Alex Rodriguez auto card Gallery 2007年11月更新

  • 2007 Topps Alex Rodriguez Road to 500 Autographs
    ライフワークとも言えるAlexRodriguez選手のAutoカードのコレクションです。 本ブログにて紹介してきたカードをUPしていきます。

日本人プレイヤーGallery 2007年12月更新

  • 2007 Bowman RC AU #219c
    手元にある日本人プレイヤーのカードを紹介します。 とりあえずこのブログで紹介したカードから順に並べていきますがその後は不定期に更新するのでご覧下さい。

JD Drew Card Gallery(不定期に更新します)2007年11月更新

  • 2000 Fleer Focus Fresh Ink
    JDドリューに関してはレギュラーカードからフルコンプを目指しています。 とは言っても最近レギュラーカードにもリストアップされない事が多いので残念です。

任務完了Ⅰ 2000 Topps HD

  • 2000 Topps HD Cal Ripken Jr
    2枚でコンプリのこのシリーズですが、ジーターが1:859、リプケンが1:4386と高オッズのカードです。

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

おすすめのリンク

« 首位独走の原動力 | トップページ | キサラギ »

2007年6月26日 (火)

ドリフト(Drift)

このタイトルを見て”車関係の映画!?”って思った方は正常です。

ただこの作品には車は登場しません!

その代わりに船が登場します。

ずばり海洋パニック・サスペンス映画でなんとスペイン映画です。

よって会話は全てスペイン語なので新鮮でした。

で、簡単に内容を

バカンスでこの地を訪れていた女性カメラマンのサラは、休暇でダイビング・ツアーに参加。


ボートに同乗した5人と共に沖合に出るが、そこで彼らは漂流している死体を発見。

さらにボートは事故で炎上し、彼らは海に投げ出されてしまう。

絶望と焦燥に駆られながら、果てしない海面を漂うサラたち。

やがて彼らの前に、古びた貨物船が現れる。

6人は狂喜して助けを求めるが、その彼らの目前で殺人がおき死体が海に投げ込まれる。

しかし彼らはこの船に乗り込まなければ、海の藻屑となってしまう・・・・。

彼らは覚悟を決めて貨物船に乗ることにする。

そこで彼らが見たものは・・・・

そして彼らの運命は?

001_57

















船内に隠れる6人の男女の緊張感が伝わってくる作品で、幼少時にハラハラドキドキして隠れていたかくれんぼを思い出しました。

結局、見つかっちゃうのですが・・・・

貨物船の乗組員の人間性なんかも描かれているので、途中から怖さは半減しましたが、思わぬ展開で観る者を楽しませてくれます。

人間の理不尽なところが随所に感じられる映画でした。

かなりマイナーな作品ですが見つけたら即借りでしょう!

« 首位独走の原動力 | トップページ | キサラギ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

往年の名作ですね。
自分は加藤派だったなぁ~。
いかりやの『おい~っす』が聞けなくなって寂しいですね。

大人の鬼ごっこ
見てー

ayasam様
私も加藤派で、彼のお下劣なギャグ(ウン○チンチ○など)が好きでした。

ryo様
是非観てください
終盤は拍子抜けするかもしれませんが・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148904/15170754

この記事へのトラックバック一覧です: ドリフト(Drift):

» 和ブログ傘 [アルジャジーラが報じた]
と述べた イスラム教 天気 [続きを読む]

« 首位独走の原動力 | トップページ | キサラギ »