Alex Rodriguez auto card Gallery 2007年11月更新

  • 2007 Topps Alex Rodriguez Road to 500 Autographs
    ライフワークとも言えるAlexRodriguez選手のAutoカードのコレクションです。 本ブログにて紹介してきたカードをUPしていきます。

日本人プレイヤーGallery 2007年12月更新

  • 2007 Bowman RC AU #219c
    手元にある日本人プレイヤーのカードを紹介します。 とりあえずこのブログで紹介したカードから順に並べていきますがその後は不定期に更新するのでご覧下さい。

JD Drew Card Gallery(不定期に更新します)2007年11月更新

  • 2000 Fleer Focus Fresh Ink
    JDドリューに関してはレギュラーカードからフルコンプを目指しています。 とは言っても最近レギュラーカードにもリストアップされない事が多いので残念です。

任務完了Ⅰ 2000 Topps HD

  • 2000 Topps HD Cal Ripken Jr
    2枚でコンプリのこのシリーズですが、ジーターが1:859、リプケンが1:4386と高オッズのカードです。

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

おすすめのリンク

« レニングラード・カウボーイズ・ゴーアメリカ | トップページ | 笑う大天使(ミカエル) »

2007年4月 1日 (日)

ワールド・チャンピオンのスターター

いよいよ昨年のワールド・チャンピオン、カージナルスと今年の優勝候補、メッツとの一戦でメジャーリーグが開幕します。

そこで本日はカージナルスの絶対的エースとして君臨しているカーペンター選手のカードを紹介します。

Img520















2000 Skybox Autographics #24

この年のSkyboxのAutoシリーズは全132選手分あるのですがリリースの方法が変則的でした。

どこが変則的だったかと言うと、各ブランド(5ブランド)にある決まった選手をインサートして、尚且つオッズも変えてリリースされていたのです。

要は5つのブランドから出現する同デザインのAutoカードの混成で1つのシリーズが成り立っているのです。

例えば私がコレクションしているA-Rodなどは5つのブランド全てにインサートされていました。

反対にウィル・クラーク選手なんかはE-Xのみにしかインサートされてませんでした。

ちなみに各ブランドのオッズは

Skybox  1:72
Dominion 1:144
E-X    1:24
Impact   1:216
Metal    1:96

となっています。

上記で紹介したカーペンター選手のAutoカードはE-X、Impact、Metalの3ブランドでリリースされてました。

当時、このAutoシリーズをコンプリしようと思っていたコレクターが結構たくさんいた事を思い出しました。

話を戻してカーペンター投手ですが2000年はトロントに在籍していたのでカードもトロント時代のものです。

カーペンター投手ってトロント時代は勝ち負けが同数の在り来たりの投手でしたが2003年の怪我を経て2004年にカージナルスに移籍してからは素晴らしい成績を収めており、カージナルス在籍3年で51勝18敗、防御率も3点台前半と申し分ない内容です。

今年のカージナルスはスーパン投手などが抜けて先発ローテーションが不安定なので彼にはエースとして頑張ってもらいたいと思ってます。

« レニングラード・カウボーイズ・ゴーアメリカ | トップページ | 笑う大天使(ミカエル) »

トレーディングカード」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

MLB」カテゴリの記事

コメント

自分はDominionで撃沈した覚えがあります。
この当時のカードは味がありますよね。
写真に躍動感があり、なんともいえませんよ!

ayasam様
私も同様に各ブランドでやられた記憶があります。
ショボン

オークションなんかで見かけるカードですが、こんなカラクリがあったんですね
EXだけ1:24とはオッズのバランスが悪いですよね

yama様
この頃って各ブランドから同じデザインのカードをリリースするって言うのが流行ってました。
UDからも500ホームランクラブなる500本以上ホームランを打った選手のバットカードなんかが各ブランドから1選手づつリリースされてました。
しかも各選手の背番号分だけAutoカードが存在していて・・・・
日本でも多くの人がRetroからテッド・ウィリアムス選手のバットカードを引いた!と言う声が聞かれました。
ちなみに私は結構Boxを購入したのですが1枚も引くことが出来ませんでした。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148904/14482031

この記事へのトラックバック一覧です: ワールド・チャンピオンのスターター:

« レニングラード・カウボーイズ・ゴーアメリカ | トップページ | 笑う大天使(ミカエル) »