Alex Rodriguez auto card Gallery 2007年11月更新

  • 2007 Topps Alex Rodriguez Road to 500 Autographs
    ライフワークとも言えるAlexRodriguez選手のAutoカードのコレクションです。 本ブログにて紹介してきたカードをUPしていきます。

日本人プレイヤーGallery 2007年12月更新

  • 2007 Bowman RC AU #219c
    手元にある日本人プレイヤーのカードを紹介します。 とりあえずこのブログで紹介したカードから順に並べていきますがその後は不定期に更新するのでご覧下さい。

JD Drew Card Gallery(不定期に更新します)2007年11月更新

  • 2000 Fleer Focus Fresh Ink
    JDドリューに関してはレギュラーカードからフルコンプを目指しています。 とは言っても最近レギュラーカードにもリストアップされない事が多いので残念です。

任務完了Ⅰ 2000 Topps HD

  • 2000 Topps HD Cal Ripken Jr
    2枚でコンプリのこのシリーズですが、ジーターが1:859、リプケンが1:4386と高オッズのカードです。

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

おすすめのリンク

« 1番ショートは確定? | トップページ | ポセイドン »

2006年12月16日 (土)

かもめ食堂

なんて事のない日常を坦々と描いた映画なんですが見入ってしまいました。

何故かと言うとこの映画のかもしだす温かさや、女性達の強さ優しさがダイレクトの伝わり心地良かったからなんでしょうね。

で、この映画の冒頭の部分を簡潔に説明すると

フィンランド、ヘルシンキの街角でオープンした小さな食堂。

主は日本人女性のサチエさん(小林聡美さん)。

メインメニューは日本人のソウルフードでもあるおにぎり。

でもお客さんはなかなかやってきません。

サチエさんは扉が押される日を待ちながら、食器を磨き続けます。

ある日、ついに初めてのお客さんの青年トンミがやってきました。

日本かぶれの彼に、「ガッチャマン」の歌詞を聞かれたサチエさんは出だししか思い出せません。

続きが気になって仕方ないサチエさんは、カフェで見かけた日本人女性に声をかけるのでした。

その後、ひょんな事から女性3人でこの店を切り盛りするようになり、ちょっとした達成感で心が温まったところで映画は終わります。

※公式サイト

http://www.kamome-movie.com/

Img_20060309t224754343






この映画を観ていたら『やっぱり猫が好き』を思い出しました。

狭い空間で女性3人で交わす何気ない会話、出演者も2人がかぶっていたり、ちょっとした笑いや感動のエッセンスがあったり酷似していると思います。

まぁこの映画の監督が『やっぱり猫が好き2005』を手掛けた荻上直子さんなので納得なんですけどね。

しかしフィンランド人に梅やオカカのおにぎりが受け入れられると思いませんが・・・・

心をこめた料理には国境はないってことなんでしょうね!

いい映画でした。

« 1番ショートは確定? | トップページ | ポセイドン »

映画 か行」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148904/13000164

この記事へのトラックバック一覧です: かもめ食堂:

« 1番ショートは確定? | トップページ | ポセイドン »