Alex Rodriguez auto card Gallery 2007年11月更新

  • 2007 Topps Alex Rodriguez Road to 500 Autographs
    ライフワークとも言えるAlexRodriguez選手のAutoカードのコレクションです。 本ブログにて紹介してきたカードをUPしていきます。

日本人プレイヤーGallery 2007年12月更新

  • 2007 Bowman RC AU #219c
    手元にある日本人プレイヤーのカードを紹介します。 とりあえずこのブログで紹介したカードから順に並べていきますがその後は不定期に更新するのでご覧下さい。

JD Drew Card Gallery(不定期に更新します)2007年11月更新

  • 2000 Fleer Focus Fresh Ink
    JDドリューに関してはレギュラーカードからフルコンプを目指しています。 とは言っても最近レギュラーカードにもリストアップされない事が多いので残念です。

任務完了Ⅰ 2000 Topps HD

  • 2000 Topps HD Cal Ripken Jr
    2枚でコンプリのこのシリーズですが、ジーターが1:859、リプケンが1:4386と高オッズのカードです。

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

おすすめのリンク

« ショーン・オブ・ザ・デッド | トップページ | サイヤング賞 »

2006年11月14日 (火)

ルーキー・オブ・ザ・イヤー

アメリカン・リーグの新人王は17勝を重ねチームをワールド・シリーズまで導いたジャスティン・バーランダー投手で文句なしでしたが、ナショナル・リーグの新人王は数名の候補者で混戦が予想されてました。

その中で栄誉を勝ち取ったのはマーリンズのハンリー・ラミレス選手でした。

成績は打率.292、ホームラン17本、57打点、119得点、51盗塁でした。

ショートを守り1番打者でこの成績は素晴らしいと思います。

そこで本日はこんなカードを紹介します。

Img429
















2003 Bowman's Best Rookie Autograph

同シリーズに今をときめくライアン・ハワード選手や王建民投手のルーキーAutoカードがインサートされているシリーズです。

このカードのユニフォームを見ると、あらビックリ!

まだこの頃はレッドソックスに在籍してたんですね。

ジョシュ・ベケット投手を獲得する為にマーリンズに放出したようですが、レッドソックス側から見ればなんか勿体無い事をしたと思います。

今年は新人の当たり年でしたが彼らにとって来シーズンが勝負の年で、この中の数人はきっとチームの中核となって長い期間活躍すると思います。

« ショーン・オブ・ザ・デッド | トップページ | サイヤング賞 »

トレーディングカード」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

MLB」カテゴリの記事

コメント

でた!黒い梵英心!
同じ俊足ショートとして頑張ってもらいたいです。

Ayasam様

梵と言うのだけはヤメテ!
しかしラミレスってやんちゃそうな顔をしてますよね

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148904/12690626

この記事へのトラックバック一覧です: ルーキー・オブ・ザ・イヤー:

« ショーン・オブ・ザ・デッド | トップページ | サイヤング賞 »