Alex Rodriguez auto card Gallery 2007年11月更新

  • 2007 Topps Alex Rodriguez Road to 500 Autographs
    ライフワークとも言えるAlexRodriguez選手のAutoカードのコレクションです。 本ブログにて紹介してきたカードをUPしていきます。

日本人プレイヤーGallery 2007年12月更新

  • 2007 Bowman RC AU #219c
    手元にある日本人プレイヤーのカードを紹介します。 とりあえずこのブログで紹介したカードから順に並べていきますがその後は不定期に更新するのでご覧下さい。

JD Drew Card Gallery(不定期に更新します)2007年11月更新

  • 2000 Fleer Focus Fresh Ink
    JDドリューに関してはレギュラーカードからフルコンプを目指しています。 とは言っても最近レギュラーカードにもリストアップされない事が多いので残念です。

任務完了Ⅰ 2000 Topps HD

  • 2000 Topps HD Cal Ripken Jr
    2枚でコンプリのこのシリーズですが、ジーターが1:859、リプケンが1:4386と高オッズのカードです。

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

おすすめのリンク

« ハイテンション(Haute Tension) | トップページ | 寝ずの番 »

2007年2月 7日 (水)

嫌われ松子の一生

とうとうレンタルする機会が訪れ目を皿のようにして鑑賞しました。

女が転落する典型のスタイルでどんどん不幸のどん底に落ちていき、ついに殺されてしまう悲しい女性の一生って言うのがストーリーの根幹で、えらく重いお話なのですが、ミュージカル仕立てに仕上がっており、立派なエンターテイメント映画として成立しているので観ていて楽しくなりました。

かなり上質な映画だと思いました。

※公式サイト

http://www.tbs.co.jp/movie/matsuko.html

001_2








邦画では久しぶりの(フラガール以来)ヒット映画でした。

松子のような女性は相手はどうあれ男性に依存してなければ生きていけない女性で、昔風に言えば”尽くす女”なのかもしれません。

だから自分は不幸な人生だったかもしれないが、彼女に関わった男は幸福だったのかもしれませんし、その辺が唯一の救いだったような気がします。

とにかく必見の作品だと思います。

« ハイテンション(Haute Tension) | トップページ | 寝ずの番 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

おいらには典型的な落ちた女の話ってくらいの感想の映画でした。
女性が見たら違った感想が聞けそうですが

ryo様
女性には取っ付き難い作品だと思いますがエンターテイメント(ミュージカル調)に仕上げているので支持されているんだと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148904/13636239

この記事へのトラックバック一覧です: 嫌われ松子の一生:

« ハイテンション(Haute Tension) | トップページ | 寝ずの番 »