Alex Rodriguez auto card Gallery 2007年11月更新

  • 2007 Topps Alex Rodriguez Road to 500 Autographs
    ライフワークとも言えるAlexRodriguez選手のAutoカードのコレクションです。 本ブログにて紹介してきたカードをUPしていきます。

日本人プレイヤーGallery 2007年12月更新

  • 2007 Bowman RC AU #219c
    手元にある日本人プレイヤーのカードを紹介します。 とりあえずこのブログで紹介したカードから順に並べていきますがその後は不定期に更新するのでご覧下さい。

JD Drew Card Gallery(不定期に更新します)2007年11月更新

  • 2000 Fleer Focus Fresh Ink
    JDドリューに関してはレギュラーカードからフルコンプを目指しています。 とは言っても最近レギュラーカードにもリストアップされない事が多いので残念です。

任務完了Ⅰ 2000 Topps HD

  • 2000 Topps HD Cal Ripken Jr
    2枚でコンプリのこのシリーズですが、ジーターが1:859、リプケンが1:4386と高オッズのカードです。

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

おすすめのリンク

« 『白夜行』を文庫で読んでみて | トップページ | 大一番!WBC日本VS韓国戦の総括! »

2006年3月16日 (木)

下町の隠れた名店『カシミール』

本日は職場の近くにあり、ランチタイムのメニューが安くて尚且つ美味しいカレー屋さんを紹介します。

私はランチタイムにしか行ったことがありませんが、いつもお客さんで賑わっています。

特にご年配のご婦人や若奥様のグループなどが多く見受けられます。

その理由として考えられるのは

”カレーの辛さを10段階でオーダーできるので辛いのが苦手な方でも美味しく頂ける”

”大きなナンにライス、マサラチャイなどのドリンクが付いたセットが¥714から頂け、コスト・パフォーマンスに優れている”

”2階に店舗があるのですが女性でも入りやすい店構えになっている”

などが挙げられると思います。

私がオーダーするのは決まって2種類のいずれかのセットですので、今回はこの2種類のメニューを紹介します。

まずは・・・・

_204 ←Bランチ¥819也

Bランチの中のシーフード・カレー(エビ、イカ、アサリ入り)です。

本格的なインドカレーなのですが、シーフードが入っているカレーは珍しいと思います。

煮込まれていて具自体はあまり味や存在感を感じる事が出来ませんが、カレーにシーフードのダシが出ていて美味しいです。

私流の食べ方はまずライスをカレーの端に放り込んで、その部分をスプーンで掬(すく)い取って食べ、まずはライスを全てやっつけてしまいます。

次にナンを一口大に千切って、それをスプーンの様に使いカレーを掬うようにして食べます。

勿論、ナンを持つ手は右手ですよ!

ただこの様に食べていると、いつもカレーが余ってしまうので、最近はナンを大盛りでオーダーする事が多いです。

気分で、ナンをガーリック・ナンやグリーン・ナンなどに変更する時もありますが、ガーリック・ナンはその香りでより食欲が増進します。

写真でも確認できると思いますが、ボリュームがありますので大盛りライスや大盛りナンをオーダーすると私でも大満足です。

もう1つの私の定番メニューは・・・

_234 ←Sランチ¥1050也

3種類のカレーにサフラン・ライス、タンドリーチキン、マトン・シーク・カバブにナンと盛りだくさんです。

おそらくランチセットの中で一番人気だと思います。

3種類のカレーのデフォは

チキンカレー(鶏のもも肉のカレー)
アルバラグ(ポテト入りほうれん草のカレー)
ダルゴッシュ(豆入り羊肉のカレー)

なのですが、各々のカレーを

マトンカレー(羊肉のカレー)
野菜カレー(ポテト、玉葱、マッシュルーム他)
豆カレー(インドの柔らかい豆カレー)

などと変更する事もできます。

これはさすがにバリエーションが多過ぎるのでデフォの食べ方はありません!

ただ、フォークやスプーンそして手をフル回転で使用しながら食べるので、いつも大忙しです。

この中で一番のお気に入りは中央にある緑(ほうれん草とポテト)のカレーで、野菜の甘さがカレーの辛さを引き立てています。

辛さの段階は4を中心にオーダーしていますが、この辛さは店員さん曰く、普通のインドカレーの辛さに匹敵する辛さだそうで、普通の人が食べるとかなり辛く感じるかもしれませんので、初めて食べる方は2~3くらいが宜しいかと思います。

もしオーダーしたカレーが辛すぎたら店員さんに一声掛ければ調整してくれるとの事で、この辺の心配りも人気の秘密なのかもしれません!

ディナータイムには様々な焼き物やラッシー(マンゴ、ヨーグルト)なども提供しているので、夜も訪店したいと思っているのですが、なかなか機会がないのが残念です。

安くてボリュームがあって美味しいカレーを提供してくれて近所にあるお店なので重宝しています。

_233 名前:インド料理 カシミール
住所:江戸川区 西小岩 1-26-1 大阪屋ビル2階
TEL:03-3658-7663
営業時間:AM11:30~PM11:00(L.O10:30)
第3火曜日休

              ※お店のホームページ
        http://kashmir823.s51.xrea.com/index.htm

JR小岩近辺には、もう1つサンサールと言うカレー屋さんがあるのですが、断然私はカシミールの方が美味しいと思います。



« 『白夜行』を文庫で読んでみて | トップページ | 大一番!WBC日本VS韓国戦の総括! »

B級グルメ」カテゴリの記事

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

きたーーーー(*u*)ーー!
カシミールだぁ! 食べた~~~胃♪

なかなか他には無いカレー屋さんですね

言うなれば『日本人の為のインドカレー』ですかね

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/148904/9111454

この記事へのトラックバック一覧です: 下町の隠れた名店『カシミール』:

« 『白夜行』を文庫で読んでみて | トップページ | 大一番!WBC日本VS韓国戦の総括! »