Alex Rodriguez auto card Gallery 2007年11月更新

  • 2007 Topps Alex Rodriguez Road to 500 Autographs
    ライフワークとも言えるAlexRodriguez選手のAutoカードのコレクションです。 本ブログにて紹介してきたカードをUPしていきます。

日本人プレイヤーGallery 2007年12月更新

  • 2007 Bowman RC AU #219c
    手元にある日本人プレイヤーのカードを紹介します。 とりあえずこのブログで紹介したカードから順に並べていきますがその後は不定期に更新するのでご覧下さい。

JD Drew Card Gallery(不定期に更新します)2007年11月更新

  • 2000 Fleer Focus Fresh Ink
    JDドリューに関してはレギュラーカードからフルコンプを目指しています。 とは言っても最近レギュラーカードにもリストアップされない事が多いので残念です。

任務完了Ⅰ 2000 Topps HD

  • 2000 Topps HD Cal Ripken Jr
    2枚でコンプリのこのシリーズですが、ジーターが1:859、リプケンが1:4386と高オッズのカードです。

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

おすすめのリンク

« えっ!カブスなの? | トップページ | まだまだいけるでしょう! »

2006年11月22日 (水)

ポビーとディンガン

世界的なオパールの採掘地として知られる、オーストラリアの田舎町ライトニングリッジ。

ここでささやかに暮らす11歳のアシュモルには、悩みがある。

それは9歳の妹ケリーアンが、見えない友達のポビーとディンガンに夢中なことだ。

ところがそんなある日、「二人がいなくなった」とケリーアンが騒ぎだす。

心配のあまり、とうとう病気になってしまった妹のため、アシュモルは二人の捜索を開始。

街中に“たずね人”のビラを貼って歩くのだが・・・。

※公式サイト

http://c.gyao.jp/pobbydingan/

20360


















子役2人がいい!

特に兄貴はこうあるべきだと言わんばかりの行動を示し、病気になった妹を励ましてます。

エンディングで涙こそ出ませんでしたが感動感動でした。

『水曜どうでしょう』のオーストラリア紀行でもサウスオーストラリアでオパール採掘場の件(くだり)があり、大泉氏が名言を詠ってましたが、あの辺りがこの映画の舞台になっているのだと思いました。

汚れた心をリフレッシュしたい方は是非観てください。

« えっ!カブスなの? | トップページ | まだまだいけるでしょう! »

映画 は行」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

I Wish good luck in development! I found exactly the information. airfare cheap

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148904/12677220

この記事へのトラックバック一覧です: ポビーとディンガン:

« えっ!カブスなの? | トップページ | まだまだいけるでしょう! »