Alex Rodriguez auto card Gallery 2007年11月更新

  • 2007 Topps Alex Rodriguez Road to 500 Autographs
    ライフワークとも言えるAlexRodriguez選手のAutoカードのコレクションです。 本ブログにて紹介してきたカードをUPしていきます。

日本人プレイヤーGallery 2007年12月更新

  • 2007 Bowman RC AU #219c
    手元にある日本人プレイヤーのカードを紹介します。 とりあえずこのブログで紹介したカードから順に並べていきますがその後は不定期に更新するのでご覧下さい。

JD Drew Card Gallery(不定期に更新します)2007年11月更新

  • 2000 Fleer Focus Fresh Ink
    JDドリューに関してはレギュラーカードからフルコンプを目指しています。 とは言っても最近レギュラーカードにもリストアップされない事が多いので残念です。

任務完了Ⅰ 2000 Topps HD

  • 2000 Topps HD Cal Ripken Jr
    2枚でコンプリのこのシリーズですが、ジーターが1:859、リプケンが1:4386と高オッズのカードです。

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

おすすめのリンク

« 単騎 千里を走る | トップページ | オーメン 最後の闘争 »

2006年12月25日 (月)

ドゥーム(Doom)

B級映画マニアには見逃せない映画と言う事で前からレンタルしたいと思っていた作品なんですが、私の住んでいる地域には私のようなB級映画ファンが多いようでなかなか借りられませんでした。

が、ついに一昨日念願が成就しました。

早速、自宅に帰って観てみると・・・・思った通りで一安心!

話が変わりますが、この映画ってアメリカで大人気のシューティングゲームが元になっているのですが、このゲームって一人称シューティングと呼ばれており、作中もゲームをプレーしているような感覚に陥る映像が満載でした。

で、ストーリーを簡潔に

舞台は近未来。

あるとき火星にある研究所から、緊急救援要請が入る。カリフォルニア海兵隊、特殊作戦本部の緊急対応戦略部隊は、リーダー(ザ・ロック)のもと8名の精鋭を組織し、火星へと向かう。

彼らが到着すると、そこには謎の化け物により、壊滅寸前の研究所の姿があった。

まぁストーリーを云々言うより特殊メイクを駆使した怪物と人間のバトルをハラハラドキドキしながら観る映画です。

※公式サイト

http://www.doom-movie.jp/

2864220060202mddo06







サバイバル・ホラーって言うと決まって生き残るのは主人公と彼を愛する女性と決まっているのですがこの映画ではこの常識を覆しています。

また火星へは肉体を分子レベルまで分解しワープして行き来したり、ボタンひとつですり抜け可能な壁、通称ナノ・ウォールなるものが登場したりで斬新なアイデアは盛り込まれてました。

« 単騎 千里を走る | トップページ | オーメン 最後の闘争 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148904/13001341

この記事へのトラックバック一覧です: ドゥーム(Doom):

« 単騎 千里を走る | トップページ | オーメン 最後の闘争 »