Alex Rodriguez auto card Gallery 2007年11月更新

  • 2007 Topps Alex Rodriguez Road to 500 Autographs
    ライフワークとも言えるAlexRodriguez選手のAutoカードのコレクションです。 本ブログにて紹介してきたカードをUPしていきます。

日本人プレイヤーGallery 2007年12月更新

  • 2007 Bowman RC AU #219c
    手元にある日本人プレイヤーのカードを紹介します。 とりあえずこのブログで紹介したカードから順に並べていきますがその後は不定期に更新するのでご覧下さい。

JD Drew Card Gallery(不定期に更新します)2007年11月更新

  • 2000 Fleer Focus Fresh Ink
    JDドリューに関してはレギュラーカードからフルコンプを目指しています。 とは言っても最近レギュラーカードにもリストアップされない事が多いので残念です。

任務完了Ⅰ 2000 Topps HD

  • 2000 Topps HD Cal Ripken Jr
    2枚でコンプリのこのシリーズですが、ジーターが1:859、リプケンが1:4386と高オッズのカードです。

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

おすすめのリンク

« ボストンのクローザー | トップページ | セットアッパー »

2006年9月28日 (木)

エンパイヤ・オブ・ザ・ウルフ

内務省高級官僚の妻は夫の顔を判別出来ないほど記憶に障害があり、本人も疑惑を抱き真相を究明しようとしていた。

その頃、パリのトルコ人街では無残に顔を刻まれた3体の女性の遺体が発見される。

この殺人事件を解決しようとした若い刑事はトルコ人裏社会に通じているベテラン刑事の助けを借りて捜査を始める。

捜査を進めていくうちにこの記憶障害の女性と連続殺人事件が1本の糸で繋がっていく。

そして物語は思わぬ方向へ・・・・

しかし後半部分は随分と強引な展開で前半部分で引き込まれた分、物足りなさを感じました。

一応、ドンデン返し的なストーリー展開を見せてはいるのですが・・・・

※公式サイト

http://www.eow.jp/index2.html

010







個人的にフランスとトルコの関係やフランスにおけるトルコ裏社会などの知識がゼロなので入り込めなかったのかもしれません!

« ボストンのクローザー | トップページ | セットアッパー »

映画 あ行」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148904/12002688

この記事へのトラックバック一覧です: エンパイヤ・オブ・ザ・ウルフ:

« ボストンのクローザー | トップページ | セットアッパー »