Alex Rodriguez auto card Gallery 2007年11月更新

  • 2007 Topps Alex Rodriguez Road to 500 Autographs
    ライフワークとも言えるAlexRodriguez選手のAutoカードのコレクションです。 本ブログにて紹介してきたカードをUPしていきます。

日本人プレイヤーGallery 2007年12月更新

  • 2007 Bowman RC AU #219c
    手元にある日本人プレイヤーのカードを紹介します。 とりあえずこのブログで紹介したカードから順に並べていきますがその後は不定期に更新するのでご覧下さい。

JD Drew Card Gallery(不定期に更新します)2007年11月更新

  • 2000 Fleer Focus Fresh Ink
    JDドリューに関してはレギュラーカードからフルコンプを目指しています。 とは言っても最近レギュラーカードにもリストアップされない事が多いので残念です。

任務完了Ⅰ 2000 Topps HD

  • 2000 Topps HD Cal Ripken Jr
    2枚でコンプリのこのシリーズですが、ジーターが1:859、リプケンが1:4386と高オッズのカードです。

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

おすすめのリンク

« またまたヤフオクに参戦 | トップページ | サウンド・オブ・サイレンス »

2006年9月25日 (月)

オリバーツイスト

この映画は救護院で育った両親のいない9歳の少年の”自分の居場所”探しの旅を描いた作品です。

この主人公がいまどき殆ど見かけなくなった純真無垢な性格なんです。

しかもとても悲しそうな顔をするんですよ!

そんな少年が丁稚奉公(デッチボウコウ)先の家を飛び出し110km離れたロンドンに向かっていくのですが途中牧歌的な風景が”いかにもイングランドって感じで”日本の風景のそれとは違うなぁ~なんて思いました。

様々な人間とふれ合い最後は・・・・

なかなかの感動作だと聞いてたのですが個人的には物足りなかったです。

同監督作品、『戦場のピアニスト』の方がグッときたかな。

公式サイト

http://www.olivertwist.jp/

Ori













本作中、善人で悪党のじいさんが

『一番の罪は恩を忘れる事だよ!』

と言ったのが印象的でした。

« またまたヤフオクに参戦 | トップページ | サウンド・オブ・サイレンス »

映画 あ行」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148904/11978920

この記事へのトラックバック一覧です: オリバーツイスト:

« またまたヤフオクに参戦 | トップページ | サウンド・オブ・サイレンス »