Alex Rodriguez auto card Gallery 2007年11月更新

  • 2007 Topps Alex Rodriguez Road to 500 Autographs
    ライフワークとも言えるAlexRodriguez選手のAutoカードのコレクションです。 本ブログにて紹介してきたカードをUPしていきます。

日本人プレイヤーGallery 2007年12月更新

  • 2007 Bowman RC AU #219c
    手元にある日本人プレイヤーのカードを紹介します。 とりあえずこのブログで紹介したカードから順に並べていきますがその後は不定期に更新するのでご覧下さい。

JD Drew Card Gallery(不定期に更新します)2007年11月更新

  • 2000 Fleer Focus Fresh Ink
    JDドリューに関してはレギュラーカードからフルコンプを目指しています。 とは言っても最近レギュラーカードにもリストアップされない事が多いので残念です。

任務完了Ⅰ 2000 Topps HD

  • 2000 Topps HD Cal Ripken Jr
    2枚でコンプリのこのシリーズですが、ジーターが1:859、リプケンが1:4386と高オッズのカードです。

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

おすすめのリンク

« 東洋のシンデレラ・ボーイ | トップページ | 空中庭園 »

2006年10月 4日 (水)

いざ出陣!

いよいよ始まりますね!

で、私がプレーオフで期待する選手は・・・・・

彼らだぁ~~~!

Img397Img398 



2006 Topps Triple Threads Relic Combos Autograph Platinum

デーモン選手、エーロッド選手、カノー選手のトリプルAutoカードで、この3選手にはチームを牽引して欲しいと思ってます。

補足ですがこのカードはプラチナム・パラレルで3枚限定です。

恐らくヤンキースのスタメン、1番、4番、6番を任されるバッター達です。

彼らに加えてジーター選手、アブレイユ選手、シェフィールド選手、松井選手、カブレラ選手にポサダ選手と最強布陣ですが・・・

楽天の野村監督語録にもあるように”野球は強い者が勝つとは限らない”と私も思うので結果はどうなるか分かりません!

だから楽しみなのですが・・・・

ちなみにヤンキースの先発は前に紹介した王建民投手、一方タイガースはロバートソン投手のようですね!

ボブよ!一緒にエールを送るぞぉ~~

先ほど終了したアスレテックスvsツインズの一戦はトーマス選手の2本のホームランとジート投手の好投でアスレティックスが勝利しました。

« 東洋のシンデレラ・ボーイ | トップページ | 空中庭園 »

トレーディングカード」カテゴリの記事

野球」カテゴリの記事

MLB」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148904/12141419

この記事へのトラックバック一覧です: いざ出陣!:

» 松井秀、斎藤、田口 いざ、プレーオフの陣へ! [日本歴史人物タイプ Major Leaguers列伝]
      【 イラスト:室谷雅子 】  日本のサムライ3人が亜米利加の地で天下取りを目指す――イチロー&城島健司(マリナーズ)、井口資仁(ホワイトソックス)、松井稼頭央(ロッキーズ)、大塚晶則(レンジャーズ)、大家友和(ブルワーズ)が次々と敗れ去った2006年レギュラーシーズンの陣。そんな激しい戦いをくぐりぬけ、プレーオフの陣へと勝ち残ったのが松井秀喜(ヤンキース)、斎藤隆(ドジャース)、田口壮(カージナルス)という3人のサムライだ。並居る異国の強敵たちを相手に彼らが立ち回る戦は、一見の価値あり。... [続きを読む]

« 東洋のシンデレラ・ボーイ | トップページ | 空中庭園 »