Alex Rodriguez auto card Gallery 2007年11月更新

  • 2007 Topps Alex Rodriguez Road to 500 Autographs
    ライフワークとも言えるAlexRodriguez選手のAutoカードのコレクションです。 本ブログにて紹介してきたカードをUPしていきます。

日本人プレイヤーGallery 2007年12月更新

  • 2007 Bowman RC AU #219c
    手元にある日本人プレイヤーのカードを紹介します。 とりあえずこのブログで紹介したカードから順に並べていきますがその後は不定期に更新するのでご覧下さい。

JD Drew Card Gallery(不定期に更新します)2007年11月更新

  • 2000 Fleer Focus Fresh Ink
    JDドリューに関してはレギュラーカードからフルコンプを目指しています。 とは言っても最近レギュラーカードにもリストアップされない事が多いので残念です。

任務完了Ⅰ 2000 Topps HD

  • 2000 Topps HD Cal Ripken Jr
    2枚でコンプリのこのシリーズですが、ジーターが1:859、リプケンが1:4386と高オッズのカードです。

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

おすすめのリンク

« 2度目のウェーブ | トップページ | チャーム・ポイントは○○ »

2007年5月23日 (水)

地獄の変異

またまた観てしまいました!

その名も『地獄の変異!』

って・・・

邦題に関しては驚くほどボキャブラリーが貧困のような気がします。

もうちょっとあっただろうに・・・・ブツブツ

私ならずばり『フライング地底人』なんて付けるかな?

ベタで在り来たりですが・・・スマソ

と言う事で簡単に内容を

1970年代のルーマニア。カルパチア山脈奥の修道院跡に男たちが財宝を探しにやってくるが建物が崩れ、彼らは闇に消えてしまった。

その30年後、地質研究者のニコライ博士(マーセル・ユーレス)は、カルパチア山脈地下に巨大な水の流れを発見。

精鋭のダイバーチームのメンバーであるジャック(コール・ハウザー)らを呼び寄せ探検を試みるが、トラブルが発生し彼らは完全に閉じ込められてしまう。

出口を探す隊員達はやがて異質なモノの存在に気づくのだが・・・・

てな感じです。

※公式サイト

http://www.jigoku-movie.jp/

001_45







地底で繰り広げられるバトルと言う意味では、前にも紹介した『ディセント』に似ているのですが、こちらはホラーと言うよりもアドベンチャー色が強い作品で残忍なシーンなどは控えめです。

また鍾乳洞や地底湖などの描写が美しいです。

だが作品としてはカット割が細かく早いし、暗闇なので何が起こっているのか把握できずやきもきしました。

映画館で観れば違った印象だったのかもしれませんが・・・・

結局、地底人?の全貌は分かりませんでしたが、羽が生えており空を自由に飛んでいたのは理解できました。

ラスト・シーンは思わせぶりで終了するので、

”その後どうなったんだよ!”

とツッコミを入れてました。

この手の作品の中では丁寧に作られていると思いますので観て損はないと断言します!

ホラー映画だと考えて観ると・・・

違和感があるかもしれませんが

« 2度目のウェーブ | トップページ | チャーム・ポイントは○○ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

久しぶりにワクワク出来そうな映画ですね

観てないようでしたら是非どうぞ!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148904/14880286

この記事へのトラックバック一覧です: 地獄の変異:

« 2度目のウェーブ | トップページ | チャーム・ポイントは○○ »