Alex Rodriguez auto card Gallery 2007年11月更新

  • 2007 Topps Alex Rodriguez Road to 500 Autographs
    ライフワークとも言えるAlexRodriguez選手のAutoカードのコレクションです。 本ブログにて紹介してきたカードをUPしていきます。

日本人プレイヤーGallery 2007年12月更新

  • 2007 Bowman RC AU #219c
    手元にある日本人プレイヤーのカードを紹介します。 とりあえずこのブログで紹介したカードから順に並べていきますがその後は不定期に更新するのでご覧下さい。

JD Drew Card Gallery(不定期に更新します)2007年11月更新

  • 2000 Fleer Focus Fresh Ink
    JDドリューに関してはレギュラーカードからフルコンプを目指しています。 とは言っても最近レギュラーカードにもリストアップされない事が多いので残念です。

任務完了Ⅰ 2000 Topps HD

  • 2000 Topps HD Cal Ripken Jr
    2枚でコンプリのこのシリーズですが、ジーターが1:859、リプケンが1:4386と高オッズのカードです。

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

おすすめのリンク

« ブルー・サヴェージ | トップページ | ブルー・サヴェージ セカンドインパクト »

2007年1月13日 (土)

4年ぶりに復帰

アンディー・ペティット投手が古巣のヤンキースに復帰しました。

4年ぶりの復帰でオプション付きの単年契約を結んだ。

背番号は2003年までと同じで46!

彼は過去に4度もヤンキースをワールドチャンピオンに導いた左腕で、彼の加入がチームにとってプラスに働いて欲しいと思ってます。

ただ引退をも示唆していたように年齢による衰えや怪我が心配です。

まぁ昨年のようなピッチングをすれば味方の打線を考えると、20勝近くできるのではと思います。

そんな事で本日はこんなカードを紹介します。

Img463









1998 Stadium Club Co-Signers CS24

ヤンキースが強かった時の主力選手2名のDual Autoカードです。

このカードには思い入れがありまして私がパソコンを始めた頃にYahooオークションにて落札したカードなのです。

Group.Aで最もオッズのきついカードで、私自身もあまり見かけたことのないカードなのでレアだと思います。

チームの方針でもある”若返り”から逆行する移籍ですが、彼の左腕が必ずチームをワールドチャンピオンに導いてくれると期待してます。

« ブルー・サヴェージ | トップページ | ブルー・サヴェージ セカンドインパクト »

トレーディングカード」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

MLB」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148904/13462556

この記事へのトラックバック一覧です: 4年ぶりに復帰:

« ブルー・サヴェージ | トップページ | ブルー・サヴェージ セカンドインパクト »