Alex Rodriguez auto card Gallery 2007年11月更新

  • 2007 Topps Alex Rodriguez Road to 500 Autographs
    ライフワークとも言えるAlexRodriguez選手のAutoカードのコレクションです。 本ブログにて紹介してきたカードをUPしていきます。

日本人プレイヤーGallery 2007年12月更新

  • 2007 Bowman RC AU #219c
    手元にある日本人プレイヤーのカードを紹介します。 とりあえずこのブログで紹介したカードから順に並べていきますがその後は不定期に更新するのでご覧下さい。

JD Drew Card Gallery(不定期に更新します)2007年11月更新

  • 2000 Fleer Focus Fresh Ink
    JDドリューに関してはレギュラーカードからフルコンプを目指しています。 とは言っても最近レギュラーカードにもリストアップされない事が多いので残念です。

任務完了Ⅰ 2000 Topps HD

  • 2000 Topps HD Cal Ripken Jr
    2枚でコンプリのこのシリーズですが、ジーターが1:859、リプケンが1:4386と高オッズのカードです。

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

おすすめのリンク

« タイヨウのうた | トップページ | レニングラード・カウボーイズ・ゴーアメリカ »

2007年3月30日 (金)

メジャー開幕の今、改めて思う事

もういくつ寝ると開幕だぁ~っと♪

と言う事でいよいよメジャーリーグが開幕します。

昨年辺りから若手が台頭してきており、今年も新たに見る顔が活躍する様が目に浮かんできます。

それと同時に私がカードを収集し始めて10年ほど経つので、その頃スーパースターだった選手がベテランの域に差し掛かってきて力に翳りが見えてきている時期なのです。

収集当初に”集めようか!”と思って、コツコツ集めていたトラビス・リー選手なんかは何処かに消えているし、大物ルーキーと騒がれていたドリュー選手なんかは中堅からベテランと呼ばれる年齢に差し掛かってきました。

だからこそ私個人にとって今年はカード収集に於いてターニングポイントとなる年だと思います。

よってじっくり拝見して新たに収集対象となる選手を決めるなり、収集方針なりを変える予定でいます。

ただドリュー選手のようにコロコロチームが変わると”何だかなぁ~”と思い収集意欲が沸かなくなったりするので、チームを対象に収集する事になりそうですが・・・・

私の場合は元々ドリュー選手が在籍していたカージナルス、松井選手、A-Rodが移籍して好きになったヤンキースと、この2チームが好きなので、どちらかのチームに絞って収集していくと言う流れになっていきそうです。

と言う事で本日は私が長年?集め続けてきた3選手のカード達を紹介します。

1選手1枚、適当に選んだカードを紹介しますのでガッカリしないで下さい。

それではいきますぉ~

まず1枚目はこれだぁ~!



Img519_1







1999 SPx Winning Materials TL

これが引きたくて沢山の箱開けしたシリーズです。

それにしても懐かしいですよね!

私も久しぶりこのカードを見て胸の中で込上げる物がありました。

SPxのウィニング・マテリアルで、ジャージ・バットの組み合わせ第一号のカードです。

もう入手経路すら忘れてしまいましたが、恐らくヤフオクか池袋のカードショーで購入したものだと思います。

ちなみにドリュー選手のもリリースされており、そちらもしっかりコレクションに加わってます。

ダイヤモンドバックス在籍時のリー選手って将来を嘱望されていたのになぁ~

残念です。

続いて紹介するカードはこれです。




じゃぁ~ん!












Img518








1999 Upper Deck MVP Game Used Souvenirs GUJD

こちらも懐かしいMVPのバットカードで、この時代に最もオッズ(1:144)を考慮すると出やすかったスーベニアカードの中の1枚です。

このブランドも箱が¥4000~¥5000と安価だったので、随分と箱を開けた覚えがあります。

ただしバット・カードを引いた記憶はありませんが・・・・

ちなみに上記のカードはトレードして頂いた物だったと記憶してます。

古い話なので定かではありませんが・・・・

このカードを目にするのは久しぶりなのですが上記のリー選手のカード同様、心を揺さぶられました。

どうですか!

両カードとも最近リリースされるスーベニア・カードよりもデザインが優れていると思うのは私だけでしょうか?

本当にカッコイイカードだと思います。

で、最後に紹介するのはA-Rod選手のカードですが、最近のカード業界の荒廃を表しているカードだと思います。














それでは・・・・
















いきますよぉ~!

















ドーン!



















Img517















2006 Bowman Original Buyback Autographs

3月21日のも紹介しているシリーズのAutoカードでこちらは何と2枚限定のカードです。

自引きと言いたいところですが、先月オークションで落札したカードです。

こんなカードばかりリリースするので、事実上パソコンなんて不可能になる訳ですよ!

まぁ’97年のウルトラやショーケースにてOne of Oneなるカードをリリースした頃から、こんな時代が来る事は予想できましたが・・・・

最近マンネリ化したカード収集だったので、収集歴10年の区切りとなった今、もう一度方針を考えたいと思ってます。

とりあえず1選手1Autoカードを集めるって言う壮大な企画を昨年暮れくらいから始めているのが新しい試み第一弾ですかね!

ただ”カード収集をやめる”と言う選択だけは死ぬまで出来そうもないのが困ったところです。

そう言った思いがこもっているので今年は楽しみなシーズンになりそうです!

早く開幕しないかなぁ~

« タイヨウのうた | トップページ | レニングラード・カウボーイズ・ゴーアメリカ »

トレーディングカード」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

MLB」カテゴリの記事

コメント

この10年を機に、自分と一緒にカッツを集めましょうよ!
そうすればドリューやリーみたいに裏切られることはないですよ。

いやぁ~カッツは・・・
予算がいくらあっても足りましぇん
ただジャッキーのカッツだけは欲しいと思ってます

私も収集選手のグリフィー選手が現役ももうそろそろですからねえ。収集方法を考える時があります。

今のところはリプケン選手やライアン選手のように引退してからもカードは出そうなので、数年先はこのままいこうかなあと思いますが。

kasa☆hara様
そうですね
グリフィー選手も本文で書いたスーパースターの中の1人の選手ですよね

なので同じスタンスでこれからもコレクションを続けられると思います。
羨ましいです

今年はレッドソックスにドリュー選手が移籍し、ヤンキースを応援している私としてはドリュー選手を応援しつつ尚且つヤンキースを応援するという矛盾が生じてしまいました。

よってこれだけ移籍が激しいと選手単位でコレクションを続ける意味がわからなくなってしまったのです。

仮にA-Rodがレッドソックスに移籍でもしようものなら崩壊しそうです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148904/14462343

この記事へのトラックバック一覧です: メジャー開幕の今、改めて思う事:

« タイヨウのうた | トップページ | レニングラード・カウボーイズ・ゴーアメリカ »