Alex Rodriguez auto card Gallery 2007年11月更新

  • 2007 Topps Alex Rodriguez Road to 500 Autographs
    ライフワークとも言えるAlexRodriguez選手のAutoカードのコレクションです。 本ブログにて紹介してきたカードをUPしていきます。

日本人プレイヤーGallery 2007年12月更新

  • 2007 Bowman RC AU #219c
    手元にある日本人プレイヤーのカードを紹介します。 とりあえずこのブログで紹介したカードから順に並べていきますがその後は不定期に更新するのでご覧下さい。

JD Drew Card Gallery(不定期に更新します)2007年11月更新

  • 2000 Fleer Focus Fresh Ink
    JDドリューに関してはレギュラーカードからフルコンプを目指しています。 とは言っても最近レギュラーカードにもリストアップされない事が多いので残念です。

任務完了Ⅰ 2000 Topps HD

  • 2000 Topps HD Cal Ripken Jr
    2枚でコンプリのこのシリーズですが、ジーターが1:859、リプケンが1:4386と高オッズのカードです。

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

おすすめのリンク

« 召集令状!? ドリューにタンに時々ライター | トップページ | アンフェア the special コードブレーキングー暗号解読 »

2007年5月 6日 (日)

本当に凄い選手

4月にホームランを量産したAーRodですが、ここ数試合ヒットは打つが大きいのがご無沙汰です。

そんな彼を尻目に徐々に調子をあげている選手がいます。

現時点では打率.357でリーグ4位、ホームラン9本でリーグ2位タイ、打点は30でリーグ2位です。

この選手とオルティス選手は打撃部門でアレックス選手にとっては最大のライバルになると思います。

この選手とは・・・・・







いきますよぉ~!
























じゃ~~ん!

























Img544

















2004 Playoff Prestige Stars of MLB Jersey Autographs

そうです!

ブラディミール・ゲレーロ選手です。

このカードは15枚限定のAutoカードで、両国のカードショーにてK様の福パックから引いたカードです。

まだ2004年リリースのカードながらエクスポスのユニフォームを着ているデザインで素手でバットを握る雄雄しい姿が印象的です。

ただシール・オートだって事が難点ですかね!

それにしても毎年コンスタントにこれだけの成績をあげる選手は殆ど見当たりませんよね!

ここで簡単に彼の経歴を説明すると

ドミニカ共和国に生まれたゲレーロは、幼き日から貧しさとともに過ごした。

中学に入る前にドロップアウトし、魚などを売り歩き、生計を助けたという。

16歳になった頃、ドジャースのアカデミーに参加し、約8週間にもわたってプレーした結果、契約は結んでもらえなかった。

続いてレンジャーズのテストにも挑戦したがこれもダメだった。

そして、エクスポズのトライアウトに挑戦。

外野から矢のような送球を2つ投げて、その強肩をアピール。

打撃ではショートゴロを放ち、1塁へ駆け込んだ際に股関節を痛めてしまう不運。

ゲレーロは不揃いのスパイクで臨んだわけだが、これだけのプレーでエクスポズは契約を申し出た。

とはいっても実際のところ、この時点でエクスポズは高い評価をしていたわけではない。

ともあれ、ゲレーロは見事に契約金2000ドルを手にした。

プロとしてのスタートを切ったゲレーロは、1994年のドミニカ・サマーリーグでは25試合に出場し、打率.424を記録し、才能の片鱗を見せた。

翌95年は1Aアルバニーで110試合に出場し、打率.333、さらに翌96年は2Aハリスバーグで118試合に出場し、打率.363をマークし、リーグの首位打者にも輝いた。

この年の9月後半、ついにメジャーへ昇格。

この時点でまだゲレーロは20歳である。

1997年は開幕から新人王の候補に挙げられていた。

同じ候補には当時ドジャースにいた実兄のウイルトン・ゲレーロもいた。

しかし、開幕前に自打球を当ててしまい、いきなり故障者リスト入り。

5月に入ってから戦線に復帰するが、結局この年3度も故障者リストに入る不運で、わずか90試合にしか出場できなかった。

しかし、その中でも打率は.302をマークしたのはさすがである。

こうして迎えた1998年、前年の鬱憤をはらす大活躍を見せた。

打率.324、38HR、109打点をマークし、チームの三冠王となる大活躍。

シーズン38HRは球団新記録である。

お金のないエクスポズだが、このゲレーロと5年契約を結んだ。

その後はエクスポスでコンスタントに活躍し、ついに2004年初のアメリカ及びア・リーグのエンゼルスに移籍する。

語学の問題やリーグが変わった事で活躍できるか懸念されましたが、リーグMVPを獲得する活躍を見せる。

ちなみに昨シーズンもチーム3冠王の成績でした。

ただ昨年あたりから右膝に故障を抱えるようになったのが不安材料です。

まぁありがたい事にアリーグにはDHがあるので、足に不安がある時はDHで起用するのもありですかね!

これだけ個性的な強打者は稀に見る存在なので今後も頑張って欲しいと思ってます。

« 召集令状!? ドリューにタンに時々ライター | トップページ | アンフェア the special コードブレーキングー暗号解読 »

トレーディングカード」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

MLB」カテゴリの記事

コメント

この選手は本当に凄いですよ。
三振数が以上に少ないことで驚いたことがあります。
ゲレーロのオートもかなり安価になってますね。
実力と価格のバランスが取れると良いんですけどね。

ゲレーロオートいいですね
いつかは引いてみたい選手です

ayasam様
そうですね!
過小評価されている選手の1人ですよね
Autoが安いのは乱発しすぎだから・・・

yama様
コツコツ開けていれば必ず引けると思いますよ!
私でさえ数枚引いてますから・・・
ガンバレ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148904/14981033

この記事へのトラックバック一覧です: 本当に凄い選手:

« 召集令状!? ドリューにタンに時々ライター | トップページ | アンフェア the special コードブレーキングー暗号解読 »