Alex Rodriguez auto card Gallery 2007年11月更新

  • 2007 Topps Alex Rodriguez Road to 500 Autographs
    ライフワークとも言えるAlexRodriguez選手のAutoカードのコレクションです。 本ブログにて紹介してきたカードをUPしていきます。

日本人プレイヤーGallery 2007年12月更新

  • 2007 Bowman RC AU #219c
    手元にある日本人プレイヤーのカードを紹介します。 とりあえずこのブログで紹介したカードから順に並べていきますがその後は不定期に更新するのでご覧下さい。

JD Drew Card Gallery(不定期に更新します)2007年11月更新

  • 2000 Fleer Focus Fresh Ink
    JDドリューに関してはレギュラーカードからフルコンプを目指しています。 とは言っても最近レギュラーカードにもリストアップされない事が多いので残念です。

任務完了Ⅰ 2000 Topps HD

  • 2000 Topps HD Cal Ripken Jr
    2枚でコンプリのこのシリーズですが、ジーターが1:859、リプケンが1:4386と高オッズのカードです。

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

おすすめのリンク

« ゾンビナイト | トップページ | 新天地でブレイクして欲しい選手 Part① »

2007年2月20日 (火)

サイレントヒル

この作品も人気ゲームを映画化したモノで、確かPart1のストーリーを軸に作られています。

ただゲームでは臨場感が溢れていて怖いのですが映画ではそれが伝わってこず全然怖くなかったです。

ここで簡単に内容を

「サイレントヒル……」と謎の言葉を発して悪夢にうなされながら失踪してしまった最愛の娘シャロン(ジョデル・フェルランド)を探すため、ウェストバージニア州の街“サイレントヒル”を訪れた母親のローズ(ラダ・ミッチェル)。

彼女は、忌まわしい過去がある呪われたこの街で、想像を絶する恐怖に襲われる……。 

果たして娘シャロンとこの街との関係は・・・・

この街の忌まわしい過去とは・・・・

とまぁ理解不能な事柄が次々と起こるのですが、後半はグズグズでした。

※公式サイト

http://www.silenthill.jp/main.html

001_14








ゲームでも描かれているこの作品独特の世界観にどっぷり浸かって観れば面白いのかもしれませんがゲームを体感済みの人には物足りなく感じると思います。

やはりゲームは実際自分がプレーしているので映画以上にその世界観にのめり込む事ができると思いますので・・・・

ただホラー系の作品で在りがちな大音量の音で脅かすような手法が一切使われていないのは新鮮でした。

« ゾンビナイト | トップページ | 新天地でブレイクして欲しい選手 Part① »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

やっぱおいらもゲーム>>映画でした

バイハザもゲームの方がおもろかったし

これは映画館で見たのですがやられました

パンク様
やっぱりそう感じましたか
サイレン・バイオハザードにこれと、全てゲームの方が優ってますよね

ryo様
いつもコメントありがとうございます。
私もあなたのブログを楽しく拝見してます。
何を隠そう私も某公園前派出所にあるアリ○内の映画館で観たのですが『失敗した』と言うのが率直な感想でした。

でた!
パー
閉店ガラガラ

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148904/13914921

この記事へのトラックバック一覧です: サイレントヒル:

» soma [soma]
soma [続きを読む]

» reductil [reductil]
reductil [続きを読む]

« ゾンビナイト | トップページ | 新天地でブレイクして欲しい選手 Part① »