Alex Rodriguez auto card Gallery 2007年11月更新

  • 2007 Topps Alex Rodriguez Road to 500 Autographs
    ライフワークとも言えるAlexRodriguez選手のAutoカードのコレクションです。 本ブログにて紹介してきたカードをUPしていきます。

日本人プレイヤーGallery 2007年12月更新

  • 2007 Bowman RC AU #219c
    手元にある日本人プレイヤーのカードを紹介します。 とりあえずこのブログで紹介したカードから順に並べていきますがその後は不定期に更新するのでご覧下さい。

JD Drew Card Gallery(不定期に更新します)2007年11月更新

  • 2000 Fleer Focus Fresh Ink
    JDドリューに関してはレギュラーカードからフルコンプを目指しています。 とは言っても最近レギュラーカードにもリストアップされない事が多いので残念です。

任務完了Ⅰ 2000 Topps HD

  • 2000 Topps HD Cal Ripken Jr
    2枚でコンプリのこのシリーズですが、ジーターが1:859、リプケンが1:4386と高オッズのカードです。

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

おすすめのリンク

« カード不思議発見! | トップページ | 嫌われ松子の一生 »

2007年2月 6日 (火)

ハイテンション(Haute Tension)

きましたよ!お客さん!

この作品はなんとフランス産!

フランス産なんて聞くと何故か高級な物を連想する私って典型的な日本人なのでしょうかね!

しかも残酷な描写が上映前から話題になっていた本格的なスプラッター・ホラーで、新作にも関わらず思わず手にとってました。

で、簡単に内容を説明すると

女子大生のマリーは親友のアレックスとともに、彼女の実家へと向かう。

2人は都会の喧騒を逃れ、静かな田舎で試験勉強に励む予定だった。

夜遅く、ようやく2人はアレックスの実家に到着する。

だがその直後、謎の中年男が玄関に現われ、手にした刃物でアレックスの両親と弟を次々と惨殺したのだった。

物陰に隠れ、必死で息を潜めるマリー。

ところが、今度はアレックスが殺人鬼に捕まり、トラックで連れ去られようとしていた…。

※公式サイト

http://hightension.jp/

001_7













いやぁ~久しぶりに手に汗にぎる映画でした。

閉鎖された空間で殺人鬼から隠れるシーンが冒頭にあるのですが、恐怖でこちらが鼻からスプラッターしそうでした。

血が飛び散るシーンも多いのですがそんなのはオマケで、単に殺人鬼から追われている恐怖を感じる作品なのですが・・・・・

後半部分は頂けません!

おい!こら!馬鹿にしているのか!

と思わず叫んでました。

退屈で刺激のない現実社会から逃避するには格好の映画だと思いました。

« カード不思議発見! | トップページ | 嫌われ松子の一生 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148904/13685160

この記事へのトラックバック一覧です: ハイテンション(Haute Tension):

« カード不思議発見! | トップページ | 嫌われ松子の一生 »