Alex Rodriguez auto card Gallery 2007年11月更新

  • 2007 Topps Alex Rodriguez Road to 500 Autographs
    ライフワークとも言えるAlexRodriguez選手のAutoカードのコレクションです。 本ブログにて紹介してきたカードをUPしていきます。

日本人プレイヤーGallery 2007年12月更新

  • 2007 Bowman RC AU #219c
    手元にある日本人プレイヤーのカードを紹介します。 とりあえずこのブログで紹介したカードから順に並べていきますがその後は不定期に更新するのでご覧下さい。

JD Drew Card Gallery(不定期に更新します)2007年11月更新

  • 2000 Fleer Focus Fresh Ink
    JDドリューに関してはレギュラーカードからフルコンプを目指しています。 とは言っても最近レギュラーカードにもリストアップされない事が多いので残念です。

任務完了Ⅰ 2000 Topps HD

  • 2000 Topps HD Cal Ripken Jr
    2枚でコンプリのこのシリーズですが、ジーターが1:859、リプケンが1:4386と高オッズのカードです。

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

おすすめのリンク

« 小さな収穫 | トップページ | このパッチの部分って・・・・ »

2007年3月26日 (月)

SAW ZERO (ソウ ゼロ)

またまた出ましたよぉ~

本家のSAWⅢがリリースされたばかりの昨今ですが、そんな流れに逆境するかのように、懲りずにレンタルした作品が本日紹介する作品です。

邦題はスバリ『ソウ ゼロ』!

この題名から連想させる内容は連続殺人鬼ジグソーが形成されるまでのエピソードだと考えるのが普通ですよね!

キューブゼロやリングゼロはそうでしたよね!

しかし・・・

予想通りそんな内容とは程遠い物でした。

あえてこの”やられた感”を体感したくてレンタルしている自分が馬鹿馬鹿しい存在に思える今日この頃です。

それにしてももっと凄いと思うのが、私の同じような体感を望んでいる人間が他にも沢山いるようで、ずーっとレンタルされ続けていたと言う事実です。

本当に私が住んでいる地域には懲りない面々が多いようで・・・

それに一貫してSAW似のパッケージの作品を次々と惜しげもなく入荷するレンタル店にも拍手を送りたいです。

で、内容を簡潔に説明すると

三流タブロイド紙の記者・フラヴィエンは失踪者の続発する村の取材に向かう。

だが、敵意に満ちた村人たちの視線を浴びながら真実を追い求めるうち、次第に悪夢と幻覚が彼を蝕んでいく。

そして自分の存在をも否定される驚愕の事実を知りフラヴィエンはある決心をする。

とサイコスリラー系の作品に仕上がっているのですが、フランス映画独特の難解なストーリー展開で観る物を拒んでいるような感じがしました。

001_36










パッケージの隅には『SAW』とは関係ない作品ですと明記されているのが一番の笑えるところですかね!

ちなみのフランス語の原題は『Saints Martyrs des damnes』で訳すと永劫の殉教者であり、ますます内容が理解できない感じです。

ただ村などと言う小さなコミュニティーで事件が起こると、なんか閉塞感が充満して息苦しく感じます。

横溝氏の作品(八墓村、犬神家の一族など)はそれの最たる物だと思います。

一番の見どころはヒロインを演じていた女優さんが美しかった事で、主人公との絡みのシーンがあるのですが目が釘付けになりました。ポリポリ

それが1番印象的だった作品でした。

« 小さな収穫 | トップページ | このパッチの部分って・・・・ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

助清は出てくるのかな?

ayasam様
スケキヨですか
彼はこの作品に・・・え~っと・・・端役で出演してました!って出ている訳ありまへんがな!
アホちゃうか


bobbytさん ダメですって
負けるとわかっている戦いに果敢に挑む姿はカッチョイイっすけど

どひゃ~(^^)
ソウにもゼロがあったとは
しかもフランス映画
明らかに悪意を感じますね

パンク様
分かっちゃいるけどやめられない!っと
ご冥福をお祈りします。
合掌
今では『この作品は私をいかにして料理してくれるのだろう』なんて考えつつ借りてしまいます。

ryo様
白地のパッケージでジャンルがスリラーやサスペンス物は要注意ですよ!
ただ先入観なしで観ると名作?なんて思える作品もあるのでやめられません!
私はこれからもドンドン特攻するので、参考にして頂ければ幸いです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148904/14419440

この記事へのトラックバック一覧です: SAW ZERO (ソウ ゼロ):

« 小さな収穫 | トップページ | このパッチの部分って・・・・ »