Alex Rodriguez auto card Gallery 2007年11月更新

  • 2007 Topps Alex Rodriguez Road to 500 Autographs
    ライフワークとも言えるAlexRodriguez選手のAutoカードのコレクションです。 本ブログにて紹介してきたカードをUPしていきます。

日本人プレイヤーGallery 2007年12月更新

  • 2007 Bowman RC AU #219c
    手元にある日本人プレイヤーのカードを紹介します。 とりあえずこのブログで紹介したカードから順に並べていきますがその後は不定期に更新するのでご覧下さい。

JD Drew Card Gallery(不定期に更新します)2007年11月更新

  • 2000 Fleer Focus Fresh Ink
    JDドリューに関してはレギュラーカードからフルコンプを目指しています。 とは言っても最近レギュラーカードにもリストアップされない事が多いので残念です。

任務完了Ⅰ 2000 Topps HD

  • 2000 Topps HD Cal Ripken Jr
    2枚でコンプリのこのシリーズですが、ジーターが1:859、リプケンが1:4386と高オッズのカードです。

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

おすすめのリンク

« サイレントヒル | トップページ | クラッシュ »

2007年2月21日 (水)

新天地でブレイクして欲しい選手 Part①

箱開けを行なって数々の辛酸をなめている私、bobbytですが稀に自分でも納得できるカードを引く事があるんです。

本日はそんな中のある1枚のカードを紹介します。

このカードの選手はトレードで移籍し来シーズンは新たなチームでプレーする事が決定してます。

しかも故障などがなく順調にキャンプを過ごせばレギュラーのポジションは間違いない選手です。

それでは早速カードを紹介します。

そのカードとは

Img485

















2006 Bowman Chrome Red Refractors Autograph

Josh Barfield選手です。

昨年は自身初のメジャーで150試合に出場し打率.280、13ホーマー、58打点をマークしてます。

2塁手でこの成績はまずまずだったと思いますし、まだまだ伸びシロもあると思うので更なる飛躍が期待できます。

それに親父の血を受け継いでいれば、間違いなく今以上のホームランも期待できると思います。

で、カードの話に戻りますと、見て頂ければわかりますが燦然と輝く赤いカードです。

このカードはブランドの中で1of1のスーパーフラクターに次ぐ希少なレッド・リフで5枚限定のカードです。

Img486






思い切り自己マンで申し訳ないっす!

このカードを引いた時はドキドキしました。

このブランドってBoxに1枚(稀に2枚)のAutoカードが封入されていて必ずパックの前から3or4枚目にAutoカードが入っているのです。

この手の情報はいつも友人のK氏からで、その速さや正確さにはいつも感服しています。

そんな事である日、あるBoxを購入し店内で開けていた時に事件は勃発しました。

あるパックでAutoカードがあるべき箇所に赤いキラキラが見え、とりあえずそのパックは開けずにキープして、残りのパックを開けたのですが、そこにはAutoカードがありませんでした。

と言う事は・・・・・

その瞬間レッド・リフAutoカードが確定したのです。

私は心の中で祈りました!

どうかアップトンかゴードン、もしくは城島選手のカードでありますようにと・・・・

ところが、実際出たカードはバーフィールドのモノで、緊張していた場が一気に冷めていくのを感じました。

勿論、私もガッカリしたもんです。

しかも表記ではルーキーカードとありますが2002 Bowman Chromeにて既にAutoカードがリリースされており、例えるなら美人だがバツ1の彼女って感じのカードですかね。

まぁ色々文句ばかり書きましたが、今では5枚限定のAutoカードをボウクロで引けた事に感謝してます。

よって冒頭に書いたように自引きした納得できるカードの仲間入りをしているのです。

そんな理由でバーフィールド選手に関しては密かに応援したい選手の1人となったのですが、リーしかりドリューしかり私が応援する選手は大成しないってジンクスがあるので、あくまでも応援は程々にって事で、本日はこれにて。

« サイレントヒル | トップページ | クラッシュ »

トレーディングカード」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

MLB」カテゴリの記事

コメント

純粋に応援してるというより、「活躍してベケット上がらねーかな」という下心を感じてしまうのは私だけでしょうか。でもレッドオート確定という状況は思いっきりゴードン期待しますね。

オレが大成しないのはお前もせいだ…。

Coco様
相変わらず辛口のコメントありがとうございます
確かにベケットのプライスが上がっていると嬉しくなりますよね!
だからと言って売ったりする訳でもないのに・・・・
ちなみに私がベケットを買って最初に見るのはDrewの名がマイナースターに留まっているか否かです。
ここ数年、辛うじてマイナースターに留まっている事が生きている上で何よりの励みです。
それにしてもあの時は緊張の一瞬でしたよね!

トラビス様
偽者だと分かっていても嬉しいです。
実際にあなたの活躍する姿を見たいので日本でプレーしてみては如何ですかね?
えっ!どこの球団もとってくれないって?
四国の独立リーグがおまっせ!

赤リフは選手にもよりますが、信じられない値段がつくことがあります。
このカードも高値がつくと良いですね。
このシリーズの醍醐味は2年後、3年後ですから、それまで大事に保管してください。
間違えても、福パックに入れないように!

ayasam様
いくら赤リフでも選手が・・・・ですよね
それと福パックに入れて自分に買い戻している(セルフ・バイバック?)のはAyasamサマでは・・・・

Bowman Chromeで5枚オートGetですか
デラスゴ

yama様

ありがとうございます

いつもこうありたいのですが、残念ながら煮え湯を飲ませれてばかりです。

鬼引きの友人がいるので、その差は歴然で、いつも羨ましく思ってます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148904/13936266

この記事へのトラックバック一覧です: 新天地でブレイクして欲しい選手 Part①:

« サイレントヒル | トップページ | クラッシュ »