Alex Rodriguez auto card Gallery 2007年11月更新

  • 2007 Topps Alex Rodriguez Road to 500 Autographs
    ライフワークとも言えるAlexRodriguez選手のAutoカードのコレクションです。 本ブログにて紹介してきたカードをUPしていきます。

日本人プレイヤーGallery 2007年12月更新

  • 2007 Bowman RC AU #219c
    手元にある日本人プレイヤーのカードを紹介します。 とりあえずこのブログで紹介したカードから順に並べていきますがその後は不定期に更新するのでご覧下さい。

JD Drew Card Gallery(不定期に更新します)2007年11月更新

  • 2000 Fleer Focus Fresh Ink
    JDドリューに関してはレギュラーカードからフルコンプを目指しています。 とは言っても最近レギュラーカードにもリストアップされない事が多いので残念です。

任務完了Ⅰ 2000 Topps HD

  • 2000 Topps HD Cal Ripken Jr
    2枚でコンプリのこのシリーズですが、ジーターが1:859、リプケンが1:4386と高オッズのカードです。

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

おすすめのリンク

« 頑張ったね! | トップページ | ドゥーム(Doom) »

2006年12月22日 (金)

単騎 千里を走る

健さん(高倉)主演の映画でショップで見かけたときは、思わず新作じゃなくなったら借りと思った作品で、なんとも心が温まる映画でした。

簡潔にストーリーを説明すると

十数年、確執がある息子が癌になり病床に、そこで父親の高田(高倉健)が息子が交わした約束を代わりに果たすため、中国大陸奥地への旅を決意する。

民俗学を研究する息子の健一は、舞踏家・李加民の仮面劇『単騎、千里を走る』を撮影するために中国・雲南省を再訪する約束をしていたのだった。

単身訪れた言葉の通じない異郷の地で途方に暮れる高田だったが、息子のためにという一途な思いが、通訳の青年チュー・リンをはじめ現地の人々を次第に動かして行く。

しかし李加民は傷害で獄中におり、舞いを撮影しようとすると『息子に会いたい』と泣き崩れる。

そこで高田は李加民の息子が住む辺境の村に行き彼の息子を連れてこようと決意する。

そして、困っている誰かがいたら放っておけないという道義を大らかに実践する素朴で生命力に満ちた村人たちとの出会いが、孤独を思い知る男に生きて行く希望を与えるのだった。

※公式サイト

http://www.tanki-senri.com/

003








果たして高田は当初の目的を達成できたのか?

この旅でどの様なかけがえのない事を得る事ができたのか?

とにかくこの映画では悪人が1人もいなく、なんて中国人は優しくて大きな心を持っているんだろうと感じるように作られてます。

しかし健さんの後姿で悲しみや苦悩を演技するって言うシーンが満載で健さんファンには堪らない作品だと思います。

« 頑張ったね! | トップページ | ドゥーム(Doom) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148904/12676773

この記事へのトラックバック一覧です: 単騎 千里を走る:

« 頑張ったね! | トップページ | ドゥーム(Doom) »