Alex Rodriguez auto card Gallery 2007年11月更新

  • 2007 Topps Alex Rodriguez Road to 500 Autographs
    ライフワークとも言えるAlexRodriguez選手のAutoカードのコレクションです。 本ブログにて紹介してきたカードをUPしていきます。

日本人プレイヤーGallery 2007年12月更新

  • 2007 Bowman RC AU #219c
    手元にある日本人プレイヤーのカードを紹介します。 とりあえずこのブログで紹介したカードから順に並べていきますがその後は不定期に更新するのでご覧下さい。

JD Drew Card Gallery(不定期に更新します)2007年11月更新

  • 2000 Fleer Focus Fresh Ink
    JDドリューに関してはレギュラーカードからフルコンプを目指しています。 とは言っても最近レギュラーカードにもリストアップされない事が多いので残念です。

任務完了Ⅰ 2000 Topps HD

  • 2000 Topps HD Cal Ripken Jr
    2枚でコンプリのこのシリーズですが、ジーターが1:859、リプケンが1:4386と高オッズのカードです。

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

おすすめのリンク

« 新天地でブレイクして欲しい選手 Part① | トップページ | ヘンテコなカード! »

2007年2月22日 (木)

クラッシュ

以前から観たいと思っていた作品で、いざ観てみると思った以上のデキでなんだか得したような気分になった映画でした。

で、簡単に内容を

ロサンゼルスのハイウェイで一件の自動車事故が起きた。

日常的に起きる事故。

しかしその“衝突”の向こうには、誰もが抱える“感情”の爆発が待っていた。

ペルシャ人の雑貨店主人は護身用の銃を購入し、アフリカ系黒人の若い2人は白人夫婦の車を強奪。

人種差別主義者の白人警官は、裕福な黒人夫婦の車を止めていた。

階層も人種も違う彼らがぶつかり合ったとき、悲しみと憎しみが生まれる。

それぞれが独立した事件なのですが、それが局所でぶつかり合い、感動や驚きを生んでいるのです。

最初は善人に見えた人が実は・・・だったし、悪人だと思ってた人が予想だにしない行動に出たり・・・

とにかくあらゆる所で話が繋がっていき、グッと作品にのめり込んでいきました。

※公式サイト

http://www.crash-movie.jp/

001_10









この映画の人間達は各々人種差別に悩んでおり、その辺に敏感な人が観たら嫌悪感を覚える作品なのかもしれません。

ただ映画としての完成度は相当な物だと思います。

« 新天地でブレイクして欲しい選手 Part① | トップページ | ヘンテコなカード! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

この映画はおいらも見ましたが訳がわかりませんでした。
やっぱ単純明快なやつが好きです。

そうですか・・・

やはりryo様はホラー映画が一番なんですね!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148904/13828815

この記事へのトラックバック一覧です: クラッシュ:

» 雑誌広告VSネット広告 勝利の女神はどちらに微笑む [【一撃】ニュース道場!押忍っ!]
ネット広告って増えてるんだーて印象はあるけど、グラフを見ると意外と少ないんだなって思った。きっと数では多いんだろうけど・・・テレビと新聞とは、一個の金額が違うんだろうね。でも、ネットの方がいっぱい触れている感覚ではあるけども。雑誌もそのうち、ネット化されたりするんじゃないのかな〜と思ってしまったり。そうすると、雑誌本来の魅力が伝わらなかったりするから、そうはならないんだけど、これからもネットが生活のあらゆる所で、関�... [続きを読む]

« 新天地でブレイクして欲しい選手 Part① | トップページ | ヘンテコなカード! »