAW4なる作品が作られたとしたら間違いなく駄作で終わるでしょう!

そんなギリギリな感じの作品で、私個人的には辛うじて受け入れる事が出来ました。

それにしても息子を交通事故で失い、ワイフを殺され、娘を監禁されたおっちゃんってどうなったんでしょうかね?

ちなみに私の友人の中にはあの監禁された娘がすでに英才教育を受けており3代目ジグソウを襲名し大暴れするなんて言ってましたが・・・・

・・・・

それだけはやめてくれ~!

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »