Alex Rodriguez auto card Gallery 2007年11月更新

  • 2007 Topps Alex Rodriguez Road to 500 Autographs
    ライフワークとも言えるAlexRodriguez選手のAutoカードのコレクションです。 本ブログにて紹介してきたカードをUPしていきます。

日本人プレイヤーGallery 2007年12月更新

  • 2007 Bowman RC AU #219c
    手元にある日本人プレイヤーのカードを紹介します。 とりあえずこのブログで紹介したカードから順に並べていきますがその後は不定期に更新するのでご覧下さい。

JD Drew Card Gallery(不定期に更新します)2007年11月更新

  • 2000 Fleer Focus Fresh Ink
    JDドリューに関してはレギュラーカードからフルコンプを目指しています。 とは言っても最近レギュラーカードにもリストアップされない事が多いので残念です。

任務完了Ⅰ 2000 Topps HD

  • 2000 Topps HD Cal Ripken Jr
    2枚でコンプリのこのシリーズですが、ジーターが1:859、リプケンが1:4386と高オッズのカードです。

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

おすすめのリンク

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006年10月31日 (火)

ブラックダリア(THE BLACK DAHLIA)

本日いや昨日、明けで休みだったので映画『ブラックダリア』を観賞しました。

友人より”なかなか面白い作品だよ”と聞かせれていたので観に行くのを楽しみにしていた作品です。

この作品ってRー15指定なのですが、妖艶で淫靡な表現がダメなのか、残忍なシーンがNGなのか、どちらか理解できませんが、今時の中学生ってもっと過激な映像を観てるんじゃないかと思い、R-15にする必要があるのかと感じました。

で、簡潔にストーリーを説明すると・・・

1940年代のアメリカ、ロサンゼルス!

元プロボクサーの刑事2人(バッキーとリー)が特別捜査課でコンビを組むようになり、そこにリーの恋人ケイが間に入り、奇妙ながら良い関係を築いていた。

そんな中、身体を腰から切断され、口を耳まで切り裂かれた若い女の全裸死体が空き地で発見される。

間もなく死体の身元は、映画女優を夢見ながら娼婦まがいの生活を送っていたエリザベス・ショートだと判明。

彼女をみんなは、その容姿からブラックダリアと呼んでいた。

2人も事件の捜査に乗り出すが、この死体を亡き妹の姿を重ね、リーはこの事件に異常な執着を抱き始める。

一方、リーは殺された女にソックリな大富豪の娘、マデリンと出会う。

殺人事件、3人の関係、大富豪の家とその娘、ポルノフィルム、ピエロの肖像画、マックセネットの喜劇などの1つ1つのピースが重なり合ったときに事件の真相が明らかになっていきます。

325047thumb007_1





う~~ん 前半はストーリー展開が散在で退屈しましたし、謎解きに繋がる前置きも少なく、観終わった後に不必要なカット満載だったなぁ~なんて思いました。

本当に2人の刑事と1人の女の三角関係バッカリでした。

後半でいよいよ謎が解けるって言う部分ではなんだか強引過ぎる展開で、ついて行くのが精一杯で、あっという間にエンディングを迎えていました。

まぁ個人的にはサスペンス映画として楽しめましたが、期待が大きかったので物足りない感は残りました。

映像は古き良きアメリカを表現しておりグッドでした。

2006年10月30日 (月)

よく頑張りました。

本日は32歳にして初の3割超えで自己ベストの成績を収めた渋い選手を紹介します。

この選手の名前と顔が一致する方はかなりのメジャー通じゃないか思います。

それではどうぞ!

Img419














1998 SP Top Prosrects Chirography

ゲーリー・マシューズ・ジュニア選手です。

延べ7球団を渡り歩いているジャーニーマンですがここ3年間はレンジャースでプレーしており、今シーズンは147試合に出場して打率.319、19ホーマーで自己ベストでした。

2004年までは守備の人で100試合前後しか出場してなく、一年の半分はベンチに座っている様な選手でしたが昨年は飛躍的に出場試合数が増えて131試合475打席もありました。

しかし成績は打率.255で4回に1回しかヒットを打てない選手でした。

映像を見てないので今年は何があったのか、どんな変化があったのか、わかりませんが大活躍でした。

32歳、メジャー11年目での活躍は遅咲きと言えますよね!

マシューズ選手にとって来シーズンは真価を問われる年になると思うので、何となくですが注目していきたいと思っている次第です。

2006年10月29日 (日)

祝!ワールド・チャンピオン

カージナルスが念願のワールド・チャンピオンに輝きました。

それにしても日本シーズンと酷似した展開で4勝1敗、しかも地元で優勝でした。

この試合もミスが失点に繋がっています。

まずはカージナルスのダンカン選手がエラーをした後にケーシー選手の2ランが飛び出しました。

その後4回裏のカージナルスの攻撃では、1死1・2塁で、またしてもピッチャーが3塁へ悪送球!

これがきっかけで逆転を許し、結果的にはエクスタイン選手の内野ゴロで田口選手がホームを踏み決勝点となりました。

タイガースはミスを連発し自滅した形となりました。

Mlb_g_celebration3_412






カージナルス 優勝!おめでとう

そして田口選手、地味ながらナイス・プレーでした。


2006年10月28日 (土)

チャンピオンに王手!

ワールド・シリーズ第4戦は接戦でしたが相手のミスに乗じて得点を重ねたカージナルスが見事勝利しました。

これで3勝1敗とし、ワールド・チャンピオンまであと1勝としました。

本日の勝敗の分かれ目は7回裏のカージナルスの攻撃で、先頭打者のエクスタイン選手の当たりをセンターが足を滑らせ2塁打にし、田口選手の送りバントをピッチャーが一塁へ悪送球とミスを連発し逆転を許したところだったと思います。

また、同点に追いつかれた8回の裏に飛び出したエクスタイン選手の2塁打も大きかったですね。

そこで本日は、この試合5打数4安打、うち3本の2塁打、2打点と大暴れした小さな1番バッターのカードを紹介します。

それではどうぞ!

Img423














2005 Fleer Platinum Autograph Die Cuts 1:184

99枚限定のAutoカードで、下の部分が丸くカットされている珍しい?カードです。

エンゼルス時代の写真を使ってますがカード下にカージナルスと書いてあるので出来ればカージナルスのユニフォームを着た写真を使って欲しかったです。

でも私の持参している唯一のAutoカードなので大切な1枚です。

ファイターズ同様、この勢いを大切にして一気に連勝して地元で優勝する事を切に願っています。


2006年10月27日 (金)

5IVE(ファイブ)

まずはこのパッケージをご覧下さい。

5ive














どこかのヒット映画のパッケージにクリソツです。

謳い文句も『さぁゲームを始めよう』とあの映画のショッキングな内容が脳裏に浮かんできてゾクゾクします。

で、悲しい思いをするのを覚悟してレンタルして観ると・・・・

ここで話を変えてこの映画のストーリーを簡潔に説明すると、地震によりある高層ビルのエレベーターに4人の男女が閉じ込められます。

掃除のおばちゃん、黒人の金融ブローカー、HIVでゲイのチャリンコ・メッセンジャーの兄ちゃんそして出産間近の妊婦さん!

この4人が展開する人間ドラマがこの映画の根幹で、どこがソリッド・ソリューション・スリラーねの?と思わず突っ込みを入れてしまう内容でした。

変な先入観がなければ、それぞれの人間模様や人の温かさ、冷酷さを描いた映画として楽しめたのかもしれません!

で、悲しい思いをしたのか?って言う問いには

きっぱり、イエスと答えておきましょう!

あらためてパッケージ・マジックの恐ろしさを痛感しました。

2006年10月26日 (木)

やっぱり、あんたがエースだ

ワールド・シリーズ第3戦はクリス・カーペンター投手の好投でカージナルスが快勝しました。

一方、タイガースは4回に小さなミスで失点、7回には致命的なミスで失点しジ・エンド!

いやぁ~やっぱり野球は投手力で決まるって感じの試合が連日続いていますね。

で、本日はカーペンター投手のカードを紹介したいと思ったのですが、我が家にはAutoカードは勿論、インサート・カードすらありませんでした。

これではカージナルス・ファン失格ですね。

200610251814803












これで一歩リードしましたが第5戦が大勝負です。

先発予定はカージナルスが絶好調のスーパン投手、タイガースも絶好調のボンダーマン投手です。

痺れるような投手戦が予想されます。

Yesterday once more!

カーペンターズでした。

チャンチャン!

2006年10月25日 (水)

若きクローザー

昨シーズン、ワールド・チャンピオンに輝きながら、今シーズンは後半失速してポスト・シーズン進出に手が届かなかったホワイトソックスですが、そんな中でも若い芽が育っています。

本日はそんな選手を紹介したいと思います。

それではどうぞ!

Img414












2002 Bowman X-Fractor RC Autograph

ボビー・ジェンクス投手です。

昨年の終盤からクローザーの座についてワールド・シリーズでも2セーブをあげた豪腕投手です。

今シーズンも67試合に登板して3勝4敗41セーブ防御率4.00でア・リーグ2位のセーブ数でした。

192cm126kgの巨漢から100マイル(約160km)の速球を投げ込み力でねじ伏せる投球が魅力の選手です。

エンゼルス時代は制球難、素行不良でにっちもさっちもいかなかったがホワイトソックスに移籍してクローザーのイスを獲得すると別人のような活躍で移籍がプラスに働いた選手です。

そして自身初のワールド・シリーズでは臆することなく自分の仕事を見事果たすことができ、心臓の強さを証明しました。

そんな彼の目標の投手とはドジャースのエリック・ガニエ投手で彼の84連続セーブ・ポイントの記録を破る事を夢見ているそうです。

2006年10月24日 (火)

Fame(フェーム)

1980年の映画で私もこの頃はまだ学生でした。

なので学園モノ映画はちょくちょく観てました。

その中でも印象に残っている映画の1つが本作です。

マンハッタンにある芸能学校での4年間を8人の男女を中心にしてドキュメンタリー・タッチで描いた作品で、とにかくラストが素晴らしい映画なんです。

主演はアイリーン・キャラ!

そうです、後にフラッシュ・ダンスで一躍有名になったあの方です。

この映画でも映画タイトルと同様のフェームと言う歌を唄いアカデミー主題歌賞を受賞しています。

Mp298










主役級の人物が多く途中でストーリーが散漫になり退屈するかもしれませんが、ラスト(彼らが学校を卒業する時)で演じられる歌やダンスは圧巻で圧倒される事必至です。

主題歌のフェームがテレビのBGMなどで流れると何故か興奮するのはこの映画のせいです。

一度、聴いてみて下さい。

力が漲(みなぎ)る楽曲ですから!

今でも国内外でミュージカルをやっていますが、まさに唄って踊って演じるミュージカル映画の代表作の中の1つだと言える映画です。

2006年10月23日 (月)

反撃の狼煙!

いよいよワールド・シリーズが開幕しました。

結果はご存知のようにカージナルスが快勝しました。

なんと言っても殊勲の選手は先発投手のアンソニー・レイエス選手です。

タイガース打線の淡白な攻撃に助けられたとは言え9回途中まで2点に抑え込んだピッチングは圧巻でした。

ルーキーでこんな大舞台であれだけのピッチングができるとは、強心臓の持ち主ですね。

200610221809203










で、打のヒーローは勝ち越しホームランを放ったプホルス選手じゃないでしょうか?

ただ数日前にも彼を紹介しているので本日は1-0で劣勢の2回に反撃の狼煙となる同点ホームランを放ったあの選手のカードを紹介します。

その選手とは・・・・

Img421







1998 Stadium Club CO-Singners CS1

怪我がなければコンスタントに活躍が期待できる選手の組み合わせです。

なかなかレアなカードですが価値的には下降傾向のカードです。

で、本日紹介するのは向かって右のスコット・ローレン選手です。

メッツとのリーグチャンピオン決定戦ではマルチヒットのナシで、いまいち波に乗れてない感があっただけに、この一発は今後に向けて明るい材料です。

まぁこの一戦を総括するとプホルス選手がエースのバーランダー投手を打ち砕きタイガースの勢いを止めたのはカージナルスにとって大きかったです。

この勢いで一気に連勝といって欲しいものです。

2006年10月22日 (日)

サウンド・オブ・サンダー

この映画はいわゆるタイムトラベル物でタイムマシンを開発した近未来にお金持ちを対象に白亜紀にタイムトラベルして恐竜をハンテイングさせて金儲けをするって所から物語が始まります。

そして起こるべくして起こった、あるトラブルが原因で時空が歪められて現在がとんでもない事になるって映画です。

まぁバック・トゥ・ザ。フューチャー2で現在のビフが過去のビフにスポーツマガジンを渡し、現在がとんでもない事になっていたのと酷使した内容なのですが、こちらは地球規模での大変革が起こり猿だか爬虫類だかわからないような怪物が次々と人々を襲っているのだから、まさに北朝鮮が核開発をした事に匹敵するくらいの危機が起こるのです。

しかし100億円もの予算を投じているのにCGが笑えるくらいチープなのにはビックリですよ!

しかもあなた内容も突っ込みどころ満載!

例えばバタフライ・エフェクト(効果)にかけてこの破滅の原因をあえて蝶にしてみたり・・・

何度も同じ時間、同じ場所にハンテイングに行っているのにお互いがかち合わないのか?

クライマックスでは現在の主人公がハンティングしている時間、場所で過去の自分に出会っているのに・・・

だからこの手の映画はやめられないんだよなぁ~

B級映画の王道を行く映画で楽しかったです。

タイムマシンの定義がドラえもん並み、いやそれ以下かもしれません!

Newdvd










なんでもこの映画って製作段階で様々なトラブルに遭遇し”お蔵入り”寸前だったみたいです。

いやぁ~お蔵入りしなくてよかったし映画館で観なくてよかったと思わせる映画でした。

2006年10月21日 (土)

やったぁ~リーグ・チャンピオンやぁ~

まさかと思いましたがカージナルスが地区優勝を決めました。

投の主役は以前に紹介したジェフ・スーパン投手!

そして打の主役は同点でむかえた9回に勝ち越しホームランを放ったあの選手です。

Img418_1










2004 Donruss Elite Extra Edition RC Auto #1000

そうです!ヤディエル・モリーナ捕手です。

まさかまさかの伏兵の一発ってな感じですよね!

なんせシーズン打率が.216でホームラン6本の選手なんですから!

キャッチャー繋がりで考えると往年の田村捕手がホームランを打って勝ったような感じですかね。

それにしても嬉しい限りです。

ただア・リーグチャンピオン、タイガースの勢いは昨年のホワイトソックスを彷彿とするものがありワールド・チャンピオンの道のりはかなり険しいと思います。

まぁ、ともかくまた楽しみが増えました。

I'm happy day.

欧米か(タカ&トシより)

2006年10月20日 (金)

東京ゾンビ

ゾンビ映画が好きなら見逃せない映画がこの東京ゾンビじゃなでしょうか?

ハゲとアフロか活躍する、花くまゆうさく氏原作の漫画の実写版です。

凄いのはキャスト!

アフロには浅野忠信氏

ハゲには哀川翔氏

この2大俳優がズラを着用してゾンビと格闘しているのですがメチャクチャです。

テーマはずばり友情と柔術!

江戸川区にある黒富士という設定にも何のことやら・・・

Main1








この画像を見ているだけでも笑えます。

細かい事は考えずに彼らの非常識で予想できない活躍を楽しむ事ができました。

あと最後にちょっとしたサプライズがあります!

この作品を観た方だけのお楽しみです。

2006年10月19日 (木)

あんたが大将!

2勝2敗で迎えたリーグ優勝決定シリーズの第5戦が行われました。

先発ピッチャーは予想通りカージナルスがウィーバー投手、メッツがグラビン投手でした。

結果は4-2でカージナルスが勝利し王手をかけましたが、あの選手が今シリーズ初の一発をレフト・スタンドぎりぎりに叩き込み、反撃の狼煙(のろし)を上げました。

ボールを上から叩いてラインドライブをかけ、スタンドまで持っていく姿は惚れ惚れしました。

その選手とは勿論あの選手です。

ドォ~~~~ン!

Img417










2001 UD SR RC #295

アルバート・プホルス選手です。

このカードは私が唯一自引き&持参している彼のルーキー・カードで、何の変哲もないレギュラー・カードのような物でボックスを購入すると1枚はGetできるカードなのですが、驚きのプライスのついています。

2001年はこのプホルス選手とイチロー選手の2人のスーパースターが出現した年でMLBのボックスも軒並み高かったのを思い出しました。

とりあえず一発かましたので今後はホームランを量産してくれると期待してます。

そうすれば念願のワールド・チャンピオンもあるかも・・・

2006年10月18日 (水)

Sin City (シン・シティ)

私が借りに行っているレンタル店の堂々1位にランクされていた作品でブルース・ウィルスが出演しているので何となく手にとってみたのですが、掴みどころがない作品でした。

物語は3部作で構成されていて3人の男が主人公が登場します。

まずは、その屈強な肉体と醜い容姿から誰も近づこうとしない仮出所中のマーヴ。

彼は、一夜の愛をくれた高級娼婦ゴールディを何者かに殺され、復讐に立ち上がるってな内容で不気味な笑いが妙にかっこいい不死身の男の物語。

次に、罪から逃れるため過去を捨てシン・シティに身を潜めるドワイト。

ある時、昔の恋人ゲイルが仕切る娼婦街で警察官が殺されるトラブルが起こる。

発覚すれば警察との協定は破棄され、娼婦たちは窮地に陥る。

彼女たちを救おうと一肌脱ぐドワイトで冷め切った眼が印象的なクール・ガイ!

最後に実力者の息子を相手に正義を貫くハーティガン刑事。

しかし、相棒の裏切りに遭い無実の罪で投獄される。

8年後、出所した彼はかつて救い出した少女ナンシーに再び危機が迫っていることを知り、最後の戦いへと向かうちょっと髪の薄いダイ・ハード野郎!

それぞれがそれぞれの決着をつけて物語りは終了するのですが、バッサバッサ人を殺すシーンが多くタランティーノの映画を観ているようでした。

各人の台詞も少なく主人公が語るナレーション仕立てでストーリーが展開するのも斬新でした。

Alba












”罪の街=シン・シティ”で繰り広げられる3人の男たちの愛と復讐をハリウッドスター総出演で描いた異色クライム・アクションって謳い文句なのですが愛の部分よりも復讐ばかりがクローズ・アップされた作品のように思います。

ただ黒とダークグレイで表現した世界観と部分的に表現される原色のコントラストで表される映像には凄みを感じました。

2006年10月17日 (火)

カルロス&カルロス・デー

まったくもって今年のメッツの打線は激しすぎ!

特に2人のカルロスには・・・・

デルガド選手は初のポスト・シーズンですがvsカージナルスの4戦で9打点と大暴れ!

ブルージェーズ時代からチャンスに強いと言われてましたが、それを証明する活躍をしています。

一方、ベルトラン選手はこの日2ホーマー!

ポスト・シーズン通算11ホーマーとし、なんとリーグ優勝決定シリーズのカージナルス相手に通算7ホーマーでっせ!

以前彼がアストロズに在籍していたときに痛い思いをしたのを思い出しました。

あの時もプチ・ベルトトラン・ブームがありましたよね!

そんな事で本日はこんなカードを紹介します。

Img416











2000 Topps Gold Label Class 1 Gold

デルガド選手の2000年ゴールド・ラベルのパラレル・カードで100枚限定です。

箱を探していたら出てきたカードで特にコメントはありません!

Autoカードを紹介できればよいのですが手元にないのでこのカードで勘弁してください。

で、もう1枚ベルトラン選手のカードは・・・

ジャァ~~~ン!

Img415











2002 Donruss Best of Fan Club Franchise Features Autographs

300シリアルなのですが100枚限定のカードです。

このカードは以前、ボックスを購入して自引きしたカードでカードショーなどで売りに出していたのですが売れ残って未だに家にありました。

やっぱり貼りAutoのカードは人気がないのでしょうかね?

何はともあれ、これで2勝2敗の五分になりました。

明日の先発予定はメッツがエースのグラビン投手、カージナルスがウィバー投手のようでメッツの方が有利に感じます。

だけど相手が左投手なのでもしかしたらラッキーボーイ的存在の田口選手のスタメンもあるかもしれません!

とにかく明日は両チームにとってターニング・ポイントとなる試合だと思うのでカージナルスには頑張って欲しいですなぁ~!

2006年10月16日 (月)

打って守って大活躍!

ナ・リーグのリーグ・チャンピオン・シップも1勝1敗で盛り上がってきましたが第3戦で1人のベテラン投手が大活躍してカージナルスが一歩リードしました。

このベテラン投手とは・・・

Img413










1998 Donruss Signature Autographs

ジェフ・スーパン(スパーン)投手です。

打ってはソロ・ホームラン!

守っては8回まで3安打で失点0に抑えました。

結局カージナルスは完封リレーで快勝しました。

ちなみに今シーズンは12勝7敗、防御率4.12でした。

カージナルスに移籍して3年目ですが16勝、16勝、12勝と安定した成績を収めており、今シーズンはマルダー投手が不調だったのでカーペンター投手、マークィス投手と3本柱を形成していました。

ヤンキースが敗退した今、カージナルスを応援しているのでこの調子で勝ち上がって欲しいものです。

怒涛の7連勝!

デトロイト・タイガースが止まりません!

対ヤンキース戦、初戦で敗れましたがその後3連勝!

対アスレティックスでは4連勝!

これでワールド・シリーズに進出しましたが、この結果は誰も予想しなかったと思います。

私も今年こそは松井秀喜選手がチャンピオン・リングを手にすると思ってました。

まったく驚きですが投手陣がしっかりしていたのが勝因で、やっぱりベースボールの勝敗は投手で決まると改めて感じました。

そんな中、1人の野手がタイガースをリーグチャンピオンに導きました。

その選手とは・・・

Img412
















1998 Donruss Signature Autographs

マグリオ・オルドネス選手です。

同点で迎えた9階裏、起死回生のサヨナラ3ランをレフトのブルペンに叩き込みタイガースを勝利に導きました。

ちなみに同点ホーマーをかっ飛ばしたのも彼でした。

今年は長髪で頑張ってますが、はっきり言って似合ってません!

髪は切ったほうがかっこいいぞ!オルドネスクン!

2006年10月15日 (日)

だからベースボールは面白い!

昨日のカージナルスVSメッツで守備要員の田口選手が決勝ホームランを放ちました。

これで彼のポストシーズンでの成績は2打数2安打2ホーマー2打点と打席に立てばホームランの奇跡的な活躍をしてます。

そこで本日はこんなカードを紹介します。

Img411





2002 Flair Sweet Swatch Bat Autograph

ユニフォームを手に翳(かざ)している姿で、このカードは初年度のカードだと言うのがわかります。

しかし・・・・

カードの大きさがハガキ大なのです。

たしかこのカードって数年前のカードショーの福パックでGetした物だったと思います。

田口選手にはザ・脇役として頑張ってもらって是非ともワールド・チャンピオンに輝いてもらいたいと思ってます。

現在第3戦が行われてますがカージナルスが5-0で勝っています。

一方、ア・リーグは勢いに乗ったタイガースが4連勝でワールド・シリーズに駒を進めました。

2006年10月14日 (土)

エル・デュークと呼ばれた男!

1992年バルセロナ・オリンピックでキューバ代表として出場して金メダルを獲得!

1996年の実弟のリバン・ヘルナンデスがアメリカに亡命、後を追うように1998年に自身もアメリカに亡命!

その後、ヤンキースに入団して6年間で61勝(40敗)!

ヤンキースから追い出されてからはホワイトソックス、メッツ、ダイヤモンドバックスと渡り鳥生活で通年勝ち負けも同数の”並み”の投手に成り下がる。

今シーズンも11勝11敗、防御率4.66と健闘していると思うのですが平凡な成績です。

ただ、あのダイナミックで変てこなフォームと筏で渡って亡命したと言う話題性で存在感を示している選手!

もう誰だか分かりますよね!

そうです!

オルランド・ヘルナンデス選手です!

Img392_1




1999 SP Signature Autographs Gold

サインが綺麗な事やヤンキースの選手だったと言う事で前から欲しいと思っていたカードです。

彼の成績に比例してカードの価値も下がってきたので、ようやく手に入れること出来ました。

しかもニックネームのデュークも名前の下に書いてあってご機嫌なカードです。

カードを手に入れて愛着が沸いて来たので心より・・・・

”ガンガレ!”

と言いたいですがポスト・シーズンでは出番があるかな?

Ohernandez














笑えるフォームですよね!絶対ありえない!

上で紹介したカードは先日放出しましたので現在手元にありません!

まさか落札されるとは・・・

再度、手に入れる機会があったら是非手に入れたいと思ってます。

2006年10月13日 (金)

タイガース!快進撃

ア・リーグ優勝決定戦、アスレティックスvsタイガースは2戦目も敵地でタイガースが快勝!

ポストシーズンに入り、ロバートソン投手、バーランダー投手、ロジャース投手、ボンダーマン投手の4投手でローテーションしているタイガース投手陣ですが、本日は彼らをリードしているベテラン選手にスポットをあてたいと思います。

その選手とは・・・・

Img410_1













2005 Donruss Signature Notable Nicknames 01

そうです!

イバン・ロドリゲス選手です。

このカードは彼の愛称である”パッジ(ずんぐりしている者?)”とサインされているカードです。

個人的にこの’01ニックネームシリーズのカードはフルコンを目指しており、あと一歩で完了します。

イバン・ロドリゲス選手に関して私が印象に残っているのは3年前で、マーリンズがワールド・チャンピオンに輝き、その時に若手投手陣を牽引していた姿です。

今年も、もしかしたら3年前のように・・・・

十分、ありえる話ですよね!

※追記

マグリオ・オルドネス選手の髪ながっ!

2006年10月12日 (木)

飛行機事故

ヤンキースのコリー・ライドル投手が飛行機事故で亡くなりました。

突然の事で驚いています。

何でも飛行訓練?していた時に50階建てのビルの40階部分にに突っ込んだみたいです。

ご冥福を祈ります。

2006年10月11日 (水)

フラガール

昨日は当直明けで朝からお休みだったのでフラガールを観て来ました。

連休明けで朝一の時間だったのですが50人くらい入っていたので驚きました。

で、ストーリーは昭和40年の福島県いわき市、炭鉱の閉山に伴いハワイアンセンターを建設する事になり、そこでフラダンスを踊る女(ヒト)を炭鉱娘から募集するところから始まります。

そこに集まった炭鉱娘と鬼コーチ、その他炭鉱に携わっている人々が織り成すハートウォーミング・ストーリーで、親子愛、友情、師弟愛、兄妹愛などがふんだんに盛り込まれていました。

誰でもどこかで心を揺さぶられるように作られているのでハンカチが必要かもしれません!

泣き所いっぱいの映画でした。

※公式サイト

http://www.hula-girl.jp/index2.html

Big















オールウェイズでもそうでしたが昔の風景を見ると何故かグッとくるのですがこの映画でも昭和40年代の長屋の風景を見てウルッときました。

また幼少時、炭鉱の落盤事故で人が死亡するなんてニュースで聞いて心を痛めていたを思い出しました。

とにかく命の洗濯ができたようで映画館を出たときは清清(すがすが)しい気分になりました。

いい映画でした。

2006年10月10日 (火)

松坂大輔 ニューヨークへ?

西武ライオンズの松坂大輔投手が来シーズンからメジャーリーグで投げる事がほぼ決定したようです。

もちろん先発投手が不安定なあの球団も最優先で獲得するようです。

これでまた楽しみが増えそうです。

そこで本日は彼の記念すべきルーキーカードを紹介します。

Img409













1999 BBM #413

このカードとカルビーのカードがルーキーカードと言えるカードです。

まぁメジャーに行けば新たにToppsなりUDがルーキーカードを発行するのですが・・・・

彼とアスレティックスのバリー・ジート投手を獲得すれば王建民投手、若手のフィリップ・ヒューズ投手、メルキー・カブレラ選手との交換で獲得する若手先発投手候補でローテーションを回すことになるかもしれません!

って言う事は・・・・

ランディー・ジョンソン投手、マイク・ムシーナ投手、カール・パバーノ投手、ジャレット・ライト投手はどうするのでしょうか?

とにかく今後の動向を見守りましょう!

SAYURI

舞台は戦前(第二次世界大戦)の日本!

貧乏な家に育ち、9歳で置屋に売られた少女の半生を描いた作品です。

で、最初に言っておきたい事はやっぱりアメリカ人が作った”日本の映画”なので細かい背景や衣装、髪型など、たいして芸事の世界などを理解できていない私が見ても違和感タップリ!

その極みと言えるのが着付けで主役のSAYURIはきちんと着付けているのですが・・・・

ふと横にいる人を見ると・・・・右前で・・・・

これじゃ棺桶に入る死人じゃありませんか!

またこの世界(芸者界)って芸事(三味線etc・・・)を行う芸妓と踊りなどを行う舞妓と、はっきり区別されている物なのに曖昧で、すっきりしません。

髪型もいわゆる日本髪ではなくちょっと古い表現ですがエックス・ジャパンのボーカリストのヒデ風でネックハンギングしそうなんです。

扇を使った舞いのシーンでは

”あっ!さて、さて あ、さてさてさてさて、ここは南京玉簾”

で、笑わせようとしているのかと思いました。

しかしストーリーは”女性の悲しい性や怖さ”を淡々と表現しています。

この世界の艶(あで)やかさや華やかさよりも汚い裏事情をメインでストーリーが進行するので物語に引き込まれていきました。

最後にちょっとしたサプライズも用意されているのですが、それは観てのお楽しみ!

色々、批判的に書きましたが楽しめた映画でした。

※公式サイト

http://www.movies.co.jp/sayuri/

Sayuri








日本を舞台にしたハリウッド映画なので配役を含めて違和感があるのですが、架空の世界の物語だと思って観れば楽しめると思います。

主役のチャン・ツィイーは美しかったのですが、少なくても他に日本人で主役を演じる女優さんっていなかったのかな?

私には・・・・思い浮かばんバッテン!

2006年10月 9日 (月)

開封結果 アブさんNFL編

あいた!

またやってもうた!

本日、MLBのベケットを購入する為に両国に集合しました。

ここで気になるパックがあり、それを購入する事にしたのですが・・・・

そのパックがNFLのパックだったのです。

NFLに関しての知識が無い私にとっては誰が出てもピンとこないのですが、待っている人が約2名ほどいますので、とりあえず結果を報告します。

まずは・・・

Img406






レギュラーカード2枚です。

次は・・・・これです。

Img407













マイク・ベル選手のルーキーカード999枚限定です。

で、メインのカードは・・・・・

こんなん出ました!

ドォ~~~~~ン!

Img408







アントニオ・ブライアント選手のデカ・ジャージカード35枚限定です。

ジャージの中央部分に汚れが付いてます。

せめてパッチだったら救いがあったかもしれませんが・・・・

まぁこれも人生ですよね!

2006年10月 8日 (日)

ヤンキース敗退!

ディビジョン・シリーズ第4戦は8-3でタイガースが勝利しました。

ジャレット・ライト投手がタイガース打線を抑えられるはずもなく、ジェレミー・ボンダーマン投手に抑え込まれ完敗!

これでヤンキースの秋は終わりました。

25156023









適当なカードがなかったので今回も写真で紹介します。

これでア・リーグはアスレティックスとタイガースがワールド・シリーズ進出を賭けて戦う事になります。

どちらが進出しても久しぶりじゃないでしょうか?

私がメジャーを見るようになってからここまで強いタイガースは初めてです。

あとはナ・リーグのカーディナルスorドジャースに期待しますがメッツが勝ち上がってきそうな予感が・・・・・

あっ!メッツが3点先制しているよ!

マダックスしっかりせい!

カージナルスはパドレスに3-1で負け!

カージナルスの1点はなんと田口選手のホームランだったみたいで今後はもっと出番があるかもしれませんね!

2006年10月 7日 (土)

ある子供

以前紹介した『息子のまなざし』を製作、監督したジャン=ピエール&リュック・ダルデンヌが手掛けた最新作です。

物語は若いカップルがいて、子供が出来る所から始まります。

男ははっきり言って”愚か者!”

なんせ赤ちゃんを売っちゃうんだから・・・

それを彼女に咎められ今度は売り飛ばした赤ん坊を取り返そうとしたり・・・

挙句、金が欲しいばかりに舎弟の中学生と引ったくりをしたり、その中学生が警察に捕まると自首する形で捕まった中学生に警察まで会いに行ったりします。

そしてエンディング!

『こんなのってよくある話なんじゃない!』

って言うのが第一印象!

でも最後はちょっと込上げてくる物がありましたよ。

静かな映画ですが評判通り、いい映画でした。

※公式サイト

http://www.bitters.co.jp/kodomo/

0000










題名の『子供』とは生まれてきたばかりの子供の事を指しているのではなく主人公の男性の事を指しているだと思いました。

女性は子供を生むと蛹(さなぎ)から蝶へ成長するが如く大きく成長するんだなぁ~と感じました。

完封負けやぁ

ディビジョン・シリーズ、タイガースvsヤンキースの第3戦はベテランのケニー・ロジャース投手をはじめ3投手が好投してヤンキースは完封負け!

一方、ヤンキースはランディージョンソン投手が打ち込まれ6回までに5失点!

これでヤンキースは窮地に陥りました。

Img405



2005 Donruss Mound Marvels Kenny Rogers 1000枚限定

しょぼいインサート・カードですがこのカードしかありませんでした。

カードを見るとわかるように2005年シーズンはレンジャースに在籍しており、今シーズンからタイガースのユニフォームを着た選手です。

通算成績を見ると・・・

なんと207勝139敗で200勝投手なんですね!

日本では名球界入りですね。

明日の4戦目は月給ドロ化しているあの選手に頑張ってもらいましょう!

2006年10月 6日 (金)

バーテンダー?いやいやバーランダー

ヤンキースvsタイガースの第2戦はタイガースの若手ナンバー・ワンいやチーム・ナンバー・ワン投手のジャスティン・バーランダー投手の好投でヤンクス打線が沈黙!

接戦ではありましたが完敗でした。

Justin_verlander2705199











紹介できるカードを持ってませんので今回は写真で・・・・

動画をちょっと拝見したのですがキレのある球を投げてますなぁ~

ちなみにこの日の松井選手は3安打!(バーランダー投手からは2安打)

A-Rodは3三振!

やっぱりお前は・・・・・

3年越しだぞぉ~

これで1勝1敗のタイ!

まだまだ挽回のチャンスはあるぞぉ~

2006年10月 5日 (木)

空中庭園

この映画はある家族を描いた作品です。

秘密を一切作らない家族で一見幸せそうなのですが・・・・

主演はキョンキョンこと小泉今日子さん!

最近テレビ等で見かけなかったのですが老けたなぁ~って言うのが第一印象でした。

で、内容はキョンキョン演じる母親は幼少時のトラウマがあり少々うつ病?の気があるのですが家庭を守る為に思い切り良い母親を演じています。

他の家族もそれに習って表面上は幸せそうなのです。

しかし、家庭教師(ソニンさん)やキョンキョンのかぁちゃんが登場して様々な家族の真の姿が垣間見れてきて、キョンキョンの幼少時からの心の病が再発していきます。

途中でキョンキョンが赤(血)い雨に打たれながら絶叫するシーンがあるのですがメチャクチャ怖かったです。

そしてエンディング!

なんだか訳も分からず終わってました。

最後は暗闇に小さな炎がポッと灯った感じで終わってますのでハッピーエンディングなのかな?

公式サイト

http://kuutyuu.com/

Kuucyuu









作中キョンキョンのかぁちゃん役が入院中の病室や路線バスの中でタバコを吸うシーンがあるのですがなんだかムカッとしました。

2006年10月 4日 (水)

いざ出陣!

いよいよ始まりますね!

で、私がプレーオフで期待する選手は・・・・・

彼らだぁ~~~!

Img397Img398 



2006 Topps Triple Threads Relic Combos Autograph Platinum

デーモン選手、エーロッド選手、カノー選手のトリプルAutoカードで、この3選手にはチームを牽引して欲しいと思ってます。

補足ですがこのカードはプラチナム・パラレルで3枚限定です。

恐らくヤンキースのスタメン、1番、4番、6番を任されるバッター達です。

彼らに加えてジーター選手、アブレイユ選手、シェフィールド選手、松井選手、カブレラ選手にポサダ選手と最強布陣ですが・・・

楽天の野村監督語録にもあるように”野球は強い者が勝つとは限らない”と私も思うので結果はどうなるか分かりません!

だから楽しみなのですが・・・・

ちなみにヤンキースの先発は前に紹介した王建民投手、一方タイガースはロバートソン投手のようですね!

ボブよ!一緒にエールを送るぞぉ~~

先ほど終了したアスレテックスvsツインズの一戦はトーマス選手の2本のホームランとジート投手の好投でアスレティックスが勝利しました。

東洋のシンデレラ・ボーイ

いやぁ~この選手がこんなに頑張ってくれるとは・・・・

Img377



2004 SP Authentic Chirography Gold #40

王建民投手です。

久しぶりにヤンキース生え抜きの若手投手で今シーズンは絶好調!

このカードを引いたときは”どこの台湾人だよ!”

なんて思いガッカリしたものです。

横にいたMクンもフォローのしようがなく苦笑い!

そんなカードが今では私の大切なコレクションの一枚となっています。

今シーズンは19勝6敗1セーブ防御率3.63でツインズのサンタナ投手と最多勝利賞を分け合いました。

ただ防御率のタイトルも獲得したサンタナ投手がサイヤング賞の最右翼なのかな?

それよりも大切なのは今後ですよね!(今のタイガースは下降気味なので楽勝かぁ~!)

ジョンソン投手が戦線離脱した事もありヤンキースのワールド・チャンピオンは彼の活躍が必要不可欠だと思います。

犬のおまわりさん! 困ってしまって○○、○○、わ○○、○○、○○、ワ○○!

あぁ~やってもうた!

2006年10月 3日 (火)

ナショナル・リーグの最多勝!

今シーズンのナショナル・リーグの最多勝は16勝と低レベルの争いだったせいか6人もの選手がその栄冠に輝きました。

その中で本日注目したのがワイルド・カードでポストシーズンに進出したドジャースの2人の最多勝投手の中の1人、ブラッド・ペニー投手です。

彼にとって今年はベストシーズンだったのではないでしょうか?

なんせ2000年のルーキーイヤー以来勝ち負けの数がドッコイドッコイの計算できない投手でした。

唯一、2003年シーズンに14勝10敗で自身貯金4が最高だったのです。

今シーズンは16勝9敗で自身貯金7は自己ベストだったのです。

そんな事で本日はこのカードを紹介します。

それではどうぞ!

Img396

1999 SP Top Prospects Chirography

なんとアルバムを見ると2枚もありました。

しかし最近の厚べケを見てもリストにすら載っていません!

野手にコンバートしたリック・アンキール選手ですら記載されているのに・・・

まぁコモンなので仕方ありませんが!

でもこのカードってサインを書くスペースが大きいので選手もノビノビとAutoを書くことが出来るので個人的にシンプルながら秀逸なデザインだと思います。

で、話は変わってポストシーズンではチームにとって彼ともう1人の最多勝投手、デレク・ロウ投手の頑張りが必要です。

個人的にドリュー選手や斉藤投手が所属しているのでメッツよりもドジャースを応援したいと思っているので彼らには頑張ってもらいたいです。

勿論、ナショナル・リーグではカージナルスが一番好きなのでカージナルスVSドジャースなら有無も言わずカージナルスを応援しますよ!

脱線した話を元に戻してペニー投手とメッツ打線を相性を見ると・・・・

いい感じに打たれてます!

グリーン選手に.429
フロイド選手に.304
レイエス選手に.316
ロデューカ選手に.357
デルガド選手に.385
ライト選手には打数が少ないのですが.571


ふ・・・不安です。

何はともあれこれで楽しみが1つ増えました。

ちなみにこのシリーズのカードを見ると当時ライアン投手やヘルトン選手をコレクションしていたO氏を思い出します。

彼の顔を思い出すと必然的にある意味彼の代名詞的カードであったライアン投手、ブレッド選手、ヨーント選手、セペタ選手の標本のような4選手のバットカード(Ultimete Victory)が頭に浮かんできます。

彼は何処へ?

久しぶりに顔を見たいなぁ~!

2006年10月 2日 (月)

左殺し!

彼の仕事は必殺仕事人の如く請け負った仕事は必ず成就しなければならない!

そう本日はペシャリスト色の強い仕事をする選手の話です。

という事で本日は脇役なのですがチームに欠かせない彼(←左利きなので)を紹介します。

Img395






1996 Leaf Signature

マイク・マイヤーズ投手です。

カードの写真はタイガース時代の物ですが彼は渡り鳥のような物で今シーズンのヤンキースで延べ10球団目です。

しかも96年以降の登板数が83試合、88試合、70試合、71試合、78試合、73試合、69試合、64試合、75試合、65試合で今シーズンも62試合に・・・・まさに仕事人ですよね!

左打者に対してのワンポイント・リリーフが多いのでイニング数は少ないのですが、各チームの中心打者やランナーが溜まった状態での登板が多いので常に気の抜けない状態だと思います。

通算成績を見ても811試合に登板してますがイニング数はその半分強の487.1イニングです。

こんな彼にスポット・ライトが当たるのを期待してポスト・シーズンを楽しみたいと思います。

2006年10月 1日 (日)

ブレーク寸前?

2002年のルーキーイヤーから5年目の今シーズン、突如ホームランを量産している選手がいます。

しかも彼のポジションはショートストップ!

なんか身体能力の高さを感じます。

現時点での彼のホームラン数は35本(昨年は17本)でカルロス・リー選手を抑えチームトップでリーグで数えても10位タイです。

その選手とは・・・・

じゃぁ~~~ん!

Img394



2002 SP Authentic Prospect Signatures

ブリューワーズのビル・ホール選手です。

このカードはルーキーイヤーのAutoカードでなんとファーストAutoです。

まだカードの価値はたいした事ありませんが、彼が今後、活躍すればお宝カードになる事必至です。

その為には530打席で160個と言う三振数(三振率0.331)を減らさなければならないと思います。

この選手が活躍している映像を実際に見た事がないので偉そうな事は言えませんけどね!

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »