Alex Rodriguez auto card Gallery 2007年11月更新

  • 2007 Topps Alex Rodriguez Road to 500 Autographs
    ライフワークとも言えるAlexRodriguez選手のAutoカードのコレクションです。 本ブログにて紹介してきたカードをUPしていきます。

日本人プレイヤーGallery 2007年12月更新

  • 2007 Bowman RC AU #219c
    手元にある日本人プレイヤーのカードを紹介します。 とりあえずこのブログで紹介したカードから順に並べていきますがその後は不定期に更新するのでご覧下さい。

JD Drew Card Gallery(不定期に更新します)2007年11月更新

  • 2000 Fleer Focus Fresh Ink
    JDドリューに関してはレギュラーカードからフルコンプを目指しています。 とは言っても最近レギュラーカードにもリストアップされない事が多いので残念です。

任務完了Ⅰ 2000 Topps HD

  • 2000 Topps HD Cal Ripken Jr
    2枚でコンプリのこのシリーズですが、ジーターが1:859、リプケンが1:4386と高オッズのカードです。

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

おすすめのリンク

« 松坂大輔 ニューヨークへ? | トップページ | 飛行機事故 »

2006年10月11日 (水)

フラガール

昨日は当直明けで朝からお休みだったのでフラガールを観て来ました。

連休明けで朝一の時間だったのですが50人くらい入っていたので驚きました。

で、ストーリーは昭和40年の福島県いわき市、炭鉱の閉山に伴いハワイアンセンターを建設する事になり、そこでフラダンスを踊る女(ヒト)を炭鉱娘から募集するところから始まります。

そこに集まった炭鉱娘と鬼コーチ、その他炭鉱に携わっている人々が織り成すハートウォーミング・ストーリーで、親子愛、友情、師弟愛、兄妹愛などがふんだんに盛り込まれていました。

誰でもどこかで心を揺さぶられるように作られているのでハンカチが必要かもしれません!

泣き所いっぱいの映画でした。

※公式サイト

http://www.hula-girl.jp/index2.html

Big















オールウェイズでもそうでしたが昔の風景を見ると何故かグッとくるのですがこの映画でも昭和40年代の長屋の風景を見てウルッときました。

また幼少時、炭鉱の落盤事故で人が死亡するなんてニュースで聞いて心を痛めていたを思い出しました。

とにかく命の洗濯ができたようで映画館を出たときは清清(すがすが)しい気分になりました。

いい映画でした。

« 松坂大輔 ニューヨークへ? | トップページ | 飛行機事故 »

映画 は行」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148904/12225571

この記事へのトラックバック一覧です: フラガール:

« 松坂大輔 ニューヨークへ? | トップページ | 飛行機事故 »