Alex Rodriguez auto card Gallery 2007年11月更新

  • 2007 Topps Alex Rodriguez Road to 500 Autographs
    ライフワークとも言えるAlexRodriguez選手のAutoカードのコレクションです。 本ブログにて紹介してきたカードをUPしていきます。

日本人プレイヤーGallery 2007年12月更新

  • 2007 Bowman RC AU #219c
    手元にある日本人プレイヤーのカードを紹介します。 とりあえずこのブログで紹介したカードから順に並べていきますがその後は不定期に更新するのでご覧下さい。

JD Drew Card Gallery(不定期に更新します)2007年11月更新

  • 2000 Fleer Focus Fresh Ink
    JDドリューに関してはレギュラーカードからフルコンプを目指しています。 とは言っても最近レギュラーカードにもリストアップされない事が多いので残念です。

任務完了Ⅰ 2000 Topps HD

  • 2000 Topps HD Cal Ripken Jr
    2枚でコンプリのこのシリーズですが、ジーターが1:859、リプケンが1:4386と高オッズのカードです。

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

おすすめのリンク

« マーダーライド・ショー2 | トップページ | 復活!? そして大ブーイング!? »

2007年3月10日 (土)

真夜中の虹&浮き雲

友人のK氏から借りたDVDで全6巻からなるトータル・カウリスマキのVol1の2タイトルを先日鑑賞しました。

勉強不足で彼よりこのDVDを借りるまでアキ・カウルスマキなる人物を知りませんでした。

とりあえず何の先入観も持たずにピュアな気持ちでこの2作品を観たのですが、今までに観たことがない空気感を体感でき、特に2作品目の浮き雲に関しては『よかった!』と感じました。

早速、簡潔にストーリーを

まずは『真夜中の虹』から

フィンランドの北の果て、ラップランドが物語の舞台。

炭鉱が閉山したおかげで失業してしまったカスリネンにキャデラックを託し、父親が自殺してしまう。

この出来事をきっかけに彼はロング・ドライブをする事を決意する。

向かう先は南に位置するヘルシンキ!

そこに向かう途中に彼は、2人組の強盗に有り金全てを奪われてしまう。

仕方無く日雇い仕事を始めるが、その帰りに駐車違反を取り締まっていたイルメリと知り合う。

複数の仕事を抱え、日夜家のローン返済のため働きづめている彼女と、その息子に愛情を抱いてしまった。

そんな彼は思いあまって車を売ってしまうが…。

う~~~ん

何故にあんなにお互い恋に落ちるのが早いのか?

何故、いつ、何処で好きになったのか?

など理解不能なシーンが多く、あまり共感できる作品ではありませんでした!

ただオープンカーのくだりは笑えました!

極寒の地で彼は親父から譲り受けたオープン・カーに乗って旅をしているのですが、ホロの部分が壊れていて閉まらないのです。

そこで彼は凍える中、フルオープンで車を転がす事になり、終始寒そうなシーンが展開していました。

ところが終盤になってスイッチひとつで自動的にホロが閉まる事を知ります。

その時のカスリネンの表情ったら・・・・・

で、チャンチャン!

ってなエピソードです。

ある1人の男の日常や生き様を淡々と描いた作品でしたが、ラストは小さなサプライズがありました。

続いては『浮き雲』

物語の舞台は、現代のヘルシンキ。

夫婦揃って失業してしまった、レストランの給仕長として働いていたイロナと、バスの運転手を務めていたラウリ。

家のローンが残っている2人はとりあえず、職探しをするが全くうまくいかない。

思い余った2人は、一発逆転を狙い、ギャンブルに全財産をつぎ込むが一文ナシになってしまうのだった。

ところが・・・・

とても人事(ひとごと)とは思えない、リストラされ、再就職もままならない夫婦の生活を淡々を描いた作品ですが最後(ラスト)を観たときは何故かホッとしました。

駄目な時はとことん駄目だけど、ちょっとしたキッカケでうまくいけば全てうまくいくと言う、まるで私のパチンコ理論を地でいくような内容でした。

それにしても生死をかけた最後のギャンブルって絶対に負けるよね!

って改めて実感しました。

これって万国共通の理論なんですよね!

それからイロナの能面ぶりには感服しました。

終始、表情を変えずに演技しており、途中から笑けてきました。

で、ラストに忙しさの中でひととき息をついた2人が空を見上げるシーンがあるのですが、夫婦の視線が捉えているであろう”青空におだやかに浮かぶ雲”を一切描写しておらず、ここからタイトルがつけられた事を鑑(かんが)みると監督の力量が素晴らしいのだと推測されます。

Img504

















とりあえず先入観なしで2作品を鑑賞しましたが、私には新しいジャンルの映画で楽しむ事ができました。

ちょっと小津作品を彷彿させる感じではありましたが・・・

それと2作品に共通していたのは”お金に困ったら車を売る”、”しかも高くふっかけて、必ず値切られて安く売る事になる”、”主人公がヘビースモーカーで大酒のみである”などなど・・・・

またカウリスマキ氏は『言葉がなくても通じる映画』を目指しているようですが、2作品とも見事に実践されていると思いました。

それは余分な擬音(例えば殴られた時のバシッ!と言う音)が一切なく、逆に音だけで次の展開を想像させてくれる(例 ショーウィンドが映り、ガラスの割れる音がする これだけで彼らが脱獄後に囚人服を脱いでディスプレイされていた服を盗んだと想像できる。)シーンが満載でした。

あと5枚のDVD、10作品の未鑑賞のカウリスマキ作品があるので、おいおい紹介していきたいと思ってます。

Kさん、見応えのあるDVDを貸して頂き、ありがとうございます!

« マーダーライド・ショー2 | トップページ | 復活!? そして大ブーイング!? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

そうですね。言われて見ると小津作品っぽいですね。
人によっては好き嫌いが分かれるでしょうね。
映画が本当に好きな人にはちょっと見入ってしまう作品だと思います。

またBobbytさんらしからぬ映画を鑑賞してますね!
てっきり大作やホラー映画ばかり見ているのかと思ってました

Coco様
やっぱりそう思いますよね!
この作品を観ていて何十年も前に観た小津作品を思い出しました。
家でじっくり観る映画だと思います。
こういうのも良いですね!

ryo様
私は映画に関して猿並みに雑食で何でも観ます。
もちろんグロイ映画も大好物です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148904/14207070

この記事へのトラックバック一覧です: 真夜中の虹&浮き雲:

» アルバイトネット情報一覧 [アルバイト ネット 情報一覧]
アルバイトネット情報一覧RSS [続きを読む]

» ■緊急告知■【3月31日23:59】【販売終了】いたします。再販はございません [競馬革命]
競馬予想業界に大革命!あなたの資金が285倍になったら競馬をやめられますか? [続きを読む]

» クレジットカードで審査が甘いの見つけました [審査の甘いクレジットカード]
はじめまして。クレジットカードに関するRSSを集めておりますので、トラックバックさせていただきました。 [続きを読む]

» カスタムビックスクーターカスタムアメ車を画像でご紹介!!! [ビックスクーター アメ車 カスタム情報]
又遊びに行かせて頂きます。宜しくお願い致します。 [続きを読む]

« マーダーライド・ショー2 | トップページ | 復活!? そして大ブーイング!? »