Alex Rodriguez auto card Gallery 2007年11月更新

  • 2007 Topps Alex Rodriguez Road to 500 Autographs
    ライフワークとも言えるAlexRodriguez選手のAutoカードのコレクションです。 本ブログにて紹介してきたカードをUPしていきます。

日本人プレイヤーGallery 2007年12月更新

  • 2007 Bowman RC AU #219c
    手元にある日本人プレイヤーのカードを紹介します。 とりあえずこのブログで紹介したカードから順に並べていきますがその後は不定期に更新するのでご覧下さい。

JD Drew Card Gallery(不定期に更新します)2007年11月更新

  • 2000 Fleer Focus Fresh Ink
    JDドリューに関してはレギュラーカードからフルコンプを目指しています。 とは言っても最近レギュラーカードにもリストアップされない事が多いので残念です。

任務完了Ⅰ 2000 Topps HD

  • 2000 Topps HD Cal Ripken Jr
    2枚でコンプリのこのシリーズですが、ジーターが1:859、リプケンが1:4386と高オッズのカードです。

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

おすすめのリンク

« ブレイブ ストーリー | トップページ | 殿堂入り »

2007年1月 9日 (火)

Next

この映画もまたまたパッケージを見てレンタルしたので、あまり期待してなかったのですが以外に面白かった作品です。

簡潔に内容を

妻に逃げられた男がいて彼が趣味にしているのが盗聴だった。

ある日、自宅の風呂場で傍受した電波に客の男と売春婦の会話が入ってきた。

その会話で売春婦は名前や誕生日を男に告げており、商談が成立したようで男が彼女の部屋に行く約束をしていた。

翌日、新聞を見ると、そこには昨晩聞いた名前の売春婦が何者かに殺されたと載っていた。

その時、彼は『殺人者は間違いなく同じアパートメントに住む住民だ!』と確信し犯人を捜し始める。

そんな時、一本の電話が彼の元へ・・・・

その電話の主はなんと殺された売春婦と会話していた男だった。

241










果たして主人公の運命は・・・・

そしてこの事件の真相は・・・・

って感じです。

展開に新鮮味はないのですが、妙な緊迫感がありハラハラドキドキしました。

ショップやレンタルビデオ屋さんでも滅多にお目にかかれないマイナーな作品だと思うので見かけたら是非手にとってみて下さい。

だた一部、グロイ・シーンがあるので気をつけて下さいね!

« ブレイブ ストーリー | トップページ | 殿堂入り »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

渋い映画っすね 今度 探してみます

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148904/13303587

この記事へのトラックバック一覧です: Next:

» 政権を維持した場合 [ワールド]
リボン付カ ブエノスアイレス とも述べた ブラック [続きを読む]

« ブレイブ ストーリー | トップページ | 殿堂入り »