Alex Rodriguez auto card Gallery 2007年11月更新

  • 2007 Topps Alex Rodriguez Road to 500 Autographs
    ライフワークとも言えるAlexRodriguez選手のAutoカードのコレクションです。 本ブログにて紹介してきたカードをUPしていきます。

日本人プレイヤーGallery 2007年12月更新

  • 2007 Bowman RC AU #219c
    手元にある日本人プレイヤーのカードを紹介します。 とりあえずこのブログで紹介したカードから順に並べていきますがその後は不定期に更新するのでご覧下さい。

JD Drew Card Gallery(不定期に更新します)2007年11月更新

  • 2000 Fleer Focus Fresh Ink
    JDドリューに関してはレギュラーカードからフルコンプを目指しています。 とは言っても最近レギュラーカードにもリストアップされない事が多いので残念です。

任務完了Ⅰ 2000 Topps HD

  • 2000 Topps HD Cal Ripken Jr
    2枚でコンプリのこのシリーズですが、ジーターが1:859、リプケンが1:4386と高オッズのカードです。

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

おすすめのリンク

« ジグソー(JIGSAW) | トップページ | Next »

2007年1月 7日 (日)

ブレイブ ストーリー

フジテレビ映画事業部、独特(3DCG)な映像を駆使するGONZOそしてワーナーブラザースが共同で手掛けたアニメーション映画で、なかなか感動する映画だと聞いていたのでレンタルして観ました。

早速簡潔にストーリーを説明すると

11歳のワタルは、幽霊ビルを探検中に奇妙な出来事を目にする。

キレイな顔をした少年が、宙に浮かぶ階段を上っていき、大きな扉の中へと入っていったのだ。

翌日、ワタルは少年が隣のクラスの転校生・ミツルだと知り、扉の向こうに行けば、運命を変えられるのだと聞く。

ワタルは平凡な少年だった。しかし突然、父が家を出ていき、母がショックで倒れてしまう。

こんな運命変えてやる!扉の向こうへと飛び込んだワタルの、「幻界」(ヴィジョン)での旅が始まった。

要するに1人の少年の冒険活劇でドラクエの様なRPGを映画化したような感じでした。

以前、RPGのエンディングで感動のあまり涙した経験のある私にとってはグッとくる映画でした。

丁度、この映画が上映しているときにゲド戦記も上映しており、迷ったのですがゲド戦記を選択して観たのが間違いだったと感じました。

いやいや決してゲド戦記が駄目だったと言うのではなく、この作品がよかったと言いたいのです。

005_1






アニメはチョットと思っている方でも何かを感じる事が出来る作品だと思います。

お薦めの映画です。

« ジグソー(JIGSAW) | トップページ | Next »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148904/13246099

この記事へのトラックバック一覧です: ブレイブ ストーリー:

« ジグソー(JIGSAW) | トップページ | Next »