Alex Rodriguez auto card Gallery 2007年11月更新

  • 2007 Topps Alex Rodriguez Road to 500 Autographs
    ライフワークとも言えるAlexRodriguez選手のAutoカードのコレクションです。 本ブログにて紹介してきたカードをUPしていきます。

日本人プレイヤーGallery 2007年12月更新

  • 2007 Bowman RC AU #219c
    手元にある日本人プレイヤーのカードを紹介します。 とりあえずこのブログで紹介したカードから順に並べていきますがその後は不定期に更新するのでご覧下さい。

JD Drew Card Gallery(不定期に更新します)2007年11月更新

  • 2000 Fleer Focus Fresh Ink
    JDドリューに関してはレギュラーカードからフルコンプを目指しています。 とは言っても最近レギュラーカードにもリストアップされない事が多いので残念です。

任務完了Ⅰ 2000 Topps HD

  • 2000 Topps HD Cal Ripken Jr
    2枚でコンプリのこのシリーズですが、ジーターが1:859、リプケンが1:4386と高オッズのカードです。

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

おすすめのリンク

« これは・・・ | トップページ | 土曜は心温まる話しを »

2006年4月 7日 (金)

どうせ乗るなら落ちたら損!損!

本日は海外旅行に行く予定のある方、特にわけの分からない航空会社を利用する方には為になる話です。

3月22日に、EUがEU圏内飛行禁止の「危険な航空会社リスト」を発表しました。

そのリストに掲載されている航空会社は全部で95社で、その内92社はEU圏内の空域を完全飛行禁止、残りの3社は制限が課せられることになっています。

EU加盟国はこれまでにも、国ごとに独自の「危険な航空会社リスト」を作成してきました。

それが今回は初めての、EU内で統一された本格的なブラックリストが発表されたわけなのです。

このリストに載っている航空会社は、航空業の国際的な安全の基準を満たしていないとEUが判断した会社です。

つまりEUの基準では、飛行機を飛ばすには「不適格」と判断されたということです。航空業の国際的な安全基準とは、古くなった機体やメンテナンスの行き届いていない機体を使用していない、搭乗前のセキュリティーチェックできちんとした検査ができる、また管制システムもきちんと機能している、などの基準です。

今回のリストに載っている航空会社は、これらの基準を満たしていないのです。

つまりメンテナンスされていない機体を使っていたり、セキュリティーチェックが十分にできていなかったり、管制システムに不備があったり、あるいは何らかの別の問題があるということです。

ではEUのリストに載せられていた航空会社をリストアップします。

《EU圏内飛行禁止の航空会社92社》

アフガニスタン: アリアナ・アフガン航空(Ariana Afghan Airlines)
カザフスタン:  BGB航空(BGB Air)
カザフスタン:  GSTアエロエアー社(GST Aero Air Company)
北朝鮮:     高麗(こうらい)航空(Air Koryo)
キルギスタン:  フェニックス航空(Phoenix Aviation)
キルギスタン:  リーム航空(Reem Air)
コモロ連合:   コモロエアーサービス(Air Service Comores)
コンゴ民主共和国: 同国内の全航空会社(現在知られている50社を含む)
シエラレオネ:  同国内の全航空会社(現在知られている13社を含む)
スワジランド:  同国内の全航空会社(現在知られている6社を含む)
赤道ギニア:   同国内の全航空会社(現在知られている11社を含む)
タイ:      プーケット航空(Phuket Airlines)
リベリア:    同国内の全航空会社(現在知られている3社を含む)
ルワンダ:    シルバーバック貨物航空(Silverback Cargo Freighters)

《EU圏内の飛行を制限される航空会社3社》

コンゴ民主共和国:   HBA社(注1)
バングラデシュ(注2): バングラデシュ航空(Air Bangladesh)
リビア:          ブラク航空(Buraq Air)

注1:コンゴ民主共和国は全ての航空会社が飛行禁止になっていますが、HBA社だけは一部の機体に限って飛行が許可されています。

注2:バングラデシュの航空会社としては、ビーマンバングラディシュ航空が現在日本からも就航しています。これはここで載せられたバングラデシュ航空とは別の会社です。安心して搭乗しましょう。

こうして見ると、95社のほとんどはアフリカの航空会社ということになります。その多くが、コンゴ民主共和国やシエラレオネのように、その国の航空会社は全てEU圏内飛行禁止というものです。こういった国では、航空業界を監督する体制自体が、しっかりしていないのかもしれませんね!

しかし私にとっては見た事も聞いたことも無い航空会社が多いのですが北朝鮮の高麗航空やタイのプーケット航空はもしかしたら乗る機会があるかもしれません!

まぁ墜落するなんて考えていたら飛行機なんて乗れませんよね。

このリストは3ヶ月ごとに見直されています。

うかうかしているとJ○Lもこのリストに載ってしまうぞ!

Hikouki

« これは・・・ | トップページ | 土曜は心温まる話しを »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148904/9479962

この記事へのトラックバック一覧です: どうせ乗るなら落ちたら損!損!:

« これは・・・ | トップページ | 土曜は心温まる話しを »