Alex Rodriguez auto card Gallery 2007年11月更新

  • 2007 Topps Alex Rodriguez Road to 500 Autographs
    ライフワークとも言えるAlexRodriguez選手のAutoカードのコレクションです。 本ブログにて紹介してきたカードをUPしていきます。

日本人プレイヤーGallery 2007年12月更新

  • 2007 Bowman RC AU #219c
    手元にある日本人プレイヤーのカードを紹介します。 とりあえずこのブログで紹介したカードから順に並べていきますがその後は不定期に更新するのでご覧下さい。

JD Drew Card Gallery(不定期に更新します)2007年11月更新

  • 2000 Fleer Focus Fresh Ink
    JDドリューに関してはレギュラーカードからフルコンプを目指しています。 とは言っても最近レギュラーカードにもリストアップされない事が多いので残念です。

任務完了Ⅰ 2000 Topps HD

  • 2000 Topps HD Cal Ripken Jr
    2枚でコンプリのこのシリーズですが、ジーターが1:859、リプケンが1:4386と高オッズのカードです。

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

おすすめのリンク

« 4年ぶりに復帰 | トップページ | 戻ってくるかな? »

2007年1月14日 (日)

ブルー・サヴェージ セカンドインパクト

懲りもせず、またまた鮫映画を観てしまいました。

一作目と同年の2005年にリリースされたのでペースが速いな、なんてパッケージを見るとなんとセカンドインパクトはアメリカ映画で一作目とは何もかも別物の映画だと知りました。

しかも一作目はシリアスな映画だったのに今作品はグローイングアップ(知っている人はかなりのオヤジだな)アメリカン青春映画丸出しの馬鹿映画でした。

フロリダのあるビーチで大学生がバカンスを謳歌してます。

1人の女性に2人の男!

もうこうなったらお決まりのパターンで”やったもん勝ち”的流れになって、かたや薬を使ってやろうとしたり、もうウンザリしました。

早く鮫が出てこないかなぁ~なんて思っていると後半部分にデデェ~~ンと出てきます。

しかも群れで・・・・

002











とてもパッケージからイメージできない内容で、B級映画の”はずれたらとことん悲しい思いをする”を証明したような作品でした。

駄目だと分かっていながらレンタルしちゃうんですよね

まだ新作のコーナーにこれと似たようなトラップを思わせる作品が数点あるので、懲りずに観る予定です。

またその時はここで紹介します。

« 4年ぶりに復帰 | トップページ | 戻ってくるかな? »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148904/13431942

この記事へのトラックバック一覧です: ブルー・サヴェージ セカンドインパクト:

« 4年ぶりに復帰 | トップページ | 戻ってくるかな? »