Alex Rodriguez auto card Gallery 2007年11月更新

  • 2007 Topps Alex Rodriguez Road to 500 Autographs
    ライフワークとも言えるAlexRodriguez選手のAutoカードのコレクションです。 本ブログにて紹介してきたカードをUPしていきます。

日本人プレイヤーGallery 2007年12月更新

  • 2007 Bowman RC AU #219c
    手元にある日本人プレイヤーのカードを紹介します。 とりあえずこのブログで紹介したカードから順に並べていきますがその後は不定期に更新するのでご覧下さい。

JD Drew Card Gallery(不定期に更新します)2007年11月更新

  • 2000 Fleer Focus Fresh Ink
    JDドリューに関してはレギュラーカードからフルコンプを目指しています。 とは言っても最近レギュラーカードにもリストアップされない事が多いので残念です。

任務完了Ⅰ 2000 Topps HD

  • 2000 Topps HD Cal Ripken Jr
    2枚でコンプリのこのシリーズですが、ジーターが1:859、リプケンが1:4386と高オッズのカードです。

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

おすすめのリンク

« クラッシュ | トップページ | 収穫なし・・・それとも »

2007年2月23日 (金)

ヘンテコなカード!

まずはこのカードをご覧下さい。

Img490








2004 Fleer Genuine Insider Autograph

何の変哲もないスコット・ポドセドニク選手のAutoカードです。

ってAutoカードと表記しているのに肝心のAutoが・・・・・ナイ?

いやいやご安心を

しっかりとAutoは・・・・








じゃぁ~~ん!










Img491_1







インサイダーと言う事で、ちゃっかりカードの中に隠れてました。

Autoを見るにはスリーブに入っているカードをいちいち取り出さなければならなく、なんとも面倒だし、その度(たび)にカードがダメージを受けてます。

紹介したカードなんてドラクエで言えばオレンジの状態で、もう一撃で死亡して棺桶の中に入りそうです。

誰が一体こんなカードを企画したのでしょうか?

そしてどんな面子が会議してこのカードのデザインを決めたのでしょうか?

まったく意味不明です。

まぁ今では倒産してUDに吸収された会社なので、文句を言っても仕方ないのですが・・・

そう言えばFleer社って2001年くらいから倒産するまで理解不能で無意味?なブランドを乱発してましたよね!

しかも当時専属契約していたジーター選手や専属契約はしてなかったプホルス選手、ボンズ選手のAutoカードをやっつけ的にインサートしてましたよね!

ちなみに友人のK氏はFleer社製の見てビックリ、折りたたみ式のプホルス選手のAutoカードを所有しています。

蛇足ですがK氏はこのカード(レデンプション・カードだったのですが)を1Boxから2枚引いてました。

彼の鬼引きには感服するばかりです。

話が反れましたがとにかく当時のFleer社のカードには笑えるモノがありましたよね!

合掌!

ここで折角彼のカードを紹介したので彼に関して簡単に説明すると

テキサス州ウェスト出身のポーランド系アメリカ人で1994年にドラフト3位で高卒(ウェスト高校)にてレンジャースに入団。

高校時代の彼は陸上競技で名を馳せ、テキサス大学、テキサスA&M大学、テキサスキリスト教大学から200メートル走やハードル競争の選手として奨学金の申し出を受けた。

入団後はレンジャーズ→マーリンズ→レンジャース→マリナーズ傘下のマイナーチームを転々としました。

2001年にはメジャーデビューを果たすが、結果を残す事ができませんでしたがオフに参加したプエルトリコのウィンターリーグで結果を残し、2002年には3Aで結果を出し、ロースター枠が拡大される9月にメジャーへ再昇格を果たした。

2002年、10月にミルウォーキー・ブリュワーズへ移籍すると2003年は開幕ベンチでスタートし、その後センターの定位置を獲得する。

そしてこの年、打率.314(リーグ8位)、43盗塁(リーグ2位)、100得点(リーグ13位)などで新人野手の中でトップの成績を収めた。

がしかし、ナ・リーグの新人王はドントレル・ウィルス選手に次ぐ2位の評価で惜しくも新人王を逃した。

2004年は70盗塁を記録し盗塁王になるも2年目のジンクスに陥り評価を下げる結果となった。

2005年は彼のキーパソンとなる年でカルロス・リー選手とのトレードでホワイトソックスに移籍する。

そこで彼はこれまた新加入の井口選手と1,2番を形成し、彼らの活躍により見事ホワイトソックスはワールドチャンピオンに輝く。

ここで印象的だったのはアストロズとのワールドシリーズ第2戦で史上14本目のサヨナラ・ホームランを放ったのがレギュラー・シーズン、ホームラン0本の彼だった事で、この時に使用したバットが野球殿堂博物館に展示されているのは余りにも有名な話です。

2006年は40盗塁、ホームランを3本も放ったものの前年より打率を3分近く下げ、怪我の影響か精彩を欠きました。

典型的な1番バッターなので来年こそは、その韋駄天ぶりを如何なく発揮して欲しいと思ってます。

« クラッシュ | トップページ | 収穫なし・・・それとも »

トレーディングカード」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

MLB」カテゴリの記事

コメント

私も同じカードを持ってますよ

選手はパッジです

引き出し式のカードは時間が経つと剥がれてくるんですよね。昔のカードで引き出しに気がついて引っ張り出すと壊れてしまいます。

おいらも持ってるっす。
選手はジェイソン・シュミット。
1年に1度、ご開帳致します。

Yama様はアイバンでayasam様はシュミットですか!

やはり皆様も1枚くらいは所有しているんですね

しかしCoco様が指摘しているように、出して見たりすると、どんどんダメージが蓄積していく、やっかいなカードなんですよね!

もうこれ以上のダメージは命取りなのでアルバムにしまって、冬眠してもらいます。


うちのパッジも壊れかけているので、ヤフオクに出品する事もできず困ってます。

僕はトロントファンです

yama様
やはり作りに問題ありですよね。
ブルージェーズFanなんですか!
今年も楽しみな陣容ですが、リリー投手が抜けたのは痛かったですが大家投手やトムソン投手が穴埋めをすればOKですよね!
あとトーマス選手の加入もデカイですよね!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148904/14023778

この記事へのトラックバック一覧です: ヘンテコなカード!:

« クラッシュ | トップページ | 収穫なし・・・それとも »